海峡の南

海峡の南

作者名 :
通常価格 576円 (524円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

祖父の危篤の報せを受け、僕は海をわたり北へと向かった。辿りついたのは父が捨てた町・紋別。そこで伯父から失踪した父を探すように言われた僕は、記憶をたどるうち「北海道とナイチ(内地)」で父が見せた全く別の面を強く意識しだす。海峡を越えて何を得、何を失ったのか、居場所はあったのか。それは30を過ぎても足場の定まらない自身への問いかけへと重なってゆき……。関西に生まれ育ったナイチ2世の僕が、家族と自らの存在に向き合う傑作長篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
203ページ
電子版発売日
2012年12月14日
紙の本の発売
2012年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

海峡の南 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年10月17日

    洋は、おじいさんのお見舞いに紋別へ渡ります。
    父親不在のまま、彼の生まれ故郷に辿りつきその影を追っていきます。

    そんな洋に付き添ってきた、はとこの歩美。
    恋人というわけではないのですが、洋にいい感じで寄り添っています。

    父と息子の関係って面白いですね。
    ちょっと回りくどさを感じますが、微妙な距離...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月30日

    伊藤たかみの文庫新刊。文庫が出ていると読む作家となったが、今回の作品はまだ消化できていない。後ほどレビューを書きます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています