僕は秋子に借りがある I’m in Debt to Akiko 森博嗣自選短編集

僕は秋子に借りがある I’m in Debt to Akiko 森博嗣自選短編集

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

初めて秋子に会ったのは、大学生協の食堂だった。ちょっと壊れている彼女と授業をサボって出かけ、死んだ兄貴の話を聞かされた。彼女が僕にどうしても伝えたかった思いとは? 胸が詰まるラストの表題作ほか、「小鳥の恩返し」「卒業文集」など、文学的な香りが立ちのぼる、緻密で美しい13の傑作短編集。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
480ページ
電子版発売日
2013年01月11日
紙の本の発売
2009年07月
サイズ(目安)
1MB

僕は秋子に借りがある I’m in Debt to Akiko 森博嗣自選短編集 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年03月11日

    表題作が一番好き、だけども、
    最後の一文が気に入らない。
    タイトルそのままに、「僕は秋子に借りがある」でよかったのに。
    このタイトルが堪らなく気に入っているのです。

    卒業文集も好き。
    素敵な模型屋さんも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月22日

    自選短編集なので、森博嗣の頭の中を少し覗けた気がする。
    日常に埋もれている真理は美しいものだなと、改めて気付かされる話が盛り沢山。
    私はやっぱり『檻とプリズム』が特に好きだなあ。何度も読んでしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月28日

    たぶん厨二病を発症したのは森博嗣のせいだと思う。責任をとってほしい。
    中学生のとき、VシリーズとかS&Mシリーズとか読んで、大学と名古屋にすごく憧れてました。
    森ミステリーはキャラ萌え要素が強くて、ある時期を境にして、どっぷり嵌ってたのが嘘のように離れていった気がします。
    ただ森博嗣熱が冷めて、キャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月11日

    過去の短編からの編集であるにも関わらず構成によって受ける印象に違いが出ています。表題作の読後感とカバーデザインが気に入っています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月26日

    森博嗣短編集。13のストーリィが詰まってます。

    森作品はスカイ・クロラシリーズとS&Mシリーズの序盤しか
    読んでない自分。
    色々な表情を見せる各作品はとても面白かった。

    オススメは
    やはり「僕は秋子に借りがある」だろうか。
    彼女の最後がとても気になる。
    ほかに一つ挙げるなら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月11日

    【読始】2010/05/05
    あれ、これ読んだことあるかも…orz
    【読終】2010/05/10

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月06日

    かなり長い時間をかけて読みました
    本文に時間をかけたんじゃなくて、途中飽きちゃって半年くらい置いていた
    面白い話、驚く話もあったけれど、これは今の時点では分からないなあと感じて理解を放棄した作品もあった
    短編、ということで軽い気持ちで読むとアウト
    みじかいといえど、やはり一筋縄ではいかない作品ばかり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月06日

    まさに宝珠の短編集。
    中途半端なシリーズモノはそろそろ止めにしてもいいのでは?

    以下収録作品

    虚空の黙祷者
    小鳥の恩返し
    赤いドレスのメアリィ
    探偵の弧影
    卒業文集
    心の法則
    砂の街
    檻とプリズム
    恋之坂ナイトグライド
    素敵な模型屋さん
    キシマ先生の静かな生活
    河童
    僕は秋子に借りがある


    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月18日

    森博嗣自選短編集、13作の短編を収録。
    「まどろみ消去」「地球儀のスライス」「虚空の逆マトリクス」
    「今夜はパラシュート博物館へ」「レタス・フライ」に収録されている
    短編を再収録したもの。
    どの作品もつまらないと思うことなく、それなりに面白かったが
    表題作の「僕は秋子に借りがある」はあわなかった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月12日

    『虚空の黙祷者』や『小鳥の恩返し』など、始めの方の短篇が好み。好きなミステリの類型が「叙述トリック」だってことが最近ようやくわかった。(叙述トリックって言葉がそもそも判らなかった為)

    なんだかんだで一番読んでる作家さんだ。もう少ししたらこれ以上出版されなくなるわけだし、いつか読みつくす日を恐れつつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています