主よ、永遠の休息を

主よ、永遠の休息を

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

通信社の東京支社社会部に勤務、池袋警察署の記者クラブに詰める鶴田吉郎。コンビニ強盗現場に居合わせて犯人逮捕をスクープし、店員の芳賀桐江と知り合う。逮捕に協力して立ち去った現場で遭遇した男から、暴力団事務所の襲撃事件について訊ねられた吉郎は、調査の過程で、14年前に起きた女児誘拐殺人事件の“実録映像”がネット配信されていたことを知る。犯人は精神鑑定で無罪とされていた……。静かな狂気に呑み込まれていく事件記者の彷徨を描いた傑作!

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2012年12月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2015年07月16日

    ストロベリーナイトの人なのか!
    久しぶりに簡単なミステリー読んで、先が見えすぎちゃっているんだけどその頭の使わなさ加減がとても心地よかった。ミステリーじゃなくて、ホラーなのかな?ちょっとこの前中国からもらってきた本に似てて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

     昨今、何かあると人のプライバシーにまで土足で踏み込んで取材攻勢をかける印象をもたれがちなマスコミ。しかし、それによって私たちが情報を得ることができているのもまた事実だ。本書では、そんな社会部の一記者が、ちょっとした偶然から事件に巻き込まれ、やがて14年前に起きた女児誘拐殺人事件の真相にたどり着く姿...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月17日

    酷い目に合った娘には、最高に幸せな結末を迎えて貰いたかった。 最後は親父が全てを被って、って言うのが自分の望むものだったんだが・・ 中盤から良い感じに加速しだしたが、犯人登場 思っていた狂人とは違いちょっと失速。 もっと醜く、狡猾な奴をイメージしていただけに。
    最後に・・姫川シリーズ「ゼロ」だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月17日

    通信社社会部の記者・鶴田吉郎は、コンビニ強盗の犯人逮捕を偶然スクープ。現場で遭遇した男から、暴力団事務所の襲撃事件について訊ねられた吉郎は、調査の過程で、14年前に起きた女児誘拐殺人事件の“実録映像”がネット配信されていたことを知る。犯人は精神鑑定で無罪とされていた…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月13日

    14年前に起きた少女誘拐殺人事件。
    犯人は精神鑑定の末、措置入院という形で社会復帰。
    それだけでも居たたまれないのに、そこにはまさかの「真実」が!
    面白くて頁をめくる手が止まらないが、同時に、同じような事件に遭遇された被害者を思うと儚く、悲しい。
    最後の3頁、涙が滲みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月20日

    誉田作品初です。
    想像以上にキツイ内容でしたが、一気読みでした。
    読みやすい文章で、入り込みやすかったし途中、ほんとにドキドキしたり怖くてたまらなかった。
    何日か引きずりそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月12日

    初めて読んだ誉田作品。
    交互に視点が変わるけど、ちゃんと頭が切り替えれるので、読みやすかった
    最後は、そうなるかぁ、、、って思ったけど、そうならないと、救いが無いと思った。(消去法的な意味で。)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月10日

    とってもやりきれない気持ちになる話でした。途中までは軽い感じだったんだけど、その中にも伏線がいくつかばらまかれ、真実が分かったときの悲しさがなんとも…。
    でもやはり誉田作品。非常に読みやすく、一気読みでした。
    人にはあまり薦められないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月11日

    記者も警察も事件の全貌を知るために力を尽くすという意味では似ているが、第三者の貪欲な野次馬的興味心を描く上で記者を主人公にしたというのはとても的確だったと思う。
    露になっていく事件の真相に心が抉られるような痛みを覚えながらもページを繰る手が止められない自分もそこにいる。
    記者のさじ加減でどうとでもと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月21日

    たぶん、著者にとっては初期の作品なんだろうけど、完成度高いですねー

    内容はとてもハードで悲しい物語

    若手記者の男とコンビニでアルバイトをしている女の子がある事件から知り合いになり、淡い恋心を持つ件からお話はスタート

    だけど、女の子には暗い過去があった・・・・・・

    その出来事は、テレビを自室に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています