スマイル・ハンター 憑依作家 雨宮縁

スマイル・ハンター 憑依作家 雨宮縁

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人気推理作家・雨宮縁。執筆時、作品ごとに主人公に成りきる姿は多重人格さながらで、憑依作家と呼ばれていた。寿退社をした恩人の夫の自殺に不審を覚えた雨宮は、担当編集者らを使い、真相を調べ始める。すると、幸せの絶頂から不幸のどん底へ突き落とされた被害者が続々と浮上、雨宮は犯人を炙り出すため、周到な罠を仕掛け……。狂気を裁く新クライム・ミステリー誕生!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2020年05月08日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

スマイル・ハンター 憑依作家 雨宮縁 のユーザーレビュー

    購入済み

    また楽しみなシリーズ

    みか 2020年08月08日

    この作家さんの他の作品も拝読していますが、また面白いシリーズが始まったな、と嬉しくなりました。憑依作家なんてどこからこんなアイディアが出るんだろう、と感心します。まあ実写化はできないでしょうが(笑)まだまだ謎だらけなので続きが楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    そうきたか

    カラーベア 2020年07月05日

    憑依作家と聞いて、ちょっと目線をかえてみた?とおもいながら読んでいくうちに …
    引き込まれてしもーた!さあ、内藤先生、どっちにいきます?今までと違う路線で攻めるのか、すっごく期待してしまってる自分がいます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    しかしよくもこんなに並行していろんなシリーズを書けるもんです。女刑事が終わっても婦人警官。曳き屋は変わらず、微生物学者が出てきたりして、今度は憑依作家って。死者の霊を呼び出して事件を解決する作家かしらんと勝手に決めつけていたら、憑依っちゅうより「なりきり」やん。面白い。

    しかもそのなりきり作家が主...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    憑依作家雨宮縁シリーズ。秘書の庵堂さんと共に謎多き主人公(どちらかというと蒲田の方が主人公か…)で、正体が気になるところ。
    ネットにあげられた幸福な笑顔の家族写真を撮られた人たちに不幸をもたらすスマイルハンターを暴く5人。どんな結末か気になってあっという間に読めるところは毎度すごい!
    ただ蒲田の性格...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月05日

    うーん、こういうのもありですね。続きを読んでみたいです。幸福な人の不幸をみたいってありがちですが、キャラクターの設定が興味深いですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    内藤了『スマイル・ハンター 憑依作家 雨宮縁』祥伝社文庫。

    新シリーズ。覆面推理作家の雨宮縁が自作の主人公になりきり、狂気に満ちた事件を解決する。作品の評価は並程度かな。

    狂気に満ちた異常な犯人の殺人動機は恐ろしく、海外のサイコミステリーっぽいが、雨宮縁が次々と自作の主人公を演じる意味が理解出来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    2020/7/22
    売れまくり内藤了。ついに祥伝社に登場。
    そして続くらしい。いいね。
    内藤了先生ご本人も覆面作家やん。
    直接会って男女も年の頃も不明の変装ってどんだけ。
    売れっ子作家は、出版社の実力(=編集者の実力)で作品のレベルが変わるんじゃないか?という仮説が私の中にあるんだけどこちらも当ては...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月15日

    内藤さんの話にしては穏やかに可愛らしく始まったなと思ったら10ページと保たなかった。毎回つかみが凄まじい。
    真ん中にいる縁先生のキャラクターもあって展開はとても非現実的で、どんなサイコが犯人なのかと思いきや、分かってみれば犯罪を犯した理由も人物も普通にあり得そうな普通に社会に紛れていそうなおじさんで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています