フリン

フリン

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

高校生の真奈美は、カレと入ったラブホテルで、自分の父親が同じマンションに住むOLの葵さんと一緒に歩いているのを目撃してしまう(「葵さんの初恋」)。元カレと逢瀬を繰り返す主婦、人生最後の恋に落ちた会社員、壮絶な過去を持つ管理人の老夫婦……。ある川辺に建つマンションを舞台に繰り広げられる反道徳の恋。愛憎、恐怖、哀しみ……様々なフリンの形を通じて、人と人の温かさ、夫婦や家族の関係性を描ききった連作短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年02月22日
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2013年07月29日

    川辺に建つ「リバーサイドマンション」を舞台に、複数の老若男女の不倫(婚外恋愛)をテーマにした連作短編集。
    突然、落ちる恋。その自制できない感情に対して、また家庭を既に手に入れている者は、どうすべきなのか。
    もちろん、答えはない。幸せか不幸せかでもない。ただ、自分が必要とされるのであれば、それに応える...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月15日

    「婚外恋愛」をテーマにした短編集。
    各編の主人公は、とあるマンションの住人で、
    それぞれのストーリーが独自に進む中、
    最終章で「同じ時間」を共有するという構成。

    同じマンションに住んでいるというだけで、
    登場人物は年齢も性別もキャラもバラバラ。
    なので、それぞれの「婚外恋愛の事情」もバラバラ。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月03日

    カタカナで「フリン」と書いちゃってるくらいな、婚外恋愛を重たすぎず、人生を形づくるひとつの出来事として描いた短編集。

    倫ではないけれど、そこに感情があるからどうしようもないのが恋愛。

    構成がお上手でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月08日

    テーマが不倫の短編集なので後味はよくない。その中では一番最後の「二人三脚」が淡々としているのに、ストーリー展開が早くて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月12日

    不倫をテーマにしてるからと言ってドロドロしたものでもなかった。不倫と言うより、浮気。浮気にすらいかない話もあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月01日

    連作短編集です。タイトルどおり不倫がテーマ。
    ある川辺に建つマンションの住人たちがそれぞれ主役です。最終的に痛い目をみる人、妄想で終わる人、人生最後の恋を貫いた人など色々な人のフリン模様を描いていますが、重苦しくもドロドロした感じもなく、サラッとしています。
    最後に登場人物全員集合した上での管理人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月21日

    「婚外恋愛」をテーマに展開される短編群。
    さらっとしていて、でもじわじわくる。
    悩ましかったり、怖かったり。

    人と人が惹かれ合うのって、
    結婚って、何なんだろうね?
    何が正しいのかな? ほんとに正しいのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月08日

    どんなドロドロしているかと思ったら、いい話が多くて良かった。
    年下の男の子、と、人生最後の恋、あと夢から覚めたなんちゃら、が良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月22日

    さらっと読める恋愛小説。
    実際、婚外恋愛なんてきっともうめずらしいことじゃない。
    誰にでも起こりえる、日常の些細な出来事になりつつある。

    携帯ではなくケータイだったり、彼氏ではなくカレシであったりするように、フリンとカタカナで表記されたタイトルには、そんな意味も込められているのかもしれない。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月26日

    リバーサイドマンションに暮らす住人たちの、男女の機微を描いた連作短編集です。
    〝フリン〟というタイトルから推察できるように、中には泥沼化した〝不倫〟のお話もあるにはあるのですが、そうでない異性に対するちょっとした感情の変化や、胸に仕舞った秘めごとなど、カタカナ表記に値するバリエーションに富んだ物語で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

フリン に関連する特集・キャンペーン