私を知らないで

私を知らないで

555円 (税込)

2pt

中2の夏の終わり、転校生の「僕」は不思議な少女と出会った。誰よりも美しい彼女は、なぜか「キヨコ」と呼ばれてクラス中から無視されている。「僕」はキヨコの存在が気になり、あとを尾行するが……。少年時代のひたむきな想いと、ままならない「僕」の現在。そして、向日葵のように強くしなやかな少女が、心に抱えた秘密とは――。メフィスト賞受賞の著者による書き下ろし。心に刺さる、青春の物語。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

私を知らないで のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    キヨコ黒田高野!!
    キヨコには切実に幸せになってほしい

    黒田の少し不幸を抱えていてタフな人に惹かれるの共感できる

    0
    2024年06月10日

    Posted by ブクログ

    個人的に今までの本の中で1番好きだった。

    クラスで1番綺麗なキヨコと黒田が最後に、兄弟関係になるとは思わなかった!

    ※キヨコのおにぎりと暗黒茶ぜひ飲んでみたい^o^

    0
    2024年02月26日

    Posted by ブクログ

    主人公がやけにませていて、その大人っぽい語り方が面白い。物語全体を通じて、論理的だけど退屈にならない文章だ。
    普通とは何か、議論が盛んな現代だが、案外普通とは端的に表現できそうだ。普段の生活で違和感を感じないことであると私は考える。

    0
    2023年12月13日

    Posted by ブクログ

    転校生、クラスから無視される美少女、閉鎖的な街、そして謎。ミステリに必要な要素が散りばめられていて設定だけを切り取ると綾辻行人さんの『Another』のように思えた。ジワリと展開する物語で華々しいわけではないが読者を離さない。抱える秘密に気づいてタイトルを理解したときゆっくりと噛み締めるような良さが

    0
    2022年08月24日

    Posted by ブクログ

    読書好きでよかったと思わせてくれる一冊。

    タイトルの意味がわかり始める一節を目にしてから
    目眩く展開、丁寧に描写される感情の機微。

    おもしろかったなー!
    ジャンルが一言で言えない感じも好感度高い。

    好きなのに、嫌いって言ってる、のに、
    好きなことがありありと伝わる文章もステキ。

    0
    2022年07月02日

    Posted by ブクログ

    そういう結末が!とびっくりしたけど、そうなったらいいのになという幸せな結末だった。現実ではなかなかに難しい選択だが、小説の中くらいこうであってほしい

    0
    2022年02月26日

    Posted by ブクログ

    この小説に書かれているのは何か?
    家族か、恋愛か、青春?
    成長、共感、嫉妬、孤独、愛情、友情、希望、絶望?
    全部だ。

    20の章に細かく分けられた物語は、その一つ一つが起承転結の立ったエピソードで成っており、メッセージ性もある。
    エピソード同士は深くかかわって、ある出来事の伏線になって、読者に先を読

    0
    2020年10月07日

    Posted by ブクログ

    あぁ、出会ってしまった。
    心がぎゅっと掴まれて虜になる作品に。
    この歳になると少年少女ものってとっくきにくいというか変に避けちゃうところがあるけど、いやいやそんなことない。ちゃんと感性に染み渡る。
    主人公の成長物語でもあるし、ミステリーでもあるし、恋愛ものでもある。言葉の言い回しが好きなタイプだし、

    0
    2019年08月17日

    Posted by ブクログ

    偉そうなことを言いますが、しっかりと練られた隙の無い小説が私は好きだ。
    多分殆どの小説がそのように作られていると思うのだけど、時々『このくだりは必要だったか?』とか『結局あそこで出たあれは何だった?』とか『この場合はこうだろう』とかちょっとでも思ってしまうと途端に興醒めしてしまう。
    因みに私が思う隙

    0
    2018年11月11日

    Posted by ブクログ

    転校生の僕とクラスから無視されているキヨコとのお話
    大切な子ども時代に 子どもとしていられなかった
    二人のお話でした


    はやく 大人になりたいと その気持ちは
    わかりすぎるぐらいわかる
    でも 今思うと 子どもが子どもでいられるってのは
    幸せなことなんだなと・・・
    二人のそっけないんだけど
    繋がって

    0
    2018年08月21日

私を知らないで の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

白河三兎 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す