彼女とカメラと彼女の季節(3)
  • 完結

彼女とカメラと彼女の季節(3)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

こんなに近くにいるのに、こんなに寂しい。あかり→ユキ→凛太郎(りんたろう)→あかり。焦がれるような片想いの季節は、秋から冬へ。――ユキが望むから、あかりは凛太郎と恋人のフリをする。凛太郎と接するたびに、心地よさに気持ちが揺れる。申し訳なさと、安心感と、切なさと……。二人が近づくにつれ、ユキにも不思議な変化が訪れる。今まで冷静に二人を見れていたはずなのに――。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
電子版発売日
2013年08月30日
紙の本の発売
2013年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
64MB

彼女とカメラと彼女の季節(3) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年08月01日

    ユキが、あかりが撮影した凛太郎の写真を観た時の心情が痛いほどよく解った一冊でした。
    久しぶりに、心臓を射抜かれたような感覚になれた作品だったので次が早く出ないかと待ちわびてしまいます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月28日

    カノカメのコミックス最新刊。表紙の百合っぷりが素晴らしい。「攻」の背後から「受」が抱き着く構図(まさに今回の表紙絵の感じ)は、ボーイズラブ・ガールズラブ問わず、私的にはツボだったりする。やっぱり正面からではなく、背後からでしょう!とにかく「受」が背後に回るのが重要なのである。(ただし、「誘い受」や「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月21日

    「写真は上手いとか下手とかだけじゃない」写真のことはよくわかりませんが、音楽でも漫画でも切実な想いが技術を超えて伝わることがあります。
    あかりへの嫉妬は写真に対してなのか、恋愛感情なのか?
    ユキは他人の感情も自分の感情も写真に映しとってしまいたいという創造者の業を持つ人。
    区別できないのです。だか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月26日

    うわああ、もうやきもきするったらありゃしない(^^;。

    それぞれに相手を大切に思い、
    それぞれに自分を抑え、
    それぞれに幸せになりたいと願ってるはずなのに、
    何だろうかこの、「キレイなかみ合わなさ」は…。

    儚くて切なくて、でも目が離せません。
    3人はどこへ向かうのでしょう(´・ω・`)。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年11月25日

    あかり、
    ユキ、
    りんたろうが撮影を通して接近していくなかで、
    あかりとりんたろうが急接近?!
    疎遠な距離感になるユキとあかり。
    そして、
    ケンカになっちゃった。。。
    で、
    次巻に続く。

    撮りたくなってきちゃった。。。

    このレビューは参考になりましたか?

彼女とカメラと彼女の季節 のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 彼女とカメラと彼女の季節(1)
    完結
    彼女に、彼女は恋をする。あかりの心は、捉えられた……二眼レフを構える美少女・ユキの瞳に。高校3年生になった春、深山(みやま)あかりは、代わり映えしない日常と窮屈なトモダチ関係に、違和感を覚えていた。しかし、二眼レフを携えたクールな美少女・仙堂(せんどう)ユキと出逢い、くすんだ毎日が、とたんに輝きはじめる。奔放なユキに振り回されるうち、あかりの「好き」という気持ちが高まっていき――。
  • 彼女とカメラと彼女の季節(2)
    完結
    いつもは見えないけれど、ふと垣間見えるユキと凛太郎(りんたろう)の深い絆。その瞬間に触れ、あかりは激しく動揺していた。一方ユキは、あかりの撮った自分の写真に不思議な感慨を抱いていた。あかりが隠してきた気持ちは、写真を通じてユキに伝わる。「抱きたい?」ユキの思いがけない問いかけにあかりは──。
  • 彼女とカメラと彼女の季節(3)
    完結
    こんなに近くにいるのに、こんなに寂しい。あかり→ユキ→凛太郎(りんたろう)→あかり。焦がれるような片想いの季節は、秋から冬へ。――ユキが望むから、あかりは凛太郎と恋人のフリをする。凛太郎と接するたびに、心地よさに気持ちが揺れる。申し訳なさと、安心感と、切なさと……。二人が近づくにつれ、ユキにも不思議な変化が訪れる。今まで冷静に二人を見れていたはずなのに――。
  • 彼女とカメラと彼女の季節(4)
    完結
    彼女は向き合う、彼に、そして自分自身に。――「ユキはずるい」放たれたあかりの言葉は、ユキがかつて心の奥にしまい込んだ凛太郎(りんたろう)への想いに火をつけた。写真を撮る事でごまかし、昇華しようとしていたのに。突然、写真室に呼び出された凛太郎は、ユキに思いがけない不意打ちをされて……。三人の想いが、深く折り重なっていく。
  • 彼女とカメラと彼女の季節(5)
    完結
    彼女は、彼女に告白する。――ユキが吐き出した胸の内。溢れる想いをあかりが受け止めて、すれ違い続けた二人は重なり合う。「もっと動物みたいに哭いて」――高校生活の終わりはもうすぐそこ。あかり、ユキ、そして凛太郎(りんたろう)。それぞれの青い想いが駆け抜けた片想いの季節、ついに完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています