十三番目の人格 ISOLA

十三番目の人格 ISOLA

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格〈ISOLA〉の出現に、彼女は身も凍る思いがした。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2012年12月07日
紙の本の発売
1996年04月
サイズ(目安)
1MB

十三番目の人格 ISOLA のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年02月20日

    掴みから面白かったです。
    こういう設定を作った時点で、この作品はもう勝ちだなと思いました。
    多重人格、テレパシーもどき、など設定はありきたりでも、これだけ上手くいかせているなら、全くそういう感じは受けませんでした。
    デビュー作でこれはすごい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月05日

    春休みに趣味を読書にしようと思ってお父さんにおすすめ聞いたら勧められた1作目
    怖い小説じゃない!って騙されて読んだけどめちゃくちゃ怖かった。ホラーってしっかり書いてた。タイトル回収(?)みたいな感じで終わり方よかったし後半ずっとビビりながら読んでたから章ごとに振ってある番号13の時ぎゃーってなった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月18日

    あまりホラーっぽくはない。
    不穏な空気がサスペンスみたい。
    面白いことには変わりないけど、貴志祐介にしてはそこまで面白くはない。他が良作すぎるんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月18日

    前から気になっていたのをようやく読みました。貴志祐介作品はどれも物語の世界にすぐ引き込まれて夢中になってしまいます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月20日

    何年か前に読んだのをもう一回読んでみた。
    最初読んだ時はめちゃめちゃ怖い!と思ったけど、オチが分かって読む分には大丈夫だった。

    それにしても人が1番怖い…。
    千尋自体は普通の女の子なのに、自分を守るためにあんなに凶暴な人格が作られてしまうなんて。
    悲しい。人のトラウマの深さを感じる。
    それに加えて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    isola、磯良、うまく謎感を出しつつ別の登場人物と絡ませていくのはうまい。多重人格って厨二心くすぐるよねえ…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    面白かった。多重人格者にうってつけの主人公でワクワクした。主人公もまた大変に辛いものを持っていて共感できた。映画でも見たい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    20年ぶりくらいに再読。なんとなくあらすじは覚えてはいたけど由香里はまだこんな若かったんだと改めて。こっちが年をとっただけだな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月18日

    阪神大震災の後、人の強い感情を読み取ることができる「エンパス」の力を持つ賀茂由香里は、その能力を活かして被災者の心のケアをしていた。

    由香里が被災者の苦しみを見抜く抜群の共感能力をもっているという噂は、ボランティアの間で広まり、そのことがきっかけで長期入院中の女子高生、森谷千尋を見てほしいと頼まれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    人の強い感情を読み取ることのできるエンパスの能力を持つ賀茂由香里が、阪神大震災のボランティア活動を行う中で、多重人格の少女である森谷千尋と出会う。千尋には、元々12人の人格が存在していたが、震災後に13番目の奇妙な人格(ISOLA)が出現する。この人格を疑問に思った由香里が謎に迫っていく物語。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ホラー文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

十三番目の人格 ISOLA に関連する特集・キャンペーン