2nd 2019年4月号 Vol.145

2nd 2019年4月号 Vol.145

作者名 :
通常価格 509円 (463円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

作品内容

他人の買ったもの、それも上質なプロダクトを知り尽くしたファッション業界人たちが選んだものとあれば、きっとびっくりするほどいいものに違いない。
物欲のままに、業界人たちが思わず個人買いしたいまのお宝を、洋服のみならず、文房具、雑貨、本など、ジャンルレスにご紹介。
きっとあなたの物欲も刺激されること間違いナシ!
第2特集は「MEGANE to HIGE」。
数多くのファッショニスタを取材してきた本誌だからこそ気づいたお洒落な人の共通点は「あまりに多くの人がメガネでヒゲだったこと」。
そんなふたつのアクセサリーについて、カタログやスナップを通して大解剖。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

カテゴリ
雑誌
ジャンル
男性誌・女性誌 / 男性誌
出版社
ヘリテージ
ページ数
144ページ
電子版発売日
2019年02月16日
サイズ(目安)
163MB

新刊オート購入

2nd 2019年4月号 Vol.145 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

2nd(セカンド) のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~94件目 / 94件
  • 2nd(セカンド) 2022年1月号
    NEW
    機能性とファッション性の高さを合わせ持つ、ヘビーデューティなアウトドアスタイルの季節がやってきた。でも今ボクらが気になるのは、高機能なだけではなく、暖かみのある鮮やかなカラーリングだったり、天然素材のぬくもりを感じさせたり……。そんなクラシックなアウトドアアイテムなのだ。今回は、ダウンジャケットやマウンテンパーカなど、クラシックな定番アイテムを中心に紹介。クラシックHDを愛する業界賢者のマイ・ルールや、4大定番アウトドアブランドの注目アイテムを編集部がピックアップする企画も。最新アイテムからヴィンテージまで、気になるアイテムが勢ぞろいの1冊。2022年もボクらはヘビーデューティが大好きだ! 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 GREAT CLASSIC OUTDOORS アウトドアスタイルもクラシックに行こう。 秘訣は巧みな色づかい!クラシックアウトドアのマイ・ルールブック。 GREAT OUTDOOR VINTAGE 1940s-1970s アウトドア古着は旧い方がカッコいい。 いざ、本気のトレジャーハンティング。編集部、4大ブランドの直営店へ! 068,GREAT OUTDOORS HEADLINE NEWS 冬へと走りだそう、ダウンベストで。 アランセーターが手に入れたいくつもの幸運。 WANTS LIST この冬、編集部が欲しいもの。 THE VISUAL PERFORMER Vol.171_紅型職人/吉田誠子 FURUGI 50 Vol.004_Vカーディガン ミウラシュランの無礼講酒場 2022 N EW D IG 今月の編集部買い物報告。
  • 2nd(セカンド) 2021年12月号
    僕らにとっての永世定番、「革靴と紺ブレ」。どんなにトレンドが移り変わろうとも、変わらず輝き続けるこれらふたつのアイテムを紹介!革靴&紺ブレを愛するトラッドマン達のスナップから、革靴と紺ブレ、それぞれの新作カタログも。革靴はオールデンやパラブーツ、ブレザーはブルックスブラザーズやJプレス オリジナルズなど、お馴染みブランドのアイテムを筆頭に、2ndが心からおすすめしたいアイテムがこれでもかと掲載されている。その他、日本に革靴文化を根付かせたリーガルの深堀企画や、大御所&若手業界人によるブレザーをテーマにした対談企画など、革靴とブレザーに関する知識を深めるにはもってこいのトピックが満載だ。 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2 nd通信 革靴と紺ブレがあればいい。 紺ブレと革靴を愛するトラッドマンSNAP。 Hello! Jason Jules 定番ブランドの新作革靴カタログ。 休日パラブーツの大本命。 “十足十色”の狙い目ドレス靴。 Wanna Be More Casual? 真の洒落者なら休日専用の革靴を。 メイカーズという、名もなき革靴。 今季はブーツが豊作だ! エンジニアブーツをカジュアルに履きこなす。 秋の紺ブレ試着祭り。 若きトラッドマンが集結。「紺ブレ、どう着てる?」 まずは定番ブランドのブレザーを知っておく。 たまには定番から外れたい。アマノジャクなブレザー。 日本に革靴文化を根付かせたリーガルの60年。 Alden×2nd 念願叶ったオールデン別注。ホントにあと少しです……。 服好きこそ認めるブラザーブリッジの“洒落靴”。 原点に立ち返って至極シンプルなVチップを。 浅草に次ぐ革靴の産地、メイド・イン・奈良のKOTOKA。 THE VISUAL PERFORMER Vol.170_振付家、ダンサー/平原慎太郎 FURUGI 5 0 Vol.003_キャップ 恋するカルチャー。第18回「これが僕の昭和シックスティーズ」 ミウラシュランの無礼講酒場 2021 NEW DIG 今月の編集部買い物報告
  • 2nd(セカンド) 2021年11月号
    昨年に引き続き、いまだ冷める気配のないヨーロッパブーム。今回は、なかでもホットなトピックが満載の、イギリスとフランスに絞って紹介。両国を代表するブランド、アナトミカとグローバーオールの周年記念アイテムから幕を開ける本特集は、バブアーの新作&別注ラインナップやヨーロッパブームの火付け役となったM-47の復刻アイテム紹介など、とにかくボリューム満点のトピック数でお届け。イギリス派とフランス派に分かれたセレクトショップのスナップ企画も見応えあり。ぜひ秋冬のスタイリングの参考にしてほしい。フランスの老舗生地メーカーであるドーメルや英国テキスタイルの代表格タータンとツイードの意外と知らなかった起源など、2ndならではのお勉強ページにも注目だ。さらに、ファッショントピックのみならずジャルジャル後藤さんによる英仏銘車探し企画も! 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 CONTENTS U.K vs FRANCE 実剛健イギリスvs洒脱感性フランス Anniversary Item 10年、70年、170年。それぞれの特別なアニバーサリー。 Let's Get Cuff Links お堅くならず、カフリンクス。 DRESS SHIRTS 国宝級の老舗シャツメーカーをおさらい。 MOTORCYCLE COAT 木枯らし吹けば、モーターサイクルコートがなびく。 Military Garments アメリカにはない意匠を楽しむ英仏ミリタリー。 Classic or Modern? アイウエアは口ほどに物を言う。 イギリス派フランス派のスタイルサンプル。 BY THE WAY... 英仏こぼれ話。 Barbour GOLD STANDARD 秋が深まれば、バブアーが恋しくなる。 M-47 タンジェントの手にかかればあのM-47もドレス顔。 WE LOVE BERNARD ZINS なぜベルナール ザンスは業界人に愛されるのか。 Bonjour HUSBANDS! ハズバンズに学ぶフレンチシックなドレス術。 BRAND NEW FABRIC 英国伝統のウールギャバジンを纏ったボンバーJKT。 TAILORING ようこそ、日本のサヴィル・ロウへ。 英仏を体現する日本人デザイナー。 Story of BRITISH TEXTILE 知られざるタータンとツイードの起源。 Great Britain, Great Knit. ニットは英国に軍配。 TWEED & MOLESKIN 偉大なる英仏ファブリック。 ジャルジャル後藤さんの愛車探しの旅 銘車LOVER FURUGI 50 Vol.002_ポロシャツ 恋するカルチャー。第17回「とっても普通で変わってるから好きさ」 “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう!第12回_メルセデスベンツ 300E W124 '88年式 ミウラシュランの無礼講酒場 2021 NEW DIG 2nd STAFF Shopping Report
  • 2nd(セカンド) 2021年10月号
    もういい大人だから、大抵のことは体験し尽くしたと思っていませんか?【第一特集】では、これまでなんとなく気になってはいたけど、やれずにいた感動体験にチャレンジ。アイビー御用達の一流テーラーでブレザーをオーダーしてみたり、藍染めを自分でやってみたり、はたまたアウトドアサウナを通して“ととのう”感覚を味わってみたり。体験の先に待っている感動を、単なる「憧れ」だけで終わらせるなんてもったいない。ぜひ本特集をきっかけに、これまで気になっていたこと、挑戦してみませんか?この夏の過ごし方の参考になるかも。【第二特集】は、「ついつい語りたくなる、特別な黒。」と題して、ブラックカラーのアイテムを一挙ご紹介。業界人お墨付きのファッションアイテムから、世界一黒い車や黒にまつわるみんなのギモンまで。「黒」に注目してみることで、これまでにない新たな視点が得られるかも。 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 洒落者の感動体験。 アイビー御用達のテーラーで一生モノのブレザーをオー 朝からホテルで絶品の卵料理を食べる。 古書店でトラッドをより深く知る。 藍染めって自分でもできるんだ。 大自然でととのうアウトドアサウナって知ってる? 音浴博物館でタイムスリップ体験。 直瀑の滝に打たれてクリエイティブな感性を磨く。 イラストの中から飛び出した安西水丸さんの愛用品。 Late Summer Style Sample Long Good-bye ALOHA OE  ついつい語りたくなる、特別な黒。 THE VISUAL PERFORMER Vol.169_会社員/bakateee FURUGI 50 Vol.001_スーベニアT 恋するカルチャー。第16回「過去からやってきた、元コ “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう!第11回_スズキ ミウラシュランの無礼講酒場 2021 N EW D IG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年9月号
    いままた東京に、何度目かの古着ブームが到来中!【第一特集】は、そんな古着の“いま”をお届けするフレッシュな情報を詰め込んだ。ユーチューバーのアニキをはじめとする各業界人と、一緒に古着店を回ったり、今年オープンしたてのニューショップ紹介も。帽子だけを取り扱う古着店があるって知ってた?,さらに、ファッション業界人による、レアものばかりのショッピングレポートや夏に身に着けたいオールドシルバージュエリー特集も8Pにわたり、じっくり紹介している。【第二特集】は、「夏メガネ、始めました。」と題して、クリアフレームやカラーレンズのメガネなど、夏にかけたいメガネを厳選。マスクで顔周りが重たくなるいまだからこそ、メガネ&サングラスは軽快なモデルをチョイスしたい! 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 古着愛が止まらない! Can’t Stop Lovin’ Vintage 若き古着好きが頼りにするトラッドな先輩たちに会いに行く。 古着スタイリスト原田さんが下北沢の大型店で激安古着を掘る。 ユーロヴィンテージの伝道師アニキと行くヨーロッパものに強い店。 これが令和のニュースタンダード!ポップでニッチな個性派ショップ。 古着愛が止まらない!業界人のショッピングレポート。 WEAR A OLD SILVER JEWELRY オールドシルバージュエリーを身に着ける いままでなかった帽子オンリーの古着店。 sowhat vintage 2021年オープンのニューショップに急げ! Summer Vintage Style この夏、古着がもっと好きになる。 INSPIRATION FROM FURUGI 特別編 夏の古着コーディネイト。 上野「ジャラーナ」がひと肌脱ぐ年に一度のアメ横、本気プライス!! 夏メガネ、始めました。 業界人の夏メガネSNAP。 すべてG.B.ガファス別注 ここだけの夏メガネが手に入る店。 「サーカス」スペイン坂店に突如現れた!?無数の狙い目フレンチヴィンテー Jacques Durand PLUS is + 8mmの極厚フレームが放つ個性。ジャックデュラ ヴィンテージから生まれた極・ファッション的なメガネ。ATTRACTIONS Eyew NATIVE SONS Combination Frame Eyewear 古着屋JAM TIMES Theme6 Reyn Spooner 恋するカルチャー。第15回_「真夏の夜のシンセ・ソウル」 “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう!第10回_ホンダ シビック シャトル NEW DIG 2nd STAFFの講buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年8月号
    蒸し暑い季節がやってきても、革靴を履きたいという思いは止まらない!グルカサンダルやダブルモンク、スリッポンなど、足元を軽快かつ上品に飾ってくれる夏の革靴を一挙紹介。“夏の断然革靴派”なあなたは何を履く?そして第一特集は「やっぱり買い物がやめられない!」と題して、お店や最近業界人が買ったものを紹介。特に、改めて伝説的な個店を取り上げた企画は注目。セプティズにキャシディ、アイビー&ネイビーにアンクルサム。これら説明不要の名店で、レジェンドたちにこの夏のコーディネイトを組んでもらった。そのほかにも新進気鋭のセレクトショップや、アマノジャクなあなたにも刺さる隠れ家的なショップ、わざわざ行きたい地方のショップなど、注目のお店を多数紹介している。そして、やはり気になるのはみんなの買い物事情。デザイナーやスタイリストといった確固たる感性を持ったファッション業界人たちが、いまなにを思い、なにを買ったのか。目利きが選ぶアイテムの数々はやはり興味深い。さぁ、この夏、皆で思いきり買い物を楽しもう。 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 目次 [巻頭特集]真夏の断然革靴派。summer in the suburbs 真夏の革靴逃避行。 [第一特集]やっぱり買い物はやめられない! 業界人たちの鬼買いレポート 2nd特派員が行く。レジェンドに会える個店。 玄人好みのショップガイド。 わざわざ目的地にしたい 地方の優良店へ行こう。 THE VISUAL PERFORMER Vol.168_画家/丹羽優太 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.026_バギーショーツ 恋するカルチャー。 Vol.014_「過去からやって来たいちばんすごいメロディ」 “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう! ミウラシュランの無礼講酒場 2021 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年7月号
    2020年11月号の「おもいっきりヨーロッパ!」に続いて、ヨーロッパ特集ふたたび!その名も「フレンチに学ぶヨーロッパスタイル」。定番の業界人スナップはもちろん、今回はカルチャーに関する内容も盛りだくさん。'50年代におきた映画運動ヌーヴェルヴァーグや、フレンチシックのアイコンであるポール・ウェラーも登場。また、フレンチファッションと切っても切り離せないトピック「フレンチカルチャーと渋谷系」では、いまも渋谷系のアイコンとして活躍し続けるカジヒデキさんにインタビューを敢行!フレンチな着こなしを実践するにあたって欠かせない“ノンシャラン(=無頓着)”というキーワードを軸に、日本におけるフレンチスタイルのいろはを様々な角度から学べる特集となっている。そして第二特集は「ヤングタイマーなバイクでGO!」。これまでに2回実施した人気特集「ヤングタイマーなクルマ」のバイク編だ。カブ、80年代の原付、ヴェスパ……かわいくて憎めない表情をしたバイクが沢山登場。本格的に暖かくなってきて、風を感じたい今の時期にぴったりな特集となっている。 ※デジタル版には、「愛され上手なカブ!~鰻とカブ~」の記事については掲載しておりません。 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 目次 [第一特集]FRENCH TRADITIONAL STYLE フレンチに学ぶ、ヨーロッパスタイル。 セレクトショップのヨーロッパスタイル。 YouTuber ゆーみん&きうてぃの人気企画を誌面で再現。 ユーロヴィンテージで一週間コーデ! ヨーロッパスタイルの“早すぎた銘店”。 ETS.MATERIAUXが復活。 ノンシャランを世界に曝さらけ出したヌーヴェルヴァーグ。 ノンシャランのススメ。~ジャン=ポール・ベルモンドに捧ぐ~ 2人の伊達男への憧れが“フレンチシック”という理想像をつくった。 語り継がれるパリの名店、マルセル・ラサンスの世界へ。 フレンチカルチャーと’90年代の渋谷系。 現代のフレンチシックを体現する パリ発「エチケット・マガジン」。 ヨーロッパスタイルで初夏へと走りだそう。 [第二特集]ヤングタイマーなバイクでGO! THE VISUAL PERFORMER Vol.167_アーティスト、写真家/梅川良満 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.025_ボーリングシャツ 無礼講酒場 NEW DIG 2nd STAFFの講buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年6月号
    クラシックと呼ばれる服は山ほどある。でも、そんなものデニムの前では比にならない! 140年以上その型を留めながら、いまなおカジュアルファッションの頂点であり続けるデニムについて深く掘り下げ、幅広い視点で紹介する。デニムの達人と言われるデザイナーやバイヤーの愛用品を使ったコーディネイトから、ヴィンテージ市場をにぎやかなものにし続けている「501」についての豆知識のおさらいも。キング・オブ・デニムのリーバイスの最新トピックスはもちろんのこと、デニムがワークウエアからいかにして世界中で愛されるファッションアイテムに昇華していったかをまとめた年表ページも掲載。2ndらしいデニムの着こなし術やメインテナンス方法まで、デニムというトピックに一点集中し、網羅した一冊。 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 目次 [第一特集]501からはじまるデニムの話。 100年前から変わらない服。 デニムファッションカルチャー史 限りなく潔いインディゴブルー。 デニムの履歴書。 Levi’s(R) NOW 温故知新なリーバイス(R)のニュートピックス。 501からはじまる古着の話。 1946年製501XXの正体。 COLOR 501 タテ落ちもいいけれど、古着だからこそ、もっと冒険しない? 大阪ヴィンテージデニム 市場調査! やっぱりヴィンテージ[501]が好きならビッグE~赤耳が狙え。 リーバイス(R)本社のアーカイブルームに眠る 世界最古のデニムを大公開! デニムの履歴書。 40過ぎて、ブラックデニムが似合うようになった。 明日から使えるデニムビギナーのためのQ&A。 [特別企画]BESSの家でヘビーデューティな暮らしを。 THE VISUAL PERFORMER Vol.166_プロダクトデザイナー/稲葉太郎 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.024_スカーフ #私のコードバン自慢 恋するカルチャー。 2021 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年5月号
    革靴好きな僕らにとって至高のレザー素材といえば、それはコードバンに他ならない。 そこで【第一特集】では、“レザーの王様”、“革のダイヤモンド”とも呼ばれるコードバンの魅力について掲載しています。肝となるのはやっぱり革靴。有名シューメーカーの、意外と知られていないコードバン製モデルを多数ご紹介。オールデンの経年変化やレアカラーについての14Pにもわたる深掘り企画も見逃せません。さらには世界のタンナーマップや工場取材なども掲載。コードバンについての知識が深まること間違いなし!【第二特集】は、またまたやっちゃいました好評企画、編集部のウォンツリスト。良いモノをたくさん見てきた2nd編集部が、本気で欲しい12のアイテムを掲載しております。“物欲の春”は、セカンド5月号と一緒に! 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 目次 [第一特集] 一生愛したい コードバンの革靴。 これ全て、コードバンの革靴図鑑。 オールデンとホーウィンの蜜月が生んだ マニア垂涎のレアカラーコードバン。 オールデンの経年変化。 コードバンラバーの私物自慢。 特別なコードバンには専用クリームで極上メンテを。 もっと大切にしたい人のためにケアグッズを揃えよう! 国産コードバンは新喜皮革から生まれる。 コードバンタンナーってこんなにあるって知ってた? いつも身の周りにコードバンを。コードバングッズカタログ。 まさかコードバンで靴がオーダーできるとは。 [第二特集]WANTS LIST 2021 SPRING この春、編集部が欲しいもの。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.023_Vネック ミウラシュランの無礼講酒場 恋するカルチャー。 2021 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年4月号
    これまでカジュアルファッションを提案してきたセカンドも、昨今のリラックススタイルからの反動からか、なんだかドレス服が気になり始めた……。ということで今回の【第1特集】は休日服にも取り入れたいドレスミックス特集! テーラーメイドの服の良さや、普段着にあわせたい本格服の取り入れ方についてご紹介しております。さらには近代スーツの歴史についてビームスの黎明期を支えた中村達也さんに語ってもらった文化史や、ドレス服の基礎知識も! 「家から出る機会が少なくなってもお洒落を楽しみたい」そんな気持ちに火がつく企画になっております。【第2特集】は10年先もかけ続けたいメガネ特集。“タイムレス”をテーマに流行り廃りのないメガネを掲載しています。セカンドはこれからもメンズファッションを提案し続けます! ひとまず4月号をぜひご覧ください。 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 目次 [第一特集]GENTS 休日はジャケットと革靴。 トレンドを牽引する3人が打ち破るスーツの常識。 Hello,JKF キミはJKFを知っているか? 本格服を不埒に着崩す ゴダールの流儀。 洒落者のドレスとカジュアルのいい塩梅。 ヴィンテージとドレスが大好物! 若きトラッドマンをパパラッチ。 全国の服好きが集まる徳島の名店 「ボーイズマーケット」に表敬訪問。 ジャケットスタイルを知るならまずここから。近代スーツ文化史。 Dress Up on the Weekend アメカジ君のプチ・ドレスアップ術。 Gentleman's Dress Up Lesson ジェンツになるためのアクセサリー入門。 紳士のヘアスタイルは口ほどに物を言う。 GENTSになるための基礎知識。 [第二特集]ワードローブにタイムレスな1本を。 メガネも"着替える”時代のタイムレスな選び方。 ヴィンテージに学ぶタイムレスなアイウエア。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.022_スウェード 恋するカルチャー。 ミウラシュランの無礼講酒場 “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう! 2021 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年3月号
    「あなたにとっての定番品はなんですか?」。セカンドお馴染みの業界人73名に聞いたその質問の答えとしてあがってきたのは、コートやシャツ、デニムなどの服はもちろん、革靴、時計、食器から家具までさまざま。さらにそのひとつひとつには、個性豊かなストーリーと愛情が詰まっていた。そして今号では、そんな彼らの愛用品がすべて実際に購入できる誌上フリマを開催! 目の肥えた業界人たちが、常日頃から愛用していた、まさに一点モノの名品を購入することができる、セカンド史上初の企画。彼らが培ってきたストーリーの続きを紡いでいくのはあなたです! 表紙 NEWS DELIVERY CLUB 2nd通信 目次 [第一特集] 洒落者の愛用品。大放出の誌面フリマ開催!! 【フリマ出品者】※総勢73人が私物を出品! [第二特集] 週末雑貨散歩。リターンズ THE VISUAL PERFORMER Vol.165_イラストレーター/たなかみさき INSPIRATION FROM FURUGI Vol.021_ネイティブ柄 “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう! ミウラシュランの無礼講酒場 恋するカルチャー。 2021 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年2月号
    アメトラ、アメカジ好きな僕らでも、世界が認める高品質なジャパンメイドはやっぱり気になる。ということで今回は、日本で作られた良質な服、モノを紹介するメイド・イン・ジャパン特集! モノにとことんこだわる業界人たちが日常的に使っている愛用品紹介や、セレクトショップで取り扱いのある国産アイテムカタログ、さらには日本が誇るメガネやデニムなどの制作過程を追った工場取材も掲載しております! 身近すぎてつい見逃しがちな“ジャパンメイド""の魅力を、改めて再発見できる特集になっています。 【総力特集】 GREAT JAPAN MADE 僕らの定番はジャパンメイドでできている。気づけば身近にあふれていたジャパンメイドの愛用品。 表紙 NEWS DELIVERY 目次 [総力特集]GREAT JAPAN MADE 僕らの定番はジャパンメイドでできている。 気づけば身近にあふれていたジャパンメイドの愛用品。 New Balance [M1300JP V] nanamica [GORE-TEX Balmacaan Coat] Sabae, Fukui Eyewear 10 eyevan Yamanobemachi, Yamagata Knit Wear COOHEM グレイト・ジャパン・メイド ショッピング・カタログ。 Asakusa, Tokyo Leather Shoes forme Okayama Denim Pants RESOLUTE Okayama Denim Pants WAREHOUSE Wakayama Sweat Shirts Pherrow's Meiwacho, Mie Down KAWADA Feather Custom-made in Japan 特別な一着をメイド・イン・ジャパンで。 THE VISUAL PERFORMER Vol.164_ミニチュア写真家・見立て作家/田中達也 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.020_カウチンセーター “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう! ミウラシュランの無礼講酒場 恋するカルチャー。 2021 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2021年1月号
    いい大人が身に着けるアクセサリーはメガネとマリッジリングと、そして腕時計くらい。ならばその分、こだわりをもって選びたいのがオトコ心というもの。ということで今月のセカンドは、ヴィンテージウォッチ特集! これが付いていたら“買い”のレアディテール解説から、ヴィンテージウォッチを取り扱う名店イチオシの時計カタログ、業界人の愛用品スナップ、さらにはいまふたたび洒落者たちの間で注目を浴びているカルティエのタンクシリーズについても深堀り! なぜ高性能な現行の時計ではなく、メインテナンスなどの手間がかかる旧い時計がいいのか、誌面を通して感じられる特集になっています。 表紙 NEWS DELIVERY ARMY TWILL×2nd 別注ミリタリーパンツを作りました! 目次 [総力特集] ヴィンテージ時計はスタイルで選ぶ。/ROLEX ロレックスは60万円台までの“ドラ”付きで選ぶ。 王道ロレックスはドレス顔が最適解! [Air-King] [DATEJUST] ロレックスが誇るドレスの双璧。 [Bubble back] 世界に先駆けた完全防水の自動巻き時計。 皆が欲しがる“ドラ”付きは、決してロレックスだけじゃない。 個性派揃いの玄人感がちょうどいい。 OMEGA [Seamaster] 海の名を冠したドレスウォッチ。 SMITH 受け継がれる英国随一の本格派。 業界注目度ナンバー1の洒落顔、角金。 Cartier [TANK] カルティエのタンクをもっと知りたい。 時計好きが辿り着いた辺境 マイナーな機械式時計の世界。 なにはなくとも、ミリタリーウォッチがあれば。 軍の厳しい要求に応えた、時計メーカーの技術と誇り。 覚えておきたい時計の基礎知識。 VINTAGE WATCH SHOP LIST [特別企画]WANTS LIST 編集部員の欲しいもの。 恋するカルチャー。 THE VISUAL PERFORMER Vol.163_シェフ/町田智也 “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう! ミウラシュランの無礼講酒場 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.019_カラーコーデュロイ 2021 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2020年12月号
    今回のセカンドは革靴ファッション特集。どんな靴を履くかももちろん大事だけど、どんな服とどう合わせるか。革靴があるからこそ楽しめる着こなし術を学ぶことで、もっと魅力を引き出したい。そんな想いから何度も革靴特集をやってきた2ndの、いままでにない特集です。約40人もの革靴好き業界人たちのスナップ企画はもちろん、ミリタリーパンツやニットパンツ、セットアップなど、革靴と相性抜群なアイテムとのスタイリングページ、意外と知らないTPOに合わせた着こなしも。また、老舗国内ブランドのシューメイカーが軒並み揃う浅草を練り歩く「浅草散歩」企画も必見! さらに、 “革靴ファッション”に関する質問に全力で答えるQ&A企画も。 表紙 NEWS DELIVERY 恋するカルチャー 目次 [総力特集]革靴好きのためのファッション学。 この秋、洒落者は革靴をどう履きこなす? オックスフォード/ローファー/ブーツ 服に悩めるオヤジのためのチノ×革靴の着こなしルール。 大先輩に教わる、ローパーブーツの上品な履きこなし術。 The Fabulous Four 秋の新作、履き比べ。 革靴と○○ 半歩先いく革靴好きが気になっている、短ブーツと秋グルカ。 尾崎雄飛の革靴TPOコーデ塾。 気象予報士が突然の雨に打たれて……。 浅草 革靴散歩 みんなの革靴ファッションQ&A。 [特別企画]泡に守られた自動巻き時計、バブルバックの研究。 THE VISUAL PERFORMER Vol.162_イラストレーター、デザイナー/師岡とおる “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう! ミウラシュランの無礼講酒場 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.018_スウィングトップ 2020 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2020年11月号
    アメトラやアメカジ好きのボクらでも気になってしまうほど、今年はヨーロッパスタイルの当たり年! Tシャツ短パンでも足元には革靴を選ぶように、カジュアルな装いにも“ちょいエレガント”な要素を取り入れられるヨーロッパアイテムは、アメリカ服とミックスして楽しみたい。今回のヨーロッパ特集では、2ndならではのスタイリングや業界人のスナップから学ぶコーディネイト術、さらには日本人デザイナーが生み出すこだわりのヨーロッパ服たちの誕生秘話もうかがいました。ユーロ服と言えば欠かせない、人気YouTuberも登場しています。他誌では見られない2ndらしいエスプリを効かせた内容は、要必見! 表紙 NEWS DELIVERY 目次 第一特集 European Vintage Style この秋は、おもいっきりヨーロッパ! sus-sousと、vintageと。 生粋のアメリカ好きこそ、ヨーロッパアイテムを巧みに取り入れている。 古着ユーチューバーゆーみん&きうてぃコラボ企画。アメカジ好きがヨーロッパコーデに大変身! 人びとを魅了してやまない ピエール・フルニエという存在。 インタビュー ヨーロッパ風味には英国スミスが最良のアクセント。 ヨーロッパヴィンテージを紐解く5人の日本人デザイナー。 European Style meets American Clothing ヨーロッパスタイルの名脇役はアメリカの定番服にあり。 恋するカルチャー。 THE VISUAL PERFORMER Vol.161_家具作家/木多隆志 ミウラシュランの無礼講酒場 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.017_ニットポロ 2020 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2020年10月号
    今回は、昨年も刊行された「ヤングタイマーなクルマ」特集の第2弾!1980年代から2000年代にかけて生産された、ちょっと旧いクルマ(=ヤングタイマー)を選ぶ洒落者たちの愛車をスナップしました。購入店、金額、走行距離にお気に入りのドライブミュージックまで、リアルなクルマ事情が丸分かり。早い人は目をつけているセダン、利便性の高いワゴン、アウトドアなどの趣味にも使えるSUV等、いろんなヤングタイマーをご紹介します。きっとあなたもクルマが欲しくなりますヨ!【第2特集】は前回に引き続き、筋トレ企画の第二弾。お年頃も多い2nd読者のために、効率よく身体を鍛える方法をご紹介します。【第3特集】はオメガの傑作、ヴィンテージシ―マスターだけに焦点を当て、初心者必見の基礎知識を総ざらい。今月号も見逃せない企画が目白押しです! 表紙 NEWS DELIVERY 目次 第一特集 “ヤングタイマー”なクルマに乗ろう! 街で乗るならセダンがいい。 愛され名車の変遷が知りたい。メルセデス・ベンツ/ゴルフ/ランドクルーザー/ジムニー ゲレンデは“ショート”じゃなくっちゃね。 ヤングタイマーの“顔”と言えば、やっぱりゴルフ。 はたらくヤングタイマーが、今日も行く!! 不動の人気で安定感抜群のランドクルーザー。 街角スナップ! ヤングタイマーなクルマを探せ! 頼れる都会っ子、力持ちのワゴン。 やっぱりまだヤングタイマーに乗りたくて。 レトロフューチャーで可愛い ちょっと旧いコンパクトカー。 都会に映えるフランス車、ルノーで洒落る。 続・日産はヤングタイマーの宝庫だった。 外遊びの相棒に選んだタフなヤツ。 エイジングするほどカッコいい憧れのクルマ。 ヤングタイマーなクルマを狙い撃ち。専門店に行こう! 最近のコンパクトカーはヤングタイマーな匂いがする。 第二特集 エモーショナル筋トレ。vol.2 恋するカルチャー。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.016_ミリタリーバッグ ミウラシュランの無礼講酒場。 第三特集 ヴィンテージシーマスターの深海を覗く。 2020 NEW DIG 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2020年9月号
    夏至も過ぎて、これからがいよいよ夏本番。Tシャツやショーツなどの軽快なコーディネイトは、革靴を合わせるとグッと引き締まるから、素足で履いてサマになるローファーは、夏の足元の最適解! というわけで【第1特集】はローファー特集。断然革靴派な業界人たちの、サマーカジュアル&トラッドな履きこなしを拝見しました。更に、各ブランドによる新作&定番を、最旬トピックと編集部の主観を織り交ぜてご紹介。この夏履きたいモデルがきっと見つかるはずです。また、モカ縫いや製法の種類について、改めて勉強するために国内屈指の老舗工場にお邪魔しました。この一冊でもっとローファーが好きになる! 【第2特集】は異例の企画。“エモーショナル筋肉トレーニング(略してエモ筋)”と題して、脳を使った効率的なトレーニングをあのお笑い芸人と実践します! 表紙 NEWS DELIVERY 目次 第一特集 High Summer,Loafers Only. 断然革靴派のローファー選び。 時にはトラッド、時にはカジュアルに。断然革靴派はローファーを履きこなす。 編集部が堪能! 断然オススメのローファーはこれだ! Loafers Only Catalog 断然革靴派のローファー選び。 新感覚のエレガンスを纏うベルジャンシューズ。 ’50年代に一世風靡したヨーロピアンスタイルを旧靴専門店がモディファイド。 トレーディング ポスト青山別注の特別な一足を手に入れたい。 優れた機能と容姿の共存! ボールバンドのNEWローファー。 メンズパンプスという新たな選択肢。 ネクスト・ローファーの最新鋭! ポストプロダクションの靴作り。 ロイヤルワラント獲得にひと役買ったルームシューズ。 モロッコで生まれた本格グッドイヤー ベンソン・シューズ。 日本が誇る老舗ファクトリーに潜入! モカ縫いこそが、ローファーの真髄だ。 みんなのローファーお悩み相談室。 これが私の愛用ローファー。 ローファーと長く付き合うための素材別ケア法。 第2特集 エモーショナル筋トレでスタイリッシュBODY化計画! 特別連載企画 SWEET HOME おうち時間、いい時間。 THE VISUAL PERFORMER Vol.160_木工作家/西本良太 [新連載]“ヤングタイマー”なクルマに乗ろう ミウラシュランの無礼講酒場。 2020 NEW DIG そのひと手間で、いい男。 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2020年8月号
    今回の【第1特集】は「アウトドアファッション大全」。“ロクヨンクロス”の誕生以来、ファッションとして広く受け入れられるようになったアウトドアプロダクツ。いまなお進化を続けるアウトドア×ファッションの魅力を再発見するため、歴史がひととおり分かる年表やヴィンテージブランドマップ、新作カタログまで、アウトドアファッションの昔から今を総ざらいします。【第2特集】は「俺たちのヤングタイマー」。ファッション業界人や編集部が子供の頃に好きだったアレコレを掲載しています。アイドルやおもちゃ、クルマまで! 胸がザワつくような、懐かしい想い出が蘇るはず。【第3特集】の「この夏はヴィンテージミリタリーウォッチが欲しい」や、おうち時間を豊かにする【特別連載企画】「SWEET HOME」まで! ページ数が足りなくなるほど盛りだくさんな、今月号もぜひご覧ください! ※紙版掲載の記事「リモートワークの味方 ほぼにおいゼロのたばこ。」と「俺たちのヤングタイマー。」内の一部画像については掲載しておりません。 表紙 NEWS DELIVERY 目次 第一特集 アウトドアファッション大全。 アウトドアファッションの歴史。 やはりアメリカは旧き良きアウトドアブランドの聖地だった! 博物館級のお宝眠る。エル・エル・ビーンのアーカイブルームへようこそ。 街で効く! アウトドアブランド事典。 失われた男のロマンが、日本の両雄によってMade in U.S.A.で蘇る。 ゴアテックスにも種類があるって知ってた? すべての工程がメイド・イン・ポートランド! ペンドルトンのブランケットに宿る職人魂。 軍へ納入する最強テックのアウトドアアイテム。 アウトドア×ファッションを、より深く知るための本。 第2特集 俺たちのヤングタイマー。 特別連載企画 SWEET HOME おうち時間、いい時間。 2020 NEW DIG INSPIRATION FROM FURUGI Vol.015_パジャマ ミウラシュランの無礼講酒場。 第3特集 この夏はヴィンテージミリタリーウォッチが欲しい。 そのひと手間で、いい男。 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2020年7月号
    洋服を知ることでファッションはもっと楽しくなる!知っているようで意外と知らない、ジャケットやシャツ、ネックウエア、革靴、メガネ、ミリタリーウエアなどの、誰もが持っている定番アイテムの用語やウンチクについて、カテゴリごとにご紹介。この一冊をひととおり読めば、いつも着ているあの服が、もっと特別なモノに見えてくるはず。いまのうちに知識を蓄えておこう。第二特集は、“スウィートホーム”と題して、お家で楽しめるコンテンツをピックアップ。音楽、本、さらにオンラインショッピングまで、いつも以上にカルチャ―色の濃い内容となっている。いずれもおうち時間を充実させる一助となること間違いなしの、永久保存版! 表紙 NEWS DELIVERY UNIVERSAL OVERALL×2nd 別注ネイビーブレザー完成! 目次 特集 カジュアルファッションの基礎知識。「知」は「服」をもっと楽しくする。 Column 日本ファッション70年史。 JACKET / ジャケット OUTDOOR JACKET / アウトドアジャケット Column 英国王室御用達の証、ロイヤルワラントってなに? SHIRTS / シャツ COAT / コート PANTS / パンツ MILITARY / ミリタリー KNIT / ニット NECKWEAR / ネックウエア LEATHER SHOES / 革靴 EYEWEAR / アイウエア Column 生地・素材の入門知識。 Column もっと詳しくなれる用語集。 ミウラシュランの無礼講酒場 特別連載企画 SWEET HOME おうち時間、いい時間。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.014_リーバイス[501] 2020 NEW DIG 2nd Watch Style Vol.024_ダイバーズウォッチ[シチズン] そのひと手間で、いい男! 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2020年6月号
    ここしばらくファッションの世界には、大きな流行の変化が起きていない。そこで2ndでは「春のファッション特集」と題して、美しいペールカラーのシャツや、鮮やかなマドラスチェックのセットアップなどを取り入れた“脱・ベーシック”なスタイルサンプルを提案。さらに、いま注目を浴びているアナトミカやウティ、フランク リーダーなど、ヨーロッパの風を感じるブランドもご紹介。ヨーロッパらしい品格とクラフツマンシップに溢れるこだわりのアイテムが目白押しだ。外に出ることが難しいいまだからこそ、事態が収束する日を想いながら、楽しい着こなしをあれやこれやと妄想しておこう! ※紙版に掲載されている「低温加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」は人にも場所にもやさしい。」の記事は掲載しておりません。 表紙 NEWS DELIVERY 目次 特集 STYLE SAMPLE 2020 SPRING/SUMMER 脱・ベーシックで攻めのトラディショナル。 We Need Women's Power!!!! 見習うべき、女性たちのマイルール。 Style from EUROPE この春の大本命は、"ヨーロッパ風味"。 小物も"ヨーロッパ風味" なら、よりグッド。 ヨーロッパブランドが気になるならまず足を運びたい店。 お洒落巧者の着こなし術を盗め! 先輩! ボクをオ・ト・コにしてください! in 大阪 新人編集者パピーの『メガネ考。』 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.013_パッチワーク ミウラシュランの無礼講酒場。 THE VISUAL PERFORMER Vol.159_お笑い芸人/ジャルジャル 2020 NEW DIG 2nd Watch Style Vol.023_クロノグラフ[ロンジン] そのひと手間で、いい男! 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2020年5月号
    これまで様々な角度から特集してきた革靴。今回は改めて、そんな革靴の様々定番モデルについて見直してみました。なぜ定番は皆に愛され続けるのか。ファッション業界人へのアンケートをもとに、その理由について探ってみました! 【第一特集】ではアンケートに協力してくれた方に突撃取材。定番モデルと合わせる春の全身コーディネイトをたっぷりお見せします。さらに、セレクトショップがベーシックなアイテムにスペシャルオーダーをかけた別注アイテムからも目が離せません。また、2018年に彗星のごとく現れては、靴好きを唸らせるあのブランドのデザイナー取材も収録。革靴好き必見の内容になっています。いつも以上に情報量満載の5月号をお楽しみください! 表紙 NEWS DELIVERY PRIVATE EYES & TRACKERS青山にオープン! 目次 総力特集 断然革靴派。靴好き業界人のガチンコアンケート!手に入れるべき定番靴とは? We Love ALDEN&J.M. WESTON オールデン&ジェイエムウエストン2強時代。 Paraboot パラブーツの定番は[ミカエル]か[シャンボード]か。 YUKETEN ユケテンが愛される理由。 GUCCI グッチのビットローファーはトム・フォード期以前を探す。 CHOICE of GEEK アマノジャクの一票。 New Masterpiece 次世代の定番となる王道ブランドの新作。 CALMANTHOLOGY カルマンソロジーに込められた哲学。 週末はいつものカッコで、イイ靴見に行こ。 My Dear Leather Shoes これが私の定番。 カジュアル靴の決め手はソールにあり! The Leather Shoes Times~2020年注目の獲れたてニューストピックを総力取材~ セレクトショップ別注は今季も豊作です! 続! オールデンを200足履いたボクが選んだ一足はコレ! 革靴偏差値別 革靴ラバーへの道。 熱き若手 シューシャイナー座談会。 いまさら聞けない靴磨きのギモン。 素材別、自宅でできる靴磨きのキホン。 Shoecare Goods Catalog 愛用靴を輝かせるケアグッズカタログ。 Shoecare Shop Guide “ここがウリ!”なシューケアショップガイド。 ALDEN×ARKNETS オールディンと蜜月が生んだ、アークネッツの絶品別注。 BENSON SHOES ベンソン・シューズの発砲ソールで休日カジュアルも気分上々! スコッチグレインのネイキッドソール。 ジュリアンブーツって実際どうなの? THE LAKOTA HOUSE OSAKA 超希少バーボンコードバンの贅沢ベルトが限定発売! ダコタのレザーショルダーが最適解。 これからは背負うサイフで休日もスマートスタイル。 Uncut Boundで上品に男らしく、“春レザー”はじめます。 PHERROW’S 今季フェローズが心地いい風を運ぶ。 春の装いを格上げする市松のアクセサリー。 軽やかな春コーデのアクセントに。重厚感のあるLFCのターコイズ。 特別企画 NEWS DELIVERY SPECIAL GERMAN TRAINER 潔いジャーマントレーナーを最高のコスパで。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.012_ワークシャツ 無礼講酒場。 THE VISUAL PERFORMER Vol.158_フラワーデザイナー、三嶋善喬 2020 NEW DIG 2nd Watch Style Vol.022_プレザージュ[セイコー] そのひと手間で、いい男! 2nd STAFFの購buy記録。 2nd Staff GONのivyな日記。 #2nd読者と繋がりたい。
  • 2nd(セカンド) 2020年4月号
    上品な形のヨーロッパ製や、上質な素材・丁寧な縫製が魅力の日本製も魅力的だけど、昔から変わらずに惹かれるのは、なんてったってアメリカ製! 【第1特集】は業界人たちと様々な視点からMade in U.S.A.について深堀りする企画。思い出のUS製アイテムやいま買えるアイテムカタログ、更には編集部の体当たり企画「先輩、俺をU.S.A.にしてください!」など楽しい企画も目白押し。理解が深まれば、アメリカ愛がより深まること間違いナシ! 【第2特集】これから来るであろうメガネトレンドを先取り! リムレスで自分史上一番クラシックになろう。注目の最新リムレスメガネのディテール解説に、スタイリングからスナップまで2ndらしいマニアックな内容でお届け。 ※紙版掲載の記事「2年ぶりに「ピース・リトルシガー」が帰ってきた。」については掲載しておりません。 表紙 NEWS DELIVERY 目次 第一特集 やっぱりメイド・イン・U.S.A.が好きっ! 俺のメイド・イン・U.S.A.! サーティーファイブサマーズの原点であり目指す先。アメリカにしかない“NAVY”を求めて。 アメリカの生活を支えた道具としてのカバンに魅せられて。 いつもそばにアメリカ製プロダクツを。a week in U.S.Products Made in U.S.A.カタログ これまでも、これからも。ビームスはずっとアメリカ。 「先輩! ボクをU.S.A.にしてください!」 いつの時代もアメリカがファッション業界を廻す。職種別! Made in U.S.A.論。 日本でいちばんアメリカに近い店。 日本未発売のUSプロダクツを探せ! 印象を変える10の着こなし。01 Cape Heights 印象を変える10の着こなし。02 North by Northeast フェローズがこの春をBREEZEする。 英国の本格レザーなのにラフに着られる、ジェームスグロース。 革靴の聖地ノーザンプトン発、タスティングの上質なレザートート。 第二特集 wear a rimless トラッドメガネの次なる一手は“リムレス”。 フィッシュ&チップスのリムレスメガネで自分史上、最もクラシック。 リムレスの洒落者SNAP。 こだわりが細部に宿る意匠を見よ。 いま話題の白馬で北欧テイストの宿に泊まろう! 新人編集者パピーの『 革靴考。』 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.011_オーバーオール 無礼講酒場。 THE VISUAL PERFORMER Vol.157_グラフィックアーティスト/MIHO MURAKAMI 2020 NEW DIG 2nd Watch Style Vol. 021_Gショック[カシオ] そのひと手間で、いい男! 2nd STAFFの購buy記録。 2nd Staff GONのivyな日記。 #2nd読者と繋がりたい。
  • 2nd(セカンド) 2020年3月号
    新年を迎え、引っ越しシーズンの到来! どんな部屋に住みたいか漠然と頭の中にはあるけれど、具体的に答えはない……。【第一特集】は、そんなあなたに送るインテリア特集。お部屋についてお悩みの方や模様替えを検討中の方へのヒントが多数掲載。自分の好きなことを満喫するための家を、わがままなほど形にした業界人達のお部屋SNAPやこだわりポイントをご紹介いたします。さらにインテリアを彩る、珍しいグリーンや雑貨が買えるお店も必見。【第二特集】は台湾特集。食やファッション、カルチャーなど、ガイドブックには載っていないマニアックなスポットばかりで、台湾ファンも大満足の濃い内容になっています。【第三特集】は、気付かないうちにあなたも与えていたかもしれない“あかん”印象について、人気女性ライターが切り込みます。 表紙 NEWS DELIVERY Special Collaboration VANS×2nd 黒のコードバン ローファー作りました! 目次 第一特集 ワガママなほど自分らしい家。 ビームス/プレス 安武俊宏さん インテリアスタイリスト 遠藤慎也さん GMT/代表取締役 横瀬秀明さん ラックスエステート/代表取締役 小川頌平さん フォトグラファー 原田教正さん 業界人が愛用しているデザイナーズ家具カタログ。 スノウショベリング中村さんの山小屋へ!憧れのオフグリッド的生活。 スタジオマネージャー SHINPEIさん SOLSO/取締役、グリーンプロデューサー 増田晃さん 塊根でも多肉でもないネクストブレイクなGREENを探せ! 点描画家 バナナヤマモトさん 雑貨散歩DX。 BasShuがあればボクらの暮らしはこんなに豊かだ。 第二特集 俺だって台湾! 特別企画 セカンド君が自分を磨く日。 第三特集 俺たち、“あかん男”かもしれない。 新人編集者パピーの『本考。』 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.010_アイスランドニット 無礼講酒場。 THE VISUAL PERFORMER Vol.156_グラフィックデザイナー、写真家/江森丈晃 2020 NEW DIG 2nd Watch Style Vol.020_ヘリテージウォッチ [ロンジン] そのひと手間で、いい男! 2nd STAFFの購buy記録。 2nd Staff GONのivyな日記。 #2nd読者と繋がりたい。
  • 2nd(セカンド) 2020年2月号
    古着人気はまだまだ終わる気配がない。それどころか、どうやらヨーロッパヴィンテージとやらがいま新たに注目を浴びているらしい。冒頭では、そんなヨーロッパヴィンテージのいろはを、ショップ紹介、スタイリング、定番カタログなど、様々な角度からご紹介。なぜいまヨーロッパものがおもしろいのか、これを読めば分かるはず。また、古着フリークな大先輩たちに、心ゆくまで対談してもらう「古着話し」は読み応え抜群の内容。他にも、古着をいままた新しく着こなすためのスタイリングの提案や、過去一番の取材数ではないかと疑うほどのお店取材など。古着となると顔色が変わるセカンド編集部が、全力でつくりあげた古着特集だ。 表紙 NEWS DELIVERY G.H.バスがついに日本初の直営店をオープン! 目次 総力特集 いくつになっても古着がやめられない! LOVE VINTAGE FOREVER! いまユーロヴィンテージが洒落者を惹きつける理由。 ブルーム&ブランチに教わる着こなし術。 古着ユーチューバー行きつけのユーロヴィンテージが買える店。 押さえておきたい名作カタログ。 最近、古着買った? 「正直ナイショにしたいけど……」 業界人が気になっている地方の優良店。 Discover Vintage いままた、ヴィンテージを楽しむ10のアイテム。 古着話し。 真剣ユーチューバーしゃべり場。 Discover Vintage いままた、ヴィンテージを楽しむ10のアイテム。 東西 業界人が頼りにする店。 実店舗を持たない新しい古着店のカタチ。 2019年のニューショップをチェックせよ! 歴史と品質に裏付けされた、ポールワーズの最高峰品質。 男らしい色気を放つ 靴好きも唸るジュリアンブーツ。 特別企画 Good life with Emergency goods! エマージェンシーグッズがあればボクらの日々はこんなにスマートだ。 バリエーション豊富なチュプのソックスで冬の足下をカジュアルに彩る。 2ndフリマSNAP [新連載]ミウラシュランの無礼講酒場。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.009_バッファローチェック 週末雑貨散歩。 THE VISUAL PERFORMER Vol.155画家、イラストレーター/西脇一弘 2020 NEW DIG 2nd Watch Style Vol.019_ミリタリーウォッチ[ハミルトン] そのひと手間で、いい男! 2nd STAFFの購buy記録。 2nd Staff GONのivyな日記。 #2nd読者と繋がりたい。
  • 2nd(セカンド) 2020年1月号
    「あなたの今年のベストバイは?」。ただひたすらにその質問を投げかけ、返ってきた答えは、靴下から高級車まで。ありとあらゆるアイテムが登場しました。これまで培った知識とモノを見る目、そして常にアンテナを張っている業界人は、僕らが知らない“イイモノ”をたくさん知っていた! この一冊を持って、年末、そして2020年もあなたにとって素敵なショッピングライフとなりますように! 表紙 NEWS DELIVERY 目次 特集 洒落者100人の今年買ったもの、これから欲しいもの。 40代は買い物に貪欲なお年頃。 サンカッケー尾崎雄飛の英米“買い倒れツアー”収穫報告。 30代が人生の転換期に欲しいもの。 hirockの最新ガジェット・ベストバイ20。 ウエストオーバーオールズ大貫達正の英米“買い倒れツアー”収穫報告。 50代はもっとアクティブに人生を謳歌したい! D&DEPARTMENT ナガオカケンメイが考える“現代の民芸とは?” 20代は好奇心旺盛な物欲世代。 One Vintage,One Style. お洒落夫婦&カップルに訊いた 2人で選んだ、買ったもの欲しいもの。 ARKnets別注のSTYLE SAMPLE 山でも!海でも!街でも!ワンマインのシャツは、使い勝手抜群。 NYUZELESS × Uncut Bound キレイ目に着る最良の冬アウター。 SMART CLOTHING STORE スマクロが提案する、冬のフェローズ。 MISの3WAYバッグはオンもオフもタフに使える。 自分へのご褒美に一生モノの市松を。 グレン・クライドの肉厚ソックスで足下に重厚感を。 第2特集 NEW DIG SPECIAL INSPIRATION FROM FURUGI Vol.008_ワークブーツ 週末雑貨散歩。 THE VISUAL PERFORMER Vol.154_ガラス作家/髙橋漠 2nd Watch Style Vol.018_チタンウォッチ[シチズン] ちょっとどーなのお洒落メンズ。 2nd STAFFの購buy記録。 2nd Staff GONのivy日記。 #2nd読者と繋がりたい。
  • 2nd(セカンド) 2019年12月号
    英国王室御用達であり、アメトラの永久定番である、「バブアー」が今年創業125周年を迎えた。イングランド北西部の港町で水夫や漁師たちの防水服として誕生したワックスドジャケットは、近年、“バブアー女子”などのキーワードでSNSを賑わせるなど、幅広い層から愛される国民的ブランドへと成長。本誌では、ファッション業界人の愛用品や旬な着こなしをじっくり紹介。そして本拠地である英国サウスシールズの取材も敢行! いまも丁寧に作られるバブアーをその目で見てきました。さらに本邦初公開の本社に眠るヴィンテージピースはマニア垂涎です。定番から新作、コラボまで、今季のアイテムも網羅した、完全保存版の一冊が完成しました! 表紙 NEWS DELIVERY 目次 特集 Barbour 125th Anniversary Special Issue. いつもそばにバブアーがあった。 アニバーサリーを記念したスペシャルモデル。 これが私のバブアー。 クラシックにもカジュアルにも振れる やっぱりバブアーは偉大だ! FACTORY 創業の地、英国サウスシールズへ。 HISTORY 125年の歴史を振り返る。 ARCHIVE GARMENTS 本社に眠る、歴史的アーカイブピース。 The Country Gent カントリージェントルマンは本当にいる。 LONDON SNAP 本場ロンドンの洒落者。 Hello! Mr.Slowboy いま最も注目のイラストレーター、“ミスター・スローボーイ”に会いに行く。 BARBOUR WHITE LABEL 「ホワイトレーベル」の旬な着こなし。 weekend barbour バブアーのある休日。 バブアー女子はお好きですか? Masterpiece of Barbour 絶対的名作5モデル。 今季も充実の、コラボ&別注。 やっぱり直営は格別だ! ショップスタッフ直伝! バブアーのリプルーフ術。 #2nd読者と繋がりたい。 PHERROW’S この秋冬は英国風味がちょうどいい。 屈指の技術でつくりあげるgoldの上質アウター。 Uncut Bound 英国発ライダースでレザーもトラッド! 秋の足下はウォルシュのスポーツスニーカーで軽快にハズす! SUN HOUSE HINOYA70周年記念の別注コーデ。 この秋着るならスタンダードなソリアのニット。 KOJIMA これからの新定番な革靴見つけました。 バスクインザサンでこの秋キブンなトップスを見つける。 第2特集 秋の色気ブーツカタログ。 靴好きの聖地的セレクトショップ トレーディングポストが35周年。 タラゴのスニーカーペイントで世界にひとつだけの靴を。 革靴に合わせるソックスは一生履ける“ライフロング”に決まり。 for BESS カントリーログ 広い土間のある洒落者の暮らし。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.007_ジレ 週末雑貨散歩。 THE VISUAL PERFORMER Vol.153_アーティスト/デュグダギ 2019 NEW DIG 2nd Watch Style Vol.017_スポーツウォッチ[ セイコー] ちょっとどーなのお洒落メンズ。 2nd STAFFの購buy記録。
  • 2nd(セカンド) 2019年11月号
    何事も機能的であるに越したことはない。たとえそれがオーバースペックでも語れるものならかっこいい!ミリタリーはハンティング、日常とはかけ離れた多数のディティールが僕らを魅了させ続けている。【第一特集】ではそんな語れるアイテムたちをより“アーバン”にアップデートさせたモノたちを、「2nd」のフィルターを通してAからZのトピックにわけて紹介するボリューム満載の内容。【第二特集】では、昨年創業200周年を迎えたアメリカントラディショナルの老舗、ブルックスブラザーズの日本上陸40周年を記念した特集!伝統×革新がテーマのランウェイショーでは文字通り今までにないコレクションとなっている。日本限定の記念アイテムもファンは必見! 表紙 NEWS DELIVERY 第3回 “2ndフリマ”またやります。 目次 特集 アーバンヘビーデューティ AtoZ/All in one そろそろツナギも普段使い。 Backpack&Boots ヘビーデューティな小物使いのSTYLE SAMPLE。 Coveralls フレンチワークジャケットを作り続けるファクトリーブランド。 Check shirts チェックのフランネルシャツは僕らの定番だ。 Denim work style デニムでワークなSTYLE SAMPLE。 Deadstock ポストオーバーオールズが初期のアーカイブを放出。 Extreme テックウエアの最先端。 Fleece この秋、フリースは大豊作。 Garage brand ギアにこだわる人のためのガレージブランド16選。 Heavy duty Ivy ヘビーデューティだってアイビー。 I think.... 私のヘビーデューティとは……。 Japanese traditional workwear ニッポンのヘビーデューティ。/Leopard 実はミリタリー背景のあるレオパード柄。 Moccasin shoes モカ縫いじゃなければ、足元が決まらない! New release ビッグブランドの新作を、いち早くチェック! Overalls & traditional outer オーバーオールにはクラシックなアウターを。 PCS UKミリタリー独自のレイヤードシステム。 Portland ポートランドにあるアウトドアショップ。 Pocket ポケットの数だけヘビーデューティになる。 Q&A 大御所に聞く「あなたとってのヘビーデューティーとは?」 Recreation ミリタリーキャンプのススメ。 Sixty forty “ロクヨンクロス”のモアバリエーション。 Technical 機能が生活を豊かにすることを体現する店。 Uniform シンプルで機能的な世界の制服がデイリー! Vintage ハンティング&フィッシングに見るユーティリティウエアの可能性。 Waterproof 雨に強い定番。 X Collaboration HDなスタイリストが反応した、「×」で生まれる化学反応。/Yvon Chouinard シュイナードが手にしたはじめてのラグビーシャツ。/Zakki 雑な編集後記。 カンタベリーのラグビーシャツで秋の休日スタイルがもっと楽しくなる。 ジムマスターのワークウエアでカジュアル&クリーンに魅せる。 ダコタ ブラックレーベルのカバンはヴィンテージ好きのマストアイテム。 MASTER-PIECE 25th Anniversary Model 老舗ワークウエアブランドの新作は、“型バリ”豊富な安定パンツ! Uncut Bound この秋こそ、セットアップをカジュアルに着たい。 セカンド男子、ある秋の休日。 with Suger Cane 第2特集 ブルックスブラザーズ日本上陸40周年。 PHERROW’S ヘビーデューティなこの秋のフェローズ。 ターコイズが奏でる青の旋律。 Wonder Device Gang BESSの新発想、ワンダーデバイス ギャング登場。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.006_ブーツカット 週末雑貨散歩。 新人編集者パピーの『アプリ考。』 THE VISUAL PERFORMER Vol.152_写真家/吉田亮人 2019 NEW DIG ステイタスじゃない腕時計の選び方。2nd Watch Style ちょっとどーなのお洒落メンズ。 2nd STAFFの購buy記録。 2nd Staff GONのivy日記。 #2nd読者と繋がりたい。
  • 2nd(セカンド) 2019年10月号
    自然豊かなポートランドには、いまでは貴重となった旧きよき老舗、そしてその精神を受け継ぐ若手アーティストがいる。【巻頭特集】では、新旧が心地よく混ざり合うポートランドの手仕事をイラストレーター花井祐介さんと探る。【第一特集】は、カジュアルアップのススメ。ドレッシーなスタイルをいかに着崩すか(=ドレスダウン)ではなく、カジュアルなコーディネイトをいかに品良く着こなすか(=カジュアルアップ)の方がボクらの性分に合っている。カジュアルアップにふさわしいブランド7つをご紹介。メガネにスポットを当てた【第二特集】では、斬新な切り口でメガネをピックアップ。いろんな新発見がありそうな最新号、要チェック! 表紙 NEWS DELIVERY 目次 巻頭特集 花井祐介とポートランドへ行く! 花井さんとペンドルトン工場ツアー。 パタゴニアも認めた、ダナーのクラフツマンシップ。 ここには僕らが思い描いたアメリカが詰まっている。 イケてる! お宅訪問。 ネイサンのアトリエに行った。 ポートランドで生まれた、新しいものづくりのカタチ。 特集 Let’s Get Casual Up. カジュアルアップのススメ。 J.PRESS ORIGINALS CIOTA AUBERGE Noah Steven Alan LE NEAT デニムLOVERの欲望を満たすリーバイスの旗艦店がリニューアル! 第3回“2ndフリマ”またやります! 第2特集 味わうメガネ。 新しいメガネと出逢えるあの店のスタッフ。 編集部パピーの悩み「メガネが落ちる……」 G.B.ガファスで一発解決! 細かすぎて伝わらない職人ワザ。 この夏、ボクは調光レンズに出逢いました。 NATIVE SONS デザインと品質が高次元で融合する。 「2nd」が選ぶこれからのベーシックブランド。 パリミキの「ディグナハウス」はクラシック好きのユートピア。 PHERROW’S フェローズの秋がはじまる。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.005_マドラスチェック 週末雑貨散歩。 新人編集者パピーの『ノート考。』 THE VISUAL PERFORMER Vol.151_竹村良訓/陶芸家 2019 NEW DIG 2nd Watch Style Vol.015_リミテッドウォッチ[ロンジン] ちょっとどーなのお洒落メンズ。 2nd STAFFの購buy記録。 #2nd読者と繋がりたい。 [新連載]2nd Staff GONのivy日記。
  • 2nd(セカンド) 2019年9月号
    この夏、なにをどう着るか。それは、ヨーロッパの洒落者に学ぶのが一番の近道だ。【巻頭特集】では、今夏も抜かりない彼らのファッションについて、国内業界人たちがわかりやすく解説。コーディネイトの参考にすべし。【第一特集】では、プリントTシャツに限定し、新品や古着はもちろん、業界人の私物Tシャツ自慢も掲載。単なる服の領域を超えた(?)Tシャツの可能性に興味津々!【第二特集】は、夏の手元に欠かせない時計特集。いま手に入れたいアンティークウォッチはどれ?個性あふれる8つのセレクトショップに聞いた。【特別企画】の南インドカレー特集も含め、夏のコンテンツ目白押しな今月号のセカンドからも目が離せない! 表紙 NEWS DELIVERY ブリーフィング×2nd コラボキーホルダー 目次 [ 巻頭特集 ] SUMMER STYLE SAMPLE ヨーロッパの洒落者はこの夏も抜かりなし。 カジュアル派もホントは興味津々。“ちょい”ドレスのススメ。 ピッティ・ウオモで学んだ最旬キーワード。 Tシャツ自慢。 イケてる! プリントT放談。 センスのいいユーズドT。 ワシントン州の4大マウンテンガイドTシャツが集結。 Tシャツから読み解くあの頃のカルチャー。 Uncut Bound 真夏だって、ヴィンテージ感を涼しく着たい。 知ったら驚く、欲しくなる。英国靴、NPSを知っているか。 [ 第二特集 ] アンティークウォッチの狙い目は、セレクトショップにきこう。 アンティーク時計素人の編集部パピーがスイートロードで一生モノを買う!? 次に狙うは、ヴィンテージデジタル。 世界も注目!機械式時計のニューカマー mirco Under ¥10,000! 夏のハズしにCHEAP WATCH 夏のおめかし&カジュアルヘア最前線。 [ 特別企画 ] はじめまして、南インドカレー。 INSPIRATION FROM FURUGI Vol.004_ボーダーTシャツ 週末雑貨散歩。 新人編集者パピーの『サイフ考。』 THE VISUAL PERFORMER Vol.150_真造圭伍/漫画家 2019 NEW DIG ステイタスじゃない腕時計の選び方。2nd Watch Style ちょっとどーなのお洒落メンズ。 2nd STAFFの購buy記録。 [新連載] #2nd読者と繋がりたい。
  • 2nd 2019年8月号 Vol.149
    509円(税込)
    第一特集は【いま乗りたいのは“ヤングタイマー”なクルマ!】。ボクらが子供の頃、つまりは15年~30年ほど前、街を走っていたクルマ。ヴィンテージカーほど渋くもなく、現行車ほど洗練されてもいない。手間もかかるし、明らかに時代遅れだけど、なぜかいま猛烈に輝いて見える。そんな“ヤングタイマー”なクルマを、スナップを中心として、とにかく盛りだくさんの内容でお届けする。そのほか第二特集【この夏いちばんのシルバーアクセ。】や特別企画【ショーツ!ショーツ!ショーツ!】など、いつもどおりのファッション企画も健在。この夏のコーディネイトをより華やかにしてくれるアイテム探しのヒントになること間違いなし。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2019年7月号 Vol.148
    509円(税込)
    第一特集は【服バカの欲望を満たす店】。イイ歳になっても、ボクらの服に対する欲望はとどまることを知らない。そんな“服バカ”にぜひ訪れてほしい全国のショップをご紹介。つい財布の紐が緩んでしまうので、ご注意を。第二特集は【あの頼れるショップなら、この夏がもっと“サマー”になる】。夏の全身コーディネイトを、本誌おなじみのあのショップで揃えた。それぞれの個性が光るスタイルサンプルが目白押しだ! また、特別企画の【涼パンツ、はじめました】では、パンツに絞ってこれからのシーズンにマッチするアイテムをピックアップ。この一冊で、行きたいお店から、欲しいアイテムまで、この夏をよりエンジョイできること間違いなし! ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2019年6月号 Vol.147
    509円(税込)
    第一特集は【大人のスポーツミックスはいたってローテク。】世間はアウトドアブーム真っ只中。難しい機能素材が当たり前のようにファッションアイテムに使われている。しかしボクらは、やっぱりコットンの柔らかさに安心するし、オーセンティックなアイテムが手放せない。この春も、そんなローテクなスポーツミックスを楽しみたいあなたに、おすすめのアイテムやスタイリングをご紹介。セレクトショップに聞いた、気になるスポーツ小物からも目が離せない。第二特集は【さぁ、今日からスマート家電と暮らそう。】結局のところあまり分かっていないスマート家電をご紹介。これが当たり前になる未来はすぐそこまで来ている。乗り遅れ厳禁だ。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2019年5月号 Vol.146
    509円(税込)
    40代、30代に捧ぐ「靴とカバン」特集。 アラフォーパパは、子供の手を引いたり荷物を持ったりと、常に手を空けておきたいから、バックパックなどの「手ぶらバッグ」が気になる。 さらに、定番好きとして「スウェードタッセル」を狙う。 対して30代はトレンドに敏感。 インパクト大の「でかバッグ」や、色を効かせた「カラースウェード」が気になる。 そんな、お洒落することをやめられないそれぞれの世代に向けて、大人の正しい靴とカバンの選び方を盛りだくさんの内容でお届け。 第二特集は「トーキョー7つの不思議スポット」と題して、一風変わったコンセプトのお店をご紹介。 いつもより刺激的な東京の遊び方を教えます! ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2019年4月号 Vol.145
    509円(税込)
    他人の買ったもの、それも上質なプロダクトを知り尽くしたファッション業界人たちが選んだものとあれば、きっとびっくりするほどいいものに違いない。 物欲のままに、業界人たちが思わず個人買いしたいまのお宝を、洋服のみならず、文房具、雑貨、本など、ジャンルレスにご紹介。 きっとあなたの物欲も刺激されること間違いナシ! 第2特集は「MEGANE to HIGE」。 数多くのファッショニスタを取材してきた本誌だからこそ気づいたお洒落な人の共通点は「あまりに多くの人がメガネでヒゲだったこと」。 そんなふたつのアクセサリーについて、カタログやスナップを通して大解剖。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2019年3月号 Vol.144
    509円(税込)
    どんどん増えていく服、シューズ、植物などを 限られたスペースの中でうまく整理するのは至難の業だけど、 ファッションのプロたちは、”あえて見せる”スマートな収納術を知っている。 今回は、そんな彼らのテクニックがたっぷりと詰まった家の中を見せてもらった。 また、いますぐ手に入れたいアイテムが揃う雑貨屋や、 家の表情をガラッと変えてくれる素敵なラグやウォールクロックなど、 暮らしをより豊かにするアイテムも数多くご紹介。 これ一冊で、家時間がもっと快適なものになること間違いなし! ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2019年2月号 Vol.143
    509円(税込)
    遅れてやってきた冬もついに本番。 この季節を待ってましたとばかりに、セレクトショップの店頭にはアウターからニットまでいますぐ着たい優秀アイテムが充実スタンバイ。 一歩足を踏み入れれば欲しいものばかり、さらには店主の軽妙なトークも相まって、物欲を掻き立てられる魅力的なショップをご紹介。 古着店もまたにかけた、買い物ツアーのスタートだ。 第2特集は、「ハロー!アムステルダム」。 家具や雑貨、アートにデニム。 ダッチ(=オランダ)デザインを象徴するプロダクトって実は僕らがずっと好きなもので溢れている。 そんな刺激的で楽しいオランダに潜入。 なかでも興味津々な、首都・アムステルダムの気になる最新トピックスをご紹介。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2019年1月号 Vol.142
    509円(税込)
    西のフィルソン、東のエル・エル・ビーン。 アメリカを代表するふたつのアウトドアブランドは、マッキノークルーザーコートとビーン・ブーツ、 奇しくも同時期にこれからの歴史的成功を決定づける画期的なプロダクトを考案する。 すぐさま自国のアウトドアフィールドを制し、海を渡ってボクらのワードローブをも占領しました。 本特集では、そんな2大ブランドの米国本社に潜入!  いまなおMADE IN U.S.A.にこだわるアメリカ工場での製作風景から、 フラッグシップショップまで、現地の空気感そのままにご紹介。 また愛用者の思い出いっぱいの偏愛ストーリーから、セレクトショップスタッフの着こなしスタイル。 もちろん名品、新作プロダクトもたっぷりご紹介!  ボクらの休日スタイルになくてはならないビッグネームの魅力を総力特集。 また、第2特集は「男を上げる逸品教えます」。 アンティークウォッチに万年筆、アクセサリーなど、手軽に男を上げてくれる逸品を編集部が厳選してピックアップ。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年12月号 Vol.141
    509円(税込)
    履き込むほどに刻まれるアッパーのシワ、予期せずつく傷や擦れ。毎週末のお手入れが生んだ光沢。ともに過ごした時間の分だけ見せてくれる深い味わいを、愛でられるのは革靴好きの証拠。ファッション業界に身を置く先輩と後輩に、お互いの革靴に関する趣味嗜好や思い出話に花を咲かせてもらいました。さらに、とびきり自慢の1足を見せてもらったり、エイジングの美しい愛用靴を披露いただきます。また、今秋履くべき革靴のトレンドからトピックスもしっかり網羅。早速今日から断然革靴派になっちゃうこと間違いなし! 第2特集は、「わざわざ行きたいショップス」。足を伸ばしてでも行きたい場所があれば会社の帰り道や、週末の選択肢が増えてもっと充実した毎日になるはず。編集部が知っている、とっておきのお店をお教えします。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年11月号 Vol.140
    509円(税込)
    ファッション熱高まるシーズンの到来に合わせて、 いままた注目を集めているのがアイビースタイルです。 それはハーバード大やイェール大といった、 アメリカの名門私立8大学のスタイルをファッションとして捉えたもので、 スクールカラーを中心とした多彩な色使いと、アイコンとなる 代表的アイテムを使ったポップでありながらも上品な着こなしがポイント。 アイビーブームを先取りする人気セレクトショップのインタビューや、 アイビーファッションを楽しむためのテクニックや基礎知識、 いま着たいアイビーアイテムのコーディネイトテクニックまで、 今年ならではのアイビースタイルを提案します。 第2特集は、最新のゴルフウエアをピックアップ。 スコアだけでなくファッションにも手を抜かないゴルファーのための、 今季到着した旬なウエアをご紹介します。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年10月号 Vol.139
    509円(税込)
    第1特集では、トラッド好きなファッション業界人の「自慢の愛用品」をお届け。その品を手にしたきっかけや使い続けたからこそ見出した魅力など、アイテムに込められた愛情たっぷりのストーリーとともにプロダクトの話を教えてもらいました。 第2特集は、トレンドは移り変わっても、常にトラディショナルさを保ち続けてきたクラシックデザインのメガネにフィーチャー。アメリカントラッドやアイビー熱再燃の兆しで、よりクラシックなデザインに注目されている機会だからこそ、アイコニックな著名人や年表をアイテムとあわせてご紹介します。またいま注目のジャパンブランドも徹底解説します。 小特集の「チェックシャツが欲しくなる!」では、パターン柄の歴史や特徴を紐解きながらチェックシャツをボリューム満点でご紹介。また「週末雑貨散歩」では、ロープライスでもセレクトの光る6つのショップをピックアップし、休日気軽に出掛けられる雑貨店をリコメンドします。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年9月号 Vol.138
    509円(税込)
    第1特集、「いまどきトラッドの作り方」では、 ファッション業界人にトラッドのアイコンとなる アイテムについて教えてもらったり、お手本となるコーディネイトをご紹介。 知っているだけでちょっとした自慢になる知識が満載です。 第2特集は、「おうちリゾート」。 実際に行くのは大変なので、家の内装を変えちゃいましょう! バカンス気分になれること間違いなしなインテリアを集めた他、 お望みのテイストの品が買えちゃうショップにもご案内します。 第3特集は、いつものファッションにプラスすることで より個性を持たせられる「アクセサリー」。 チャレンジするなら、レイヤードが少なくなる夏がチャンスです。 主役級からさりげないものまで、多彩なラインナップで紹介します。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年8月号 Vol.137
    509円(税込)
    今回の第1特集は、オールデン。アメリカントラディショナルにハズせない、その魅力を大解剖します。オールデンの歴史から、ラストや製法の解説、名作モデルの紹介といった、教科書的な使い方のできるページが満載。また、日本の輸入総代理店であるラコタハウス 青山店や、コードバンの磨き方講座、マニアックな別注も多数お見せします。さらに「2nd」ならではの人脈でお届けする、業界人のオールデンコレクションもお届け。その愛をたっぷり語っていただきました。 トラッドにゆかりある6人のキーパーソンに「アナタにとってトラッドなお店を教えてください」と案内してもらった他、初夏ならではなトラッドで軽快な装いや、アメリカンな暮らしをご紹介。 さらに、トラッドスタイルを作り上げる必修ブランドも収録。 オールデンのみならず“トラッド”を愛する人々へおくる1冊です。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年7月号 Vol.136
    509円(税込)
    手軽に品よく見せるなら、 夏こそ、革靴。 暑さゆえ、ラフな着こなしに逃げがちなサマーシーズンの到来ですが、 大人としての威厳をもってスマートに夏を乗り越えたいところでもあります。 とはいえ、我慢なんてしたくもありません。 だとしたら答えはひとつ、革靴を履けばいいんです。 革靴が本来もつトラディショナルな品格は、 履くだけでいつもの着こなしを、手軽にドレスアップしてくれます。 ローファーやデッキシューズなど夏らしさあふれるアイテム、 革でつくられた高級サンダルなど、 夏に負けない大人スタイルのための魅力的な革靴をご提案します! また、小特集は、アウトドアバッグの名作「グレゴリー」をフィーチャー。 ここ数年で新顔も増え、ラインナップ豊かになったグレゴリーのコレクションから いま人気の新定番モデルをピックアップしてご紹介します。
  • 2nd 2018年6月号 Vol.135
    509円(税込)
    毎日飽きることなく服だけを見続けてきた、目の肥えた編集部員が、 本当に欲しいものを求めて、街から街へと“欲しいもの探し”を敢行してきました。 こだわり店主が見つけた逸品や、店の隅で眠っていた掘り出しもの。 オンラインストアでは手に入らない店舗限定アイテムまで、 実際に歩いたからこそ出会えた、心揺さぶる逸品を徹底リコメンドします。 さらに浜松に誕生したカルチャー発信ビルや、 高感度ショップひしめく博多エリアへも足を伸ばし注目ショップを徹底紹介。 昨今話題のダッドコアなるスタイルもピックアップし、あなたの物欲を刺激します。 また、休日服を上品に格上げしてくれる フレンチアイテムをミックスしたファッションスタイルを提案。 いつもとはひとあじ違う大人のカジュアルの作り方を指南いたします。
  • 2nd 2018年5月号 Vol.134
    509円(税込)
    お洒落なアノ人は足下にも抜かりないとは、いつも思っていましたが、さてさて、いったいどんな靴を持っている? そんな素朴なギモンがわいて、「貴方の下駄箱みせていただけますか?」と、直球で聞いていました。すると誰もが憧れる王道から、レアもの、思い入れの高い一足など、やはり洒落者の靴は興味津々のラインナップに他なりませんでした。 さらに、この春即戦力間違いナシのスニーカーと革靴を編集部&弊誌お馴染みのスタイリストが語り尽くします。他にも今春にあえて推しのブーツや、人気セレクトショップの個性爆発最新ラインナップなども収録し、革靴とスニーカーがついほしくなってしまう特集が仕上がりました。 第2特集は春ゴルフにぴったりなゴルフウエアを。今年のトレンドもわかる選りすぐりのブランドの新作を紹介します。 さらに今回は特別付録「京都の2nd」がついてきます! 「2nd」読者こそが、週末に足を伸ばしたくなる京都のとっておきをご案内します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年4月号 Vol.133
    509円(税込)
    どうしてこんなにもパタゴニアが好きなんだろう? 独特の配色や憧れの人がカッコよく着ていたからとか、はたまた企業姿勢であったり、理由はそれぞれあるけれど、ファションリーダーにもパタゴニア愛用者は多いのです。そこで多くの業界人にスナップで愛用アイテムを披露していただき、お気に入りの理由を語っていただきました。 他にも「パタゴニア サーフ千葉/アウトレット」がオープンしてから千葉・一宮がカリフォルニア化しているという噂を聞きつけ、実態を大調査! パタゴニアを語るために押さえておきたいシンチラ・フリースの知識や、パタロハの変遷など、パタゴニアの製品のリペア、リユースを行うアメリカ・リノの工場にも潜入しました。今季のパタゴニアがわかるカタログも収録していて、買いたいアイテムもチェックできます! 第2特集は、規格住宅。家具やインテリアまでを考えられており、理想的な暮らしと、コスト面の優秀さが共存する。カッコよくて住みやすい、そんな欲張りを受け止めてくれる家をご紹介します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年3月号 Vol.132
    509円(税込)
    ヘビーデューティとして語られるウエアには、街中で着るにはオーバースペックだとしても、はたまた自分がアウトドアマンじゃなくても、そのホンモノのクオリティに感じ入ってしまうもの。 今月号の「2nd」は、街でも活躍する、ヘビーデューティファッションをボリュームたっぷりでお届けする。 ファッション業界人にエピソードを交えて名品について語ってもらったり、各々が想う「私のヘビーデューティ。」を教えてもらうなど、洒落者のヘビーデューティ観に迫った。 また、ヘビーデューティという言葉の本質を語る上で欠かせない本の紹介や、アイテムの変遷を追うなど、ルーツを振り返る。 さらに、セレクトにこだわりアリな、街のアウトドアマンズショップも大調査した。 第2特集は缶づめ!  いまやグルメ缶なんてジャンルも登場する密かに人気の“缶ワールド”をご堪能あれ。 さらに、今回は年始特別企画として「ファッション星占い。」も。 年初めには、つい気になってしまう今年1年の運勢を要チェックされたし。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年2月号 Vol.131
    509円(税込)
    好きなものってついつい集めちゃう…… そして「あんたもほんとスキねぇ」なんて言われてしまうのです。 好きなものを集め続けたらこうなっただけで、蒐集家というわけではない。 そんな“スキモノ”たちが惚れ込み、一途に集め続けたコレクションを大公開します! 洒落者たちのお眼鏡にかない集まったアイテムたちは圧巻で、 熱く語っていただいたその情熱は濃厚で、思わず脱帽。 さらに今回は、同じコレクションを持つ方たちの対談や、 自慢のアイテムをご披露いただいたコラムページもあり、ボリューム満点。 集めるという楽しみを思い出すような、 洒落者コレクション総力特集をご覧ください。 第2特集は、大人ディズニー。 一歩足を踏み入れれば、非日常が広がる東京ディズニーリゾート。 夢中で園内を駆け回っていたあの頃から、 いつの間にか友人、恋人、家族……大切な人と過ごす場所になっていた、夢の国。 大人になると楽しみ方が単に変わるというわけではなく、 楽しみ方がより広がるのです。 ここはいくつになっても夢心地でいられる場所なのだと再確認していただけます。 大切な人にちょっといいところを見せられる情報も満載ですよ! 2017年最後にお届けする2ndは、 楽しむということを思い出す一冊になっております。 どうぞご覧ください。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2018年1月号 Vol.130
    509円(税込)
    2017年も、そろそろ第4コーナー。総決算の季節となりました。果たして今年、皆さんはどんな服やモノを手に入れましたか? 今月号の「2nd」も今年の総決算として、業界のお洒落自慢な方々が、今年どんなものを買ったか、そしてこれから(今年頑張ったご褒美として!?)どんなものに触手が伸びているのかを大調査しました! 題して「今年買ったモノは、いまの自分。これからほしいモノは、つぎの自分。」。買ったものは自らの姿を映す鏡、それをじっくり見せていただき、しっかり語ってもらいました。しかも、世代ごとに興味関心が違うかも……と、30代から60代オーバーまで、ジェネレーションごとにページを構成。そんなナナメからの読み方もできる展開です。あの洒落者が、こんなアイテムを買っていた/こんな服がほしいんだ! なんて驚きもアリ、勉強にもなる総力特集をお楽しみください。 また第2特集は、今シーズンにわかに注目を浴びているマテリアル、コーデュロイにスポットを当て、各ブランドからリリースされた注目の服から、さり気なくお洒落にコーデュロイを取り込む着こなしサンプル、さらには、そもそもコーデュロイってどうやって作るの? といったハウツウまで盛りだくさんの内容になりました。ぜひとも冬のお洒落を、まずは貴方の目と頭で暖める自信の一冊を手に取って下さいませ。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年12月号 Vol.129
    509円(税込)
    新しいトレンドは気になるし、目新しいデザインにもハッとなる。けれど、いまや生活の一部である、愛用の服やアイテムは、流行も時代も関係なく、ただ自分にとって心地良いものですよね。今回の特集は、ないと困る服やいつも使うモノなど、言うなれば“常備服”。強い愛着やこだわりがたっぷりと詰まった常備服、業界人の方に教えていただきました。 そして第2特集は「この秋注目のカバンと革靴」。気になるダブルネームから、痒いところに手の届いた別注モノ、噂の新ブランドなど。今シーズンも、カバンと革靴は話題が盛りだくさん。最新モデルに大注目し、編集部員のレコメンを厳選して教えちゃいます。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年11月号 Vol.128
    509円(税込)
    僕らのファッションの基本と言えば、アメリカントラッドだったりするけれど、 もちろんブリティッシュメイドな服だって大好物。 しかも昨今、気負わないけれどスタイリッシュ、 そんなロンドンあたりのふだん着の着こなしがいいかな、と……。 そんな風に思いまとめました。 確かな歴史と伝統に裏打ちされた名品から、 近年、注目を集める英国発のニューブランドまで。 分け隔てなく、本当にイイものと、いま着たいものを厳選してご紹介します。 秋冬ファッションのスタートに是非ご参考にしてみてください。 そして、第2特集は「これからが、お洒落ゴルファーの季節なのだ!」と題し、 2ndでは何度目かのゴルフファッション&アイテム特集です。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年10月号 Vol.127
    509円(税込)
    今月の特集は“古着”。 ただ、ヴィンテージとは違って、比較的新しい“レギュラー古着”。 お洒落な人ほど日常に古着を活用している。 古着ならではの味やヤレ感が着こなしを上級者に見せたり、 お目当てのアイテムがリーズナブルに手に入ったりと、 イイコトづくめなのだ。 これまでに古着を取り入れたことのなかった人も、 そろそろ、オトナな古着活用をしてみませんか。 今回誌面で紹介する古着の中でも、 厳選した優良なものを「2nd WEB」で購入できる、 WEB連動企画となっている。 欲しい古着を探しながら読んでほしい。 食欲の秋、実りの秋。ということで第2特集は“フルーツ狩り”。 今度の休日、映画やテーマパークもいいけれど、 フルーツ狩りなんてどうでしょう。 編集部員がひと足先に体験した様子をお届けします。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年9月号 Vol.126
    509円(税込)
    1週間ずっとカジュアルウエアで過ごす業界人たち。彼らがふだん、どんな格好をしているのかを見てみたい。だって一度っきりのスナップならば瞬発力でこなせますが、ワードローブを組み合わせ、毎日魅せるコーデができるのは持久力でしょ? そんな人こそ、真のお洒落だと思うわけです。アイウエアを主役にしたスタイリングや、アメトラを軸に古着やストリートをミックスしたコーディネイトなど、それぞれのスタイルを持ったコーディネイトが並ぶ。 第2特集は業界人の私物Tシャツ。たくさんのTシャツに触れてきた彼らが、本当に好きなTシャツってどんなものなのか、なんだか気になる。というわけで、業界人30人に、私物Tシャツを見せてもらい、愛するその1着について語っていただいた。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年8月号 Vol.125
    509円(税込)
    春が過ぎ、夏の訪れを感じられるようになりました。 暑い日もあれば肌寒い日もあり、 一体どんな格好をすればいいの?というこの季節。 最小限のアイテムでどう組み合わせていくか、という、 実はいちばんセンスが問われる時期でもあります。 今号では、小ワザを効かせたりハズしたり、という 初夏のコーディネイトを業界人に披露していただいた。 トラッド、ショーツ、ホワイト……など、90人のテーマ別スナップと、 セレクトショップのイチ押しアイテムを使って提案してもらった コーディネイトのご紹介。 また、ファッション業界の人は、他にどんなことに関心があるんだろう……。 という疑問にお応えして(?)、第2特集では、 気になる業界人のネットサーフィン事情をこっそり覗き見。 業界人がいま気になっていること、ハマっていることなどが明らかに!? ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年7月号 Vol.124
    509円(税込)
    【特集】 カジュアルファッション 今季の話題100 いま気になるトピック100ネタ集めました。 別注アイテム、Tシャツ、ジャケット、サンダル、テニス、セレクトショップ……。 貴方をお洒落にしてくれるかもしれない「あ、いいかも!」な話題を集めてみました。 これをどうやって自分に取り入れるか、妄想しながらページを繰っていただきたい。 【第2特集】 雨の日こそ、お洒落にいきましょう。ステキな傘を手に入れる。 せっかくお気に入りの服で出かけたのに、雨……。 これから梅雨を迎えると、そんなこともあるかもしれません。 でも、雨の日がユウウツだなんてもったいない! お洒落な大人ほど、いざというときのために実はいい傘をもっているものなんです。 どうせ濡れてしまうし、と手を抜いてしまいがちな雨の日こそ、 気の利いた一本を持っていれば人と差の出る大きなチャンス。 自慢したくなる英国由来の名門から、自分だけのオーダーメイド、 強い風にも負けない折りたたみ傘まで。 雨の日に思わず出掛けたくなる、自分だけのステキな一本いかがですか? ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年6月号 Vol.123
    509円(税込)
    ふだん着お洒落達人たちの流儀。 ふだん着がお洒落な人。彼らは日々の着こなしに、バックグラウンドを持っていたりします。 今回はおさえるべき7つのスタイルをご紹介し、着こなしのヒントをマイスターたちに伝授してもらいます! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年5月号 Vol.122
    509円(税込)
    エアマックスが登場して今年で30年……だそうだ。 ただのスニーカーのくせして僕らの足下を、スタイルを、 そして処世にさえ影響を与えるこのブランドを、 この歳になって改めて見直してみようか。 まずは、この度、登場するエア マックスの新作レポートや ナイキ最大のテクノロジー「ナイキ エア」の歴史。 いまは懐かしい'90年代の「ナイキACG」のアーカイブ紹介や、 総本山のあるアメリカ・ポートランドへ出向き本社取材も敢行した。 極めつけに、現在まで続く[エア ジョーダン]シリーズを完全網羅した 特別冊子付きの超豪華版。お見逃しなく! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年4月号 Vol.121
    509円(税込)
    春はいろいろ新しくなる季節。 いや、新しくしたい季節であります。 そしてお洒落を身上とするオトコなら、 買い物ゴコロにもジワジワ火が付き始めるのがこの時季。 普段着をさらに格好よくしたいワレワレが、 まずは狙いたい/新しくしたいものといえば、 スニーカーとカバンでしょ。 オーセンティックからコラボレーション、 ベーシックからカワリダネまで、 今春もいろいろと揃ってる。 まずは脇を固めてこそコーディネイトもバシッと決まります。 そして、第2特集は「自転車」。 トレンドや一過性のものではなく、 お洒落なライフスタイルのキーアイテムとなった昨今。 強いこだわりを持って自転車と接する 魅力的なサイクルライフを追ってみた。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年3月号 Vol.120
    509円(税込)
    寒い季節こそ、重ね着や小物で ファッションを存分に楽しめるのは言わずもがな。 しかして、お洒落の達人たちは、服にしろ靴にしろ、 数多く持っているからスタイリッシュなわけではないのです。 気に入ったアイテムを厳選し、自分で築いた“方程式”で組み合わせる。 セカンドがいま気になっているウェルドレッサー15人に、 その最新の方程式=この冬のワードローブを つまびらかにしてもらいました。 1年で最も着回しが楽しいこの時期を さらに楽しむために必携な1冊です! 第2特集は「リノベーション」。 服以外にも、なにかと凝り性な「2nd」世代が こだわって作り上げた、“好きなモノと暮らす”居住空間をご紹介します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年2月号 Vol.119
    509円(税込)
    ビバ! 古着好き!! 古着ブームは時代時代でローテーションするようにやってくるけれど、 ちょっと前までは希少で高価なヴィンテージ古着が コレクターを中心に血眼になって漁られていたなんて時代でしたね。 だけどいまは“レギュラー古着”なんて言い方でリーズナブルで、 でも最近のデザインやフォルム、 色の使い方が違うからこそ面白い服を装いのエッセンスとして 手に入れるのがお洒落賢者の常識に。 いまどきの古着との付き合い方をアイテム、ショップ、 愛好家など様々な視点からご紹介します。 そして第2特集は「ヴィンテージロレックス」。 今回は、自動巻きの原点、バブルバックと随一のロングセラーモデル、 オイスターデイトにフォーカス! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2017年1月号 Vol.118
    509円(税込)
    ホリデーシーズンも目前に控えて、 冬のオカイモノ欲も高まる今日この頃。 狙っていたウエアを一本釣りなんて人も少なくないでしょうが、 これからいろいろ物色していこうという物欲ハンターも、 もちろん多いでしょ。 ところで目利きな業界の洒落者な方々は、 今年どんなアイテムをゲットしたの? そしていま狙っている服は? 他人の芝生とショッピング事情はとかく気になるモノ!? そこで、最年少は22歳の若き靴磨き職人から、 最年長は日本のメンズファッションの礎を築いた生き字引まで。 総勢100人に直接聞いてきちゃいました! 第2特集は、最近気になるハイスペックウエア、 「アウトドアブランドのミリタリーアイテムたち」。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年12月号 Vol.117
    509円(税込)
    やっぱり今季もダウンが人気になりそうだ。 いや、むやみに流行を追えばいい訳じゃないけれど、 やっぱり暖かいし便利だもの、選んでしまうよね……。 実は、いま空前のダウン戦国時代。 オーセンティックからニューカマーまで、 甲乙つけがたい有力ブランドが名を連ねる。 そこで、洗練されたスタイルあるダウンと、 ダウンの洗練した着こなしを、しっかりキャッチしようじゃないか! 人気セレクトショップの敏腕スタッフが 今季のイチ押しダウンをスナップで披露してくれたり、 ダウンだけを作り続ける専業ブランドの頑固さに感心したり、 「2nd」らしくダウンジャケットの誕生から いままでの歴史も忘れずにご紹介! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年11月号 Vol.116
    509円(税込)
    ていねいな仕事。自慢したい服。 きちんと作られた、語れるものしか着たくない。 ワガママな愛すべきお洒落フリークたちを納得させる、 服たちはこの世界に少なからず存在します。 それをこれまでは名作や逸品と表現して “言わずもがな”で済ましてきましたが、 今回は改めて真正面からそのモノに迫ってみました。 そんな名プロダクツはもちろん、 ブランドやショップから引っ張りだこの “ヒット請負人”とも言われる人気デザイナーやディレクター。 セレクトに一家言ある、こだわりのショップなど、 多方面からアツいネタを厳選紹介! それにより、いま押さえておきたいモノ、ヒト、コトが この1冊で丸わかりです! 巻頭特集では、大注目の別注・コラボアイテムも 100アイテムご紹介。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年10月号 Vol.115
    509円(税込)
    なぜこんなにも、このふたつのアウトドアブランドが大好きなのだろうか。 山での視認性を高めるために使われるド派手な発色のせいか、 はたまた極地での活動のために生み出された オーバースペック気味なテクノロジーか。 そう、すべてはアウトドアフィールドでの快適さを追求した結果生まれた 本気のスペックであることに、ボクらは魅了され続けているのだ。 技術革新によって生まれた数々の銘作アーカイブ、 そしてそこから生まれた現在の名プロダクトまで。 膨大なストーリーと資料をもとに、 この両ブランドの魅力を余すことなく味わえる総力特集。 実際、この特集を機に訪れることが許された、 それぞれのアメリカ本社レポートもお見逃しなく。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年9月号 Vol.114
    509円(税込)
    アメカジやアメトラに由来しつつも、 誰しもに好感を持たれる上品なコーディネイト。 流行をむやみに追うのではなく、 自分なりのスタイルで似合う服を知っている優越感。 まさに休日のカジュアルを楽しむための提案が“サンデートラッド”です。 そしていま一度、そのスタイルを具現的するアイテムをチェックしてみます。 そのこだわりと薀蓄をしっかりと身に着けて、 服を“着る”のではなく“着こなす”心構えを持ちたい。 「2nd」的着こなし=サンデートラッドの基本を展開するサマースクール開講です。 今回はそのテキストブックを披露します。 そして、第2特集は、ファッション業界人の間で、 いま一目置かれている「フィジカルな趣味」の現場に密着。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年8月号 Vol.113
    509円(税込)
    夏のスナップ。 ツバメ飛ぶ姿と半袖ボタンダウンが似合う季節の到来であります。 シンプルをモットーにしつつ、 自らのスタイルで夏もお洒落にウルサイ洋服馬鹿な皆さんですもの、 この夏もワードローブに抜かりなし、と存じます。 が、もうひと工夫したいんだと仰る諸兄のヒントに……、と お洒落賢者のスナップを贅沢にご披露しつつ、 さらにそこから見つけたこの夏のキーアイテムをご紹介! 〝お洒落野郎〞が、この夏にヘビーローテーションする アイテムからひも解く、毎年恒例のスナップ特集に、 ひと手間加えた自信作です! そして、小特集はこれからの時期に気になる、アクセサリー。 そして、グルーミングもお見逃しなく! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年7月号 Vol.112
    509円(税込)
    新コンセプトのお店が開店ラッシュだったり、コラボものが充実してたり、新たな提案がお店ごとに展開されていたり……。 いやはや、最近のセレクトショップの充実度は目を見張るものがあります。 だけども、もう少しじっくり選びたかったり、お店の展開が早くていいものを見逃してしまうみたいな危機感すら感じてしまう今日この頃(笑)。 服をこよなく愛する僕らとしては、お店に並ぶ数多いアイテムをむやみやたら呑みこんで“服酔い”するなんてことなく、ずっと着ていたい服やモノに出会いたい。 少しでもそんな指針になったらいいな、と大胆にもセレクトショップのアイテムの中から僕らが「いいな!」と思うものを再セレクトしてみました。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年6月号 Vol.111
    509円(税込)
    新たな出会いがあって、街を歩けばポカポカ陽気。 スタートしたそれぞれの新生活に気持ちもウキウキして、買い物欲が高まる季節。 でも選択肢は星の数……。だから「2nd」が、ちょっとだけお手伝い。 寒の戻りもなんのその、アナタの代わりに“とっておき”をたくさん集めました。 カラフルアウターを買ったなら、それに合わせるショーツも欲しくなり、 ついついバッグにも手が伸びちゃう……。いいんです!だって春だもの。 自分勝手なリミットを外して、ショッピングを満喫しましょう。 指名買いしたいような1点リコメンドから、定番チェックシャツや最旬パンツ、 気になるショップのいち押し等、全方位的に見て、欲しいものだけを紹介します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年5月号 Vol.110
    509円(税込)
    街の洋服屋を覗けば、まるで新商品=別注のごとく世の中には別注・コラボと称されるアイテムが乱造されている。 もはやそうしないと売れ線にならないからとコラボのためのコラボ、別注と名乗るためだけの別注みたいなものまで、ある。 そもそも別注商品やコラボアイテムって、「そこと組んでスゴイものを作りたい」という作り手のココロザシの結晶だったハズ。 だからこそ僕らは心躍る気持ちでそんな服やグッズを歓迎した。 いま一度、そういったエンドユーザーな気持ちで、この春から登場する別注・コラボを眺めて、それこそ「ウホッ!」と唸る別注アイテムだけを紹介しようと思う。 春の別注、買いたいものだけご紹介の巻。 ※電子版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年4月号 Vol.109
    509円(税込)
    「男服とは、ルールを着ること」と言う人もいる。 重箱の隅をつつき、答え(らしきもの)を見つけることは、 ある種の達成感を与えてくれるから。 しかし春、そんな小難しい規則を放り出し、 ファッションしたいのもオトコゴコロ。 真っ先に手を出したくなる筆頭といえば、例えばスニーカー! 何足あっても欲しくなってしまう、 優柔不断を自負する諸兄にも安心の、 キャッチーなアイテムだけを集めた 「2nd」初のスニーカー巻頭大特集です。 そして第2特集は、こちらも初の自転車特集。 昨今、急激に注目度を上げるこのトピックを、 すでに乗りこなしているファッション業界人の愛車や、 それにまつわるギアを中心にご紹介します。 ※電子版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年3月号 Vol.108
    509円(税込)
    どんな分野においても、 自分だけの定番や流儀をもっている人は魅力的でカッコいい。 多分に漏れず、ファッションもその通りで、 自らの審美眼で選んだアイテムは、スタイルを形成する上での基本であります。 では、いつも参考にしている洒落者たちのマイ・スタンダードとは? きっと、そこに新たなスタイルへのヒントが隠れているはず。 と、いつもの誌面では伺うことのできない、ちょっとプライベートな領域にお邪魔。 長年のファッション愛から見出した答え=スタンダードを紹介、 ご本人のコメントを交えて、その所以について迫ってみました。 第2特集はファッションとして楽しめる「パジャマ」。 寒い季節は室内でもお洒落に! ※電子版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年2月号 Vol.107
    509円(税込)
    「良い靴は、あなたを良い場所へ連れて行ってくれる」。 ヨーロッパにはそんなステキな言葉がある。 そして「カジュアルな格好でも靴だけは良いものを」これは「2nd」創刊以来のスタンスだ。 不思議なもので何足あっても、また欲しくなるのが革靴。 おおいに悩むのも楽しみと言えるが、少しだけお手伝いができればと、この1冊を作りました。 ボクらが気になるファッション業界人の自慢の1足を皮切りに、今年こそ狙い目なあの靴やこの靴、 この冬のトレンド、コスパのいい良心的シューズ、 知っている気になっていた革靴の製法など、とことん革靴のことだけを考えました。 これをきっかけに新年、新たな1足と歩みだせれば本望なのです。 ※電子版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2016年1月号 Vol.106
    509円(税込)
    どんなにお洒落に振る舞っても、やっぱり“アメリカもの”のクラフトマンシップや土臭さ、 さらにはトラディショナルなバックグラウンドは、ワレワレのファッション魂を揺さぶるのです。 長く使いたいと思わせる仕立てや、愛着がどうにもわいてしまう意匠。 気づくとアメリカンブランドが再び元気を取り戻していました。 いまこそ“旧くて新しい” U.S.A.アイテムに大注目! そして第2特集は「俺へのゴホウビ、集めました」。今年も1年頑張りました! と、 たまには財布のヒモを緩めて、憧れの名品や、普段は手を出せない高価な逸品など、 自分にゴホウビなんてどうだろう? 思い出に残るビッグな買い物で、2015年をしめくくりましょう! ※電子版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年12月号 Vol.105
    509円(税込)
    お洒落なウエアやアイテムを選ぶのは当然だけれど、それを着込めば、洗練されたコーデが完成になるわけではないのは、言わずもがなであります。だけれど、手持ちの素敵な服たちを、どう着こなせばいいのかは永遠のテーマなのですかね!? いやいや、やっぱり服をカッコよく見せられる“黄金の掟”というものがあるのですよ。しかも今季のトレンドに合わせたゴールデンルールが。巻頭特集では、そんな着こなしテクを惜しみなく、貴方にお教えします! そして第2特集は「いまこそアウトドアウエアが街で効く!」と題して、ファッション目線なアウトドアの嗜みを。本格的機能性のウエアに絞り、街着としてのファッションスタイルを提案します。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年11月号 Vol.104
    509円(税込)
    本格的に、秋ファッションが始動! 9月だから、ってわけでもないんですが笑、着こなしを真似したいウェルドレッサーに物欲を激しく刺激される「9つ道具」をご紹介いただきました! さらには、今季気になるウエアをテーマ別にまとめた新作カタログから、ヴィンテージのロレックス、植物、ブック&ミュージックといったコラムまで。「9」にちなんだ、散財必至のトピックスをこれでもかと収録。そして第2特集には、アイウエアを。いま買うべき「コンビネーションフレームのメガネ」と「薄色レンズのサングラス」を、これまた業界の愛好家にご出演いただき、コーディネイト参考例、充実したアイテムページでお届けします。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年10月号 Vol.103
    509円(税込)
    シーズンの別注・コラボアイテムを網羅する人気企画が帰ってきました! 「買い物の秋」はある意味、「迷いに迷う秋」でもあり……、そんな時は各ショップ&ブランドが創意工夫をこれでもか! と詰め込んだ別注・コラボアイテムに注目してみるのが賢者の選択です。シャツ、カットソーからコート、ダウンまで今季も百花繚乱! やっぱりヘビーアウターは見ていて楽しい! と物欲をビンビン刺激する大特集となりました! そして、特別企画には「原宿ランチガイド」。編集部が日頃抱えていた「原宿って意外とウマいお昼ゴハンないよねぇ……。」って悩みを、現地のショップスタッフに華麗に解決していただきました! どちらもお見逃しなく! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年9月号 Vol.102
    509円(税込)
    ジメジメした梅雨空にやっとオサラバしたら、いよいよ夏本番! 今年もイベントやらフェスやらパーティやら、イベントが盛り沢山でお洒落に気を使う機会も、一段と増えるはず。「暑くなってきたから、休日はたいていTシャツにショーツだからお洒落も何もないでしょ」なんてネゴト言ってると怒られます。重ね着でゴマカセナイ季節だからこそ、ちょっとした着こなしが「粋」と「ダサい」の微妙な分かれ道に。ということで、粋な着こなしとは? を教わるならば、業界の方々のコーディネイトを見せてもらうのが、手っ取り早いに間違いない。ほんとうに参考になる方々のみを厳選してフォトシューティングして参りました! じっくりご覧くださいませ。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年8月号 Vol.101
    509円(税込)
    日差しがまぶしい季節がやってきて、レイヤードのお洒落はしばらくお預け。するとトップスたるシャツの選択は、ずばりポロ、ボタンダウン、Tシャツ! ということで、巻頭特集は、夏のトップス3大定番のトレンドを総力分析! 装いを爽やかに演出する、最新アイテムやコーディネイトはもちろん、玄人好みなコラムぺージにもご注目ください! そして第2特集は、例年に増して盛り上がりを魅せている「インディアンジュエリー」。お気に入りを見つける上で、知っておくべき7つのキーワードを掲げ、ビギナーも楽しめる内容。シンプルになりがちなこの季節に必見です。その他も、今号からスタートした笑福亭鶴瓶さんの新連載などお見逃しなく! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年7月号 Vol.100
    509円(税込)
    おかげさまで「2nd」は今号で100号を迎えることができました! それに掛けまして、いま気になるカジュアルファッション周辺のアツい話題を100+1集めてみました。今季のイチ押しアイテムから、気になる注目ブランド、スタイリストの気になっているモノ、業界人のこだわりの逸品、親子とオソロスタイルまで……。これでアナタも、この夏のお洒落事情通です。またこの記念すべき節目にあわせて、本誌でお馴染みのブランドとコラボしたアイテムを発売することが決定しました! 完成は秋頃を予定。その進捗状況もお伝えします。リニューアルした「2nd」、今後も目が離せません! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年6月号 Vol.99
    509円(税込)
    さて、この春はどんなお洒落をしていこうか? 新しい季節に雑誌を見たり、実際店をひやかしたりして、新しくラインナップに加わる服を想うのは何とも楽しいものだけれど、今季オススメなのがボトムスから自分のコーディネイトを構築していくこと。それというのも、シャツやアウターといったトップス以上に、パンツでいろいろな流行や変化の兆しがみられるからだ。巻頭特集では、4つのカテゴリーに分けてこの春からのボトムスをじっくりと提案します。第2特集は、春にピッタリな薄手のアウター。昼夜での寒暖差が大きい気分屋なこのシーズンには、持ち運びがしやすい軽量なアイテムがマストアイテム。風に吹かれて、春を満喫しましょう。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年5月号 Vol.98
    509円(税込)
    明るい色や素材の軽さが楽しい、初々しいウエアがふさわしい季節がやって参りました。さてさて、どんな服を選ぼうかしら。強い味方になってくれるのといえば、いろいろな理由で大好きなあのお店。巻頭特集では、「このブランド好き」じゃなくて、「あの店が大好き」で服を選ぶ人だっているほどのショップに、今季おススメをレコメンドしてもらいました。第二特集はあの3大人気革靴ブランドを深く掘り下げてご紹介。本国工場のベテラン職人の製作風景や業界人の愛用靴など、なぜこのブランドが人気なのか、その秘密に迫ります。第3特集は新作の春バッグを大公開。新生活に役立つアイテムを3カテゴリーに分けてお見せします。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 2nd 2015年4月号 Vol.97
    509円(税込)
    編集部員が東奔西走して集めてきた、春の新作別注品・コラボアイテムを一挙公開。アウターやパンツ、フットウエア、バッグといったカテゴリーを10に分けてご紹介するほか、いま注目の人気ブランドの別注品、オシャレ賢者が惚れ込む魅惑品も登場。中には、この機会を逃したら次いつ出会えるか分からない逸品も......。春の買い物計画に役立つこと必至です。第2特集は、洒落者たちのマイホームを取材。間取りの使い方や工夫を凝らしたレイアウト、こだわりのある個性的なインテリアを覗けば、理想の家に近づくヒントがきっと見つかるはず。素敵なリビングを作るのに欠かせないソファーの紹介と合わせて、ぜひご覧ください。 ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2015年3月号 Vol.96
    509円(税込)
    とても上品で洗練されたスタイルにしてくれる魔法を知っているだろうか。カジュアルにネクタイを合わせるなんて、ちょっと小難しいと思う人もいるのでは? ならば少し先行く彼らのタイドアップ術をお手本にしながら、自分なりのタイドアップな装いを手にしてみてはいかがだろうか。第1特集は、ネクタイ使いの参考になるサンプルをご用意しました。第2特集は、オシャレ賢者たちが狙う”古着”を探しにショップ巡り。これを読めば、古着のトレンドや買い時アイテムが見えてくる。バレンタインデー直前の特別企画「オトナのチョコレートストーリーズ」もお見逃しなく。 ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2015年2月号 Vol.95
    509円(税込)
    「コンフォート」とか「カジュアル」って響きは、実に心地のいいものだ。今年を振り返ってみれば、2014年はスニーカーも大ヒットした。でも、ちょっと待って。大人の男たるもの、”革靴道”を知らなくてもいいものだろうか? 答えは絶対にNOに決まっている。たとえコーディネイトを着くずしても、足もとにドレスシューズを合わせれば、それだけで背筋がピンとする。それこそが大人のスタイリングだと思うし、ファッションだってきっと楽しくなるはず! 今回は業界人の私物を中心に、”名品”、”遊び”、次の1足を買うならオススメしたい”ネクストブレイク”の3カテゴリーに分けてご紹介します。 ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2015年1月号 Vol.94
    509円(税込)
    「ニューヨーク」。こんなにもお洒落心を刺激する言葉が他にあるのだろうか? ファッションだけでなく、音楽、カルチャー、ショップ、料理...。そこには常に最先端なものが集まる。そんな地へ、編集部は今回1年半ぶりに訪問。洒落者の1週間コーディネイト、ショップ取材、ニューヨーカースナップなど、受け売りではない「2nd」らしく咀嚼したビビッドな情報をお伝えします。第2特集は時計。ただ今回は一生モノの高級時計ではなく、気を遣わずカジュアルに着けられる時計にフィーチャー。いい意味でハズしてくれる、カワイくてハイスペックな時計=スマウォを紹介します。大読者プレゼント企画もお楽しみに! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2014年12月号 Vol.93
    509円(税込)
    段々と寒くなり、冬の訪れを感じる今日この頃。オシャレを本格的に楽しめる季節の到来です! 早くもショップには、レザージャケット、ピーコートなどオシャレ心をくすぐるアウターが揃いはじめました。秋冬のファッションは何と言ってもアウターが主役。第1特集では、服好きが心踊りする、アウター選びの提案をさせていただきます!! 第2特集では、休日を快適に過ごせるバッグをご紹介。お休みの日は、手荷物があると何かと不便と感じる人が多いのでは? ストラップ付きのショルダーバッグやバックパックなど、手荷物を少なくしてくれる「手ブラバッグ」を集めてみました。さらに、食事の永遠の脇役であるポテサラ。彼らを愛する呑み助たちにその愛を語ってもらう特別企画もご用意しました。盛りだくさんの内容をご覧あれ! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2014年11月号 Vol.92
    509円(税込)
    特集 この秋はどっちだ!? テーパード VS ストレート 「このデニムはハズせない!」 流行と王道、どちらを選びますか? テーパードとストレート。 着こなし上手を街でパパラッチ。 19ブランド対抗 ウチのタイトめテーパードとゆったりめストレート、見てください! この秋に買い足したい テーパードデニムとストレートデニム。 サンフランシスコ発 デニムの殿堂で、世界最古のリーバイス®に触れてきた! デニム知識人による討論会。 いま穿くべきデニムシルエットとは? 一枚あれば 盤石の秋コーデを構築できるデニムのトップス活用術。 日本ブランドが手掛ける、 デニム素材のラペルドジャケット。 スタイリスト原田さんと行く 古着ジーンズ1万円の旅。in町田 一緒に過ごした時間の分だけ デニムと藍は育つのです。 特別企画 2nd的ガールフレンド キミに、胸キュン! 2014 秋。 おすず / 蓮沸美沙子 / 宮本彩菜 / 吉川友 / 清野菜名 第2特集 そろそろゴルフ! ならば…コースでだってキレイめカジュアルだ。 まずは…ゴルフの聖地に集まったウェルドレッサーをスナップ! 参考にしたいアノ人の一張羅&ギア拝見! 着るだけでレベルアップ!? なウエアセレクト。 THE OFF BOOKING Vol.5_森山直太朗 連載 2nd News Delivery Longing for U.S.A. Vol.86 _ 新しい契約 The Visual Performer Vol. 92 グラフィックデザイナー greenhouse 米澤稔、兵藤聡司? 日本流儀 Vol.91_K.T.ルイストン 映画から学ぶファッション道_Vol. 18 _ 『クレイジー・ハート』 Culture School [ MOVIE・BOOK・MUSIC ] 読者プレゼント World Best Products 100年後も使い続けたいモノたち NORRØNA/[TROLLVEGGEN GORE-TEX PRO JKT] KYOKUSHOKU/[FREEZE DRY FOOD] FOCAL UPRIGHT FURNITURE/[MOGO with Cushion] Brand Pick Up [ SOMÈS ] 2014 NEW DIG. New Information Vintage Museum_[ JUNK ACCESSORY ] 子供心が蘇る 小さく手頃なヴィンテージが コレクター魂に火をつける。 「2nd」 編集部員の買い物報告。 2nd STYLE SAMPLING SNAP 2014 Editor’s Column 洒落者の左団扇?
  • 2nd 2014年10月号 Vol.91
    509円(税込)
    夏も終盤にさしかかって、そろそろ気になる秋のファッション。中でも、別注品・コラボものは、シーズンの立ち上がりのこの時期にチェックしておくべき。今年しか買えない、このショップだけでしか手に入らないという特別感とちょっとした優越感は別注ならでは。巻頭特集では、我々がオススメするとっておきの最新アイテムたちを大公開します! 第2特集はスニーカー。懐かしさを感じる復刻品からアップデートされた新作まで、まんべんなく集めました。さぁ今秋冬はどんな魅惑の商品が店頭に並ぶのか。今特集で予習しましょう! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2014年9月号 Vol.90
    509円(税込)
    「夏のファッションはタイクツ…」なんて、まさか思っている人はもはやいないと思いますが、シンプルになりがちと考えていたこの季節からのお洒落事情も、今年は実にいろいろなトピックであふれています。今号は、フッション業界の精鋭100人から街角のお洒落自慢まで、いち早く今夏の“旬”を取り入れいているファッショニスタが大集合! 海外スナップやキレイめ女子のコーデスナップ(パジャマ姿付き、笑)など、多面的に展開する総力特集のスナップ号が完成しました! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2014年8月号 Vol.89
    509円(税込)
    誰もが気になる人気セレクトショップで、今季の売れ線はどんなアイテム?これからの季節のイチオシは?単刀直入、ズバッと聞いてみました。さらに知る人ぞ知る名店や、『2nd』編集部員が気になるショップにも潜入してみました。第2特集では、われわれにとってソウルフードのような存在となっているカレーを紹介。大好きだった彼女に振られた時に食べたカレー、青春時代によく食べたカレー……。話を聞く相手が異なればカレーに対する想い出も十人十色。著名人を中心に、人気カレー屋をお伺いしました。 ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2014年7月号 Vol.88
    509円(税込)
    春から夏になるこれからのシーズンは、短く見えて意外と長い。そんな中で困ることと言えば、やはり洋服と靴選び。半袖と長袖のシャツ、パーカとカーディガン、フルレングルとショーツのパンツ、ブーツと短靴など、季節の変わり目で着るモノ・履くモノに迷う人が多いのでは? 今回は、このシーズンを乗り切るべき10のアイテムを、ファッション業界人たちに伺ってみた。洋服や小物、仕事服と休日服など、上から下まで幅広く網羅。個人的もの選びのこだわりをたっぷり参考にして欲しい。 ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2014年6月号 Vol.87
    509円(税込)
    すっかり夏の定番ボトムスになったショーツと、意外と敬遠している方が多い白パンに注目し、今年らしく穿くための“攻略法”を巻頭特集で紹介しています。特にショーツは、数え切れないほどの種類がありますので、ぜひご自分に合う1着を選ぶ参考にしてください。第2特集は、いま欲しいカバンと時計をピックアップ。定番ばかり選んでしまう両者ですが、「実はこんな時にこんなものがあれば……」という目線で集めました。第3特集では、1964年の東京オリンピックをファッション目線で再検証。実は日本代表の着ている赤いブレザーが、日本のファッション界の夜明けになったという“証言”とともに、当時を振り返ります。 ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2014年5月号 Vol.86
    509円(税込)
    今月は春のファッション特集。'90年代に流行したアイテムや着こなしに再注目し、そこに今年らしいスポーティさを取り入れ、この春スタイル=『’90s SPORTS-UP!』を提案しています。それを象徴する春アウターとして、ナイロン素材を中心としたコーチジャケットとアノラックをピックアップしました。また、今年はスニーカーの当たり年で、過去の名作が各メーカーから復刻されています。特に’80年代頃のランニングモデルが多く、大人の“ハズシ”にピッタリなのです。そんな注目スニーカーを一挙に紹介しつつ、逆に革靴で合わせるスポーツアップな着こなしも同時に提案しています。ぜひこの春服を楽しむ時の参考にしてください! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • 2nd 2014年4月号 Vol.85
    509円(税込)
    今月は「心地いい部屋。」と題したインテリア特集です。趣味や好きなモノは人それぞれですが、自宅やオフィスなど自分の部屋、空間にはこだわりたいという想いは、誰しも共通すること。そこで、オシャレなインテリアを演出するためのアイデアを、この1冊にまとめました。家具やキャビネットなど大きなファニチャーの使い方から、小さな雑貨の飾り方まで住む人の感性によって様々ですが、そこには本当にたくさんのアイデアが詰まっており、読んでいただければ自宅にも色々と応用できると思います。また、本誌読者ならお好きな方も多いヴィンテージ雑貨やキッズアイテムを取り入れたアイデアも満載ですので、そちらも合わせてお楽しみください。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 男性誌・女性誌

男性誌・女性誌 ランキング