ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下

ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

片想いの美少女こよみと共に、奇妙に充実した「オカルト研究会」ライフを送る、大学生の八神森司。しかし桜の季節、こよみの元同級生の爽やかイケメンが現れて……。恋も恐怖も増量中の人気シリーズ第3弾!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2013年05月29日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2013年08月28日

    青春オカルトホラー第三段!
    話の読みやすさはもちろん、恐さも倍増して、さらに恋のライバルなんかも現れちゃったりして。
    そのライバルがいい奴で。また困ったもんだ。って感じでしたが、どうやら森司とこよみの間はちょっとづつ進展しているみたいで、二人がこれからどうなっていくのかまだまだ続きが気になるところで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月16日

    3巻ですがまだまだ面白いです。
    こよみちゃんとの距離もちょっとずつ近づいてていい感じ

    本筋のホラーミステリですが、ちゃんと「大学生」してて安定です。(大型クルーザーで船旅などせず、学生のアルバイト先や研究室が舞台です)
    犯人(?)が霊だったり生霊だったり、毎回バリエーションが違って飽きないのもいい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月07日

    シリーズ三作目。相変わらず怪異に巻き込まれる(というより首を突っ込む)オカ研メンバー。そして今回は恋のライバルまで出現? それなのに援護してどうするんだい八神君(笑)。
    お気に入りは「覗く目」。げに恐ろしきは生きた人間。こういう話の方が数段恐ろしく感じてしまう現代。絵空事じゃないもんね。
    「白丁花の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月04日

    シリーズ三作目。怖くないホラー短編集だと思っていたら、少しだけ裏切られた。方向転換?。最後の呪いの沼の話しはショートムービーにできそうなくらい怖かった。真夏に読むにふさわしい出来となっています。お祖母ちゃんの霊が孫を守って恋人に憑依していた話しは良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    オカルト研究会5人の大学生のキャンパス・ライフと怪奇な心霊現象奇譚が絶妙にブレンドされた恋愛ホラーミステリの3冊目です。このシリーズの魅力は死者の霊が怨念で化けて出るだけの単純な構造ではなく複雑に捻ったマニアックなオチが用意されている点で、加えて100%現実路線の方向へ転じて読者をガッカリさせたりし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月22日

    今日も今日とて、依頼がやってきた…のだが
    ここにきて、ライバル出現!?

    話すのさえ緊張して固まってしまう、という
    ライバルが登場、の今回。
    最初の依頼の付き添いできたライバル。
    そちらの依頼内容は、子供の頃の事故が実は…という
    消えていた記憶まで呼び覚ます始末。
    閉鎖空間である村なんかでは、ありそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月24日

    ラブコメ・ホラー第3弾。
    今回は2年生になってライバル登場。
    ホラー度も少しアップ。最後の話はちょっとやるせない。
    視えるだけで何もできないというもどかしさがわかったような気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月24日

    恋のライバルも現れ恋愛要素も強くなっていく三作品目。
    霊感があるだけで一般人となんら変わらないため、幽霊自体をどうこうできるわけでもなく、完全に解決はできないことがあり、イヤーな感じが残るところも良い。今作にある、白丁花の庭は幽霊の正体が何なのかがわかるととても温かい気持ちになり、今までの中で一番好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月19日

    ホラーとしては代わらずライトでミステリな路線。
    大変読みやすい。
    というか、扱っているテーマはタイトルの通りホラーなものなのだが、
    はっきり言えば全然怖くありません(キリッ
    怖いのは苦手だけどホラーが好きとか興味あるという人、夜中でも読めるホラーを求めている人には是非勧めたい。

    一方サブテーマとな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月06日

    かなり面白かった。日常の描写が、大学生の生活風景ををそのまま切り取ったかのような現実味を持って書かれている。その現実味溢れる描写は、読者をキャラクターたちに感情移入させると同時に、いざ非日常の要素が現れた時に、その異様さをより濃く浮かび上がらせる背景としての役割も果たしているように思う。
    ホラー要素...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています