暴雪圏

暴雪圏

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

三月末、北海道東部を強烈な吹雪が襲った。不倫関係の清算を願う主婦。組長の妻をはずみで殺してしまった強盗犯たち。義父を憎み、家出した女子高生。事務所から大金を持ち逃げした会社員。人びとの運命はやがて、自然の猛威の中で結ばれてゆく。そして、雪に鎖された地域に残された唯一の警察官・川久保篤巡査部長は、大きな決断を迫られることに。名手が描く、警察小説×サスペンス。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
504ページ
電子版発売日
2013年02月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2018年10月16日

    猛吹雪の日に、暴力団組長宅から現金を奪い殺人を犯した男、不倫を清算したい女、事務所の現金を持ち逃げした男、義父から逃れるべく家出した少女、等々がペンションに集まる。そこに至るまでの警察を含めた個々のストーリー、が絡み合い、エンディングへ向う。佐々木譲の警官の血以来の傑作。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月28日

    制服捜査の続編で、長編。
    川久保巡査部長、この冬を迎えるのは2年目になってた。
    最近短編づいてたので、そうそうこの感じ・・・ずっしり読み応え有り面白かった。

    分厚いけど、時間にしたらホンの半日の出来事。
    彼岸荒れと呼ばれる三月の大嵐。暴風暴雪のその日に、重なるように起きた別々の事柄。点と点がつなが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月28日

    凄まじい雪の北海道と逃亡する殺人犯。警察小説の鉄板。
    ・・・思いがけず、冒頭に登場する昔がたりがホラーすぎて怖かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    容(「BOOK」データベースより)
    三月末、北海道東部を強烈な吹雪が襲った。不倫関係の清算を願う主婦。組長の妻をはずみで殺してしまった強盗犯たち。義父を憎み、家出した女子高生。事務所から大金を持ち逃げした会社員。人びとの運命はやがて、自然の猛威の中で結ばれてゆく。そして、雪に鎖された地域に残された唯...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月02日

    彼岸荒れの猛吹雪により、閉鎖された地域に取り残された訳ありの男女の運命が変わる。『制服捜査』の川久保巡査部長が再び登場する長編サスペンス小説。
    クールガイの川久保と一寸先は闇的人生を送る人々との対比が面白い。大雪の恐ろしさも加わって、次の展開が読めないスリリングなストーリーになっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月09日

    良い緊張感が、終わりまで保たれててエエナ
    とおもいました。保てないですからね普通ね
    シリカゲルとかないとね。あのたべれるやつ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月10日

    爆弾低気圧による猛吹雪の日に起きる様々な事件。交通の麻痺した町に唯一残された駐在さんが主役…のはずだが、あまり存在感がない。最後ようやく見せ場が来たかと思いきや、なんともあっけない終わり方となっていたのが残念。ただ物語自体はとても面白く満足。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月24日

    主犯の扱いが少々もったいないのと不倫人妻の行動がやや解せないが、全体としては複数の話がうまく収れんしていくのが気持ちいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月25日

     前回の冬休みに友人と試される大地の北海道(札幌)旅行に行きましたが、おそらくあまりにも激しい温度差とスープカレーの刺激に試され、帰りの空港で朝食の海鮮丼を全部戻してしまった事を思い返しながら読みました。
     
     群像劇モノは、最後に全ての登場人物の物語が収束していくところが非常に快感ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月17日

    【韓国語多読10弾】警察小説の形式を借りた保安官モノ。主人公は北海道警察内の大人事異動のあおりを受け僻地の駐在所勤務となった元刑事。彼を保安官として機能させるため著者は彼岸荒れという春先の暴風雪による閉鎖空間を設定する。一見、さまざまな事件を並行して描いていくモジュラー形式に見えるが伏線と思われた出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています