全体最適の問題解決入門

全体最適の問題解決入門

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

これまで多くの問題解決手法が、問題と言われている症状だけを分析し、細分化して解決策を探っていた。その結果、全体との関連を見失い、「たこつぼ組織」がつくられていた。さまざまな問題をつなぎ合わせてこそ、ほんとうの問題が根本から解決できるのだ。「木を見て森も見る」思考プロセスをわかりやすく説く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

関連タグ:

全体最適の問題解決入門 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年07月20日

    全体最適のために必要なTOCのテクニックに関するわかりやすいまとめ。TOCfEの入門書である『考える力をつける3つの道具』を読んだことのある人の方がとっつきやすいだろうと思われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月28日

    TOC思考プロセスの入門書。
    ザ・ゴール2は面白いのだが、小説という形式上、思考プロセスに関する記述が分散していてまとまった理解ができなかったので、思考プロセスの論理ツリーの作り方などを解説した本を探してこの本を手にとった。
    岸良さんの本は読みやすいのでサクサク読める。
    基本の5つの論理ツリーの作り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月30日

    目先の問題をいくら解決しても次々と新たな問題が出てきて全然良くならない!
    そんな人のための本。
    多くの人が陥る部分最適のワナから抜け出し、全体最適への道を提示してくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月18日

    途中まで読みました。TOCについて。
    全カラーページでカエルとか登場して一見読みやすそうだけど、実は結構難しい。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月20日

    組織や問題が大きくなるほどにその全体像が見えなくて、どうしても部分的解決を段階的に…といった手法を用いることをめにするが、問題の根本的解決を行うにあたっては、部分最適ではなく、全体最適を目指さなくてはならない。このことをわかりやすく説明してある良書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月19日

    (S)
    ゴールドラット博士のTOC理論に基づき、その思考方法と手順を解説した本。部分最適で打ち手を決めるのではなく、全体最適を狙い、問題同士のつながりを意識した問題解決手法を説明してくれる。「ワンランク上の問題解決の技術」に書かれているファンクショナルアプローチと似ている。
    「対立解消術」の考え方と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月09日

    TOC理論を用いた課題解決方法の解説本。
    とてもわかりやすく、豊富な事例があってお勧めです。

    ただ、当たり前ですが、方法を理解できても、実際に課題を解決するのは自分なので、どのようにこの方法に当てはめるかいろいろ考えないといけない。

    ちなみに、この本を読んでからゴール2を読み直すと随所にこの本で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月17日

    内容紹介

    問題は、分解してはいけなかった!これまで多くの問題解決手法が、問題と言われている症状そのものを分解・分析して解決策を考察してきた。だが、結果的に全体との関連を見失いがちになり、気がつくと「木を見て森を見ず」の解決策に陥りかねない。さまざまな問題をつなぎ合わせると、ほんとうの問題の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「ザ・ゴール」シリーズを貫いている「TOC(制約理論)」とその各種ツールをまとめた本。

    部分最適ではなく、全体最適を目指す、という一貫した考え方を伝えている。

    ツールとしては、ロジックツリーやマトリクスを使った方が個人的にはいいように思う。
    ただ、考え方としては、吸収すべきことも多い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    本書はビジネス書でベストセラーとなった「ザ・ゴール」の著者エリヤフ・ゴールドラット博士が編み出したTOC(Theory of Constrains=制約理論)に基づき、全体最適の問題解決方法を解説している。

    かの「ザ・ゴール」では物語ではありながら生産管理の視点から、生産工程の最適化という命題を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています