D1 警視庁暗殺部

D1 警視庁暗殺部

作者名 :
通常価格 754円 (686円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

桜の名の下、極刑に処す!法で裁けぬ悪を絶つ、闇の処刑部隊、警視庁に誕生!法で裁けぬ極悪人抹殺を目的に警視庁が極秘に設立した〈暗殺部〉。それは、射撃の名手・周藤一希、刃物遣いの天才・神馬悠大ら精鋭を擁する闇の特殊部隊だった。東京・吉祥寺の放火事件で、遺体からエボラウイルスが検出された。防犯カメラに映っていたのは白ずくめの集団だった。さらに現場では女性の誘拐が判明──やがて暗殺部が仕掛けた罠に獲物が掛かった時、恐るべき真の黒幕が浮上した! 人気爆発のベストセラー・シリーズ、待望の電子化。驚愕の第1弾!

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2017年12月22日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2018年01月03日

    警察が暗殺部を作るなんてありえないが、軽めでエンタメな感じで面白かった。
    続きがあるなら見たいかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月17日

    暗殺とは 政治的、宗教的な理由で 要人を殺害することである。
    この場合は 犯罪者 を殺すことで、暗殺と言う概念とは
    ちょっと、違うのではないか?
    警察が 官僚組織の最たるもので、官僚が そのような仕組みを
    みとめるわけがない のであるが、
    これは フィクションだから、楽しみたい。
    問題は 暗殺の対象...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月07日

    スカッとする迫力❕
    必ず消えない人間の醜さから起こる「悪」…暗殺部が裁く❗
    法が裁けない悪を、容赦なく‼

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月06日

    法で裁けない相手を秘密裏に暗殺する警視庁の部署という設定。リアリティがないのに、ストーリーにどんどん引き込まれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月10日

    D1シリーズの一作目。法で裁けぬ者に天誅を下す。その設定ではもはや致命傷で死ぬのでは?という場面もあるが、引き込まれて違和感なく読み終えてしまいました 。スッキリさせてくれる作品です。あと、最初の文節で引き込まれる良策です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月12日

    ちょっとやり過ぎなんじゃないか、なんて思ったりもするけど、読んでるうちに、突っ込んでるうちに、細かい事なんてどうでも良いじゃないかー、なんて気になってくる。たまにはこんな感じも悪くない。
    つっても刀はないだろうに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月10日

    D1シリーズ、1作目。

    警視庁内に暗殺部という極秘部署があるという設定。その設定からしてファンタジーなのだけれど、割り切ってしまえばなかなか面白かった。「もぐら」は主人公の竜司が1人、あまりにも超人的で、ちょっと食傷気味になっていたのだが、今作はチームプレーも加わって、1人1人のキャラも際立ち、シ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月06日

    もぐらシリーズからの作者のファンで読みました。
    キャラが立っていてなかなか良かったです。
    続編に期待します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月05日

    桜の名の下、極刑に処す!…という決め台詞と共に新シリーズが幕開け。警視庁暗殺部。悪には悪で対抗するという発想は、必殺仕事人か昭和の劇画の世界のようだ。

    大幅加筆修正による『もぐら』の復刊で再び蘇った矢月秀作の独特の世界観が盛り込まれたこの作品も堪らない。何も考えずに物語にのめり込めるのがまた良い。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月04日

    現代版必殺仕事人って感じ。必殺では主水も仕事人だけど、こちらで司令塔だけど。

    ファルコンの背中の大きな×印の傷が気になる。今後解明されていくのだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • D1 警視庁暗殺部
    754円(税込)
    桜の名の下、極刑に処す!法で裁けぬ悪を絶つ、闇の処刑部隊、警視庁に誕生!法で裁けぬ極悪人抹殺を目的に警視庁が極秘に設立した〈暗殺部〉。それは、射撃の名手・周藤一希、刃物遣いの天才・神馬悠大ら精鋭を擁する闇の特殊部隊だった。東京・吉祥寺の放火事件で、遺体からエボラウイルスが検出された。防犯カメラに映っていたのは白ずくめの集団だった。さらに現場では女性の誘拐が判明──やがて暗殺部...
  • D1 海上掃討作戦 警視庁暗殺部
    なぜ漁村は火の海に? 巨利を貪る謎の極悪組織とは? 遠州灘沖に漂う男を、D1メンバーの栗島と伏木が偶然救助した。一命は取り留めたが、男の意識は戻らない。だが、栗島は何故か男の看病を決意する。一方、浜松市に程近い長閑な漁村を地獄の業火が襲った。船は爆ぜ、港は焼け野原となり、直後、見慣れぬ集団が村に潜入……はたして漂流者の正体は? 村はなぜ火の海に? やがて海の利権を巡る激しい攻防が発...
  • 人間洗浄(上) D1 警視庁暗殺部
    新設された国際的労働機関ITWCの闇の実態を調査せよ!――上層部からD1警視庁暗殺部が要請された事案は、存在が絶対に公になってはならないD1を表舞台に晒す危険が余りに多かった。要請を断固拒否したD1内は混乱、ついに解散の危機に瀕するが、そんな中、チームリーダーの周藤一希はITWCへの単独潜入を決意する。折りしも、日本国内では優秀な技術者たちが失踪する事件が頻発、それはD1メン...
  • 人間洗浄(下) D1 警視庁暗殺部
    国際的な技術交流を隠れ蓑に人身売買を行なう人材派遣組織ITWCに潜入していたD1リーダー周藤が消息を絶った。消えた現場には大量の弾痕と血痕が……。自分の身に何かあったときにはチームの解散を命じていた周藤。だが、残されたメンバーはリーダー救出のため結束し、立ち上がった。折りしもITWC調査のために来日していた英国M15の元諜報員マリアと遭遇、D1は彼女とともに極悪組織の壊滅に乗...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています