茶坊主漫遊記

茶坊主漫遊記

作者名 :
通常価格 555円 (505円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

関ヶ原の戦いから34年後の夏、地蔵と見紛う小柄な老僧と容貌魁偉な従者の一行が街道を行く。実はこれ、京都六条河原で斬首されたはずの石田三成であった。行く先々で起こる奇ッ怪な事件をズバッと解決、高笑いを響かせながらの諸国漫遊だが、どうやら秘めたる目的があるらしい。一方、三成存命を知った将軍家光は、一行の始末を隠密・柳生十兵衛に命じるが――。ミステリ仕立ての痛快時代小説。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2013年04月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2012年05月16日

    本屋で平積みされるのを見るまで、作家の名前も知らなかった。
    表紙見て「おもろそう?」、
    裏表紙の概要見て「ブクオフー!入荷登録せな!!」
    (よっぽどのことがない限り、こーゆー買い方です;)

    どう書いてもネタバレになるので敢えて書きませんが、
    ジジイ好きの自分にはとてもおもしろうござりました。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月09日

    諸国を漫遊するずんぐりむっくりな老僧の正体は、処刑されたはずの石田三成…。旅の目的はやはり生きていた秀頼と国松の企みを諌めるため…。途中、柳生十兵衛に命を狙われ、天草四郎をたしなめ、宮本武蔵に出会い。歴史謎解きバラエティ。やや方言に読みにくい所もありましたが終始軽快で、サクサク読めました。知恵者だけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月01日

    久しぶりに読んだ時代小説だ。
    石田三成が生きていたという痛快な設定が如何にも面白かった。
    三成も生きていた、秀頼も生きていた。旅の目的が最後まで明かされることなく柳生十兵衛との掛け合いがちょっと物足りない感じがする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

    なんだか、どこぞのご隠居様を彷彿とさせるお話だわ(笑)
    史実の裏を描いて見せるこういうお話ってかなり好き。
    でも、ラストがちょっと釈然としないので★は3つ止まり。
    彦七のキャラはかなり好み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月21日

    石田三成が生きていたという仮説の上に豊臣秀頼が生きて薩摩にいる、更には息子も?
    更に意外なことに秀頼の子、国松は、徳川秀忠の二男国松と取り換えられていた!
    猿飛佐助の息子、はたまた柳生十兵衛とか、途中に謎解きを交えながら米沢から薩摩へ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月06日

    2話目は、『剣客商売』で傑作と言えば必ず名前が挙がる『天魔』へのオマージュ含みかな。

    田中啓文にしてはオーソドックスなお話です。
    キャラも有名どころを揃えているので、すらすらと読めます。

    島原の乱は結局書いてないけど、あれはそれだけで1冊の長編になるからしょうがないか。ただ、田中啓文が島原の乱を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月02日

    斬首されたはずの石田三成が生きており、坊主の姿で水戸黄門ばりに諸国を旅していく時代ミステリー。
    三成を題材にした割にはキャラは水戸黄門のようだし、同行する腐乱坊や彦七がなぜ同行するようになったのかは書かれておらず、もう少し突っ込ん展開が欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月29日

    「笑酔亭梅寿謎解噺」シリーズで御馴染かつお気入り作家・田中啓文の「チュウは忠臣蔵のチュウ」に続く時代小説版お笑いミステリーだ。

    京都で斬首されたはず石田三成が米沢藩に生きのびていたが、いつしか幕府の知るところとなり坊主姿になりそこから密かに抜け出して南へ向け旅立つ。柳生十兵衛を追っ手として振り向け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年12月03日

    こう言う石田三成は読んだことがなかった。これは面白い。

    田中啓文節、と言うのか、突き抜けすぎのダジャレとビロウな話がなくて、ちょっとおや?と思ったけれども、面白さは相変わらず。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月29日

    石田三成が生きていた、ってなにそれ? と正直思いましたが、とぼけた味があって好きです。水戸黄門的な展開でサラっと読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています