やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14

男性向けライトノベル1位

  • NEW
  • 最新刊

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。

 季節はまた春を迎えようとしていた。
 同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。悩み、答えに窮し、間違えを繰り返しても、常に飽きもせず問い直すしかない――新しい答えを知るために。
 言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。
 ――だからせめて、この模造品に、壊れるほどの傷をつけ、たった一つの本物に。故意にまちがう俺の青春を、終わらせるのだ――。
 過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。
 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。シリーズ完結巻。

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
552ページ
電子版発売日
2019年11月19日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

書店員のおすすめ

この作品は“リア充”と“非リア充”の人間同士の群像劇です。
世の中のリアルに対して絶望している主人公。
そんな彼を見かねて学校の担当の先生が「ある部活」を紹介します。
その部活の名前は「奉仕部」。
活動内容は、困っている人の相談請負のようなもので、主人公がそこに入ることで物語は始まります。
見ていると、ああ、あるある!と思わず共感してしまうような主人公のひねくれぶりに、思わず笑ってしまいます。
あなたは今の世の中、“リアル”についてどう思っているでしょうか?
リアルはクソだ!と思ったことが一度でもあるアナタ、この物語、かなりハマりますよ!

    購入済み

    文句なし。

    山本さん 2019年11月19日

    俺ガイルに出会えて良かったと思える最終巻です。ありがとう渡先生。ぽんかん ⑧先生。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    とても良かったです。
    後半に向けての展開でいくつかご都合主義的な所があったり、いくつか回収されていない伏線などもありますが、俺ガイルという物語をひとまず終わらせてくれた事に対して感謝しかありません。
    ラストに関してはこれがベストというわけではないですが、この微妙な感じも含めて捻くれた青春ラブコメなの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    覚悟を持って扉を開きましたね。

    wonderful2010 2019年11月27日

    本当に終わるのか?
    このままでもいいかなというほっこりした展開の前半から、折返しの宣戦布告を経てニヤニヤするような展開になりましたね。
    トレードオフだけの結果では悲壮感が出てしまう事を嫌がったのでしょうか、少し含みを残すエンドにされた事もまとめとしては良かったのではないでしょうか。
    今後も短編...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    俺ガイル

    2019年11月21日

    とにかく可愛かった

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    リア充爆発しろ

    ベルパラ 2019年11月19日

    一巻のネタもいくつかありの最終巻
    奉仕部よ永遠に!素敵な物語でした、3期で映像化されるまで何度でも読み返しそうです

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    やっぱそうなるのね

    Abby1104 2019年12月05日

    プロムは上手くやるとは思ったけど2回もやるとは!
    ヒッキーの計画案がやっぱ良かったのかな(笑)
    小町ちゃんといろはちゃんの関係性が楽しいな
    その後がぜひ欲しい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月26日

    話とはしては面白かったし、最後のまとめ方も素晴らしかったけど、個人的には最後の都合のいい展開が好きじゃないかも。奉仕部の関係が続くのなら、比企谷が忌み嫌った馴れ合いを許容するということになるが、それはいかがだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    名作といえる終わり方

    ガンツ 2019年11月24日

    いい終わり方ですね。
    とにかく見たかった雪乃のデレがしっかりと描かれていたのは感動です。
    毎度の事ながら、ここまでめちゃくちゃにするか?と思うほど予想の上を行く流れで迎える終わりは良い意味で裏切られました。
    本編は終わっても、これからもドタバタ続いてく物語。
    短編集も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    よかった

    しいな 2019年11月24日

    きれいに終わったし納得のいく最後だった。
    完結と聞いて奉仕部のこれからが見れないと思うと残念に思っていたが、あとがきに短編とかを出すと書いてあったので期待したい。
    デレ雪乃めちゃくちゃかわいい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

    全巻通じて幸せな時間をくれた渡先生に感謝。最初の頃の奉仕部の活躍(特に八幡の自爆テロ)も良かったし、終盤の3人の関係をひたすら見つめて行く展開も読み応えがあった。いろいろ積み残した話(葉山と雪乃の関係など)もありそうなので、短編集での補完に期待したいです。若者だけのものにするのももったいないので、い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~17件目 / 17件
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5
    文化祭直後、体育祭ストーリー&スペシャル。 6巻の文化祭直後、体育祭のエピソードを文庫本一冊に収録したものを電子化。 文化祭が終わった後、城廻めぐりから来た依頼は、「体育祭を盛り上げたい」というもの。 奉仕部として手伝うことになった八幡や雪乃たちだが、そもそも体育祭実行委員長も決まっていない。 そこで担ぎ上げられたのは、文化祭でも実行委員長を務めた、あの相模南だった……。 TVアニメ...
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10
    新しい年、新しい関係、新たなる想い。 冬休み。のんびりとした年の瀬、そして年明け。 合格祈願の初詣や買い物など、予定外の外出が重なる八幡が新年の街で出会ったのは、雪ノ下陽乃と葉山隼人、そして……。 教室で、部室で過ごしてきた時間で、お互いのことを少しは知ったように思えた。でも知らないことの方がたくさんあるのだろう。今も、そしてこれからも。 冬休みが終われば、2年生という学年ももう...
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5
    2015年春、アニメ第2期放送直前!冬の日常を描く短編集。 雪乃、結衣と過ごすおなじみ奉仕部での活動から、小町の受験を心配したり、いろはのわがままに振り回されたり、さらには男子からのあるお願い事まで舞い込み……!? 八幡の短くも慌ただしい冬の日常を描く短編集。 ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11
    まちがい続け、いつまでも手の届かない答え。 一色いろはの依頼を受け、バレンタインデーのイベントを手伝うことになった奉仕部。そのイベントには三浦や海老名、川崎などいつものメンバーも加わり、より大規模なものになっていく。穏やかで暖かな空気の中、だんだんと見過ごせなくなってくる小さな違和感、慣れないことで戸惑っているのだと自分に言い聞かせようとしても誤魔化せない気持ち。 本物から目...
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12
    たとえ、その選択を悔いるとしても。 バレンタインデーのイベント、水族館での雪の日を経て、自分たちが踏み出すべき一歩を定める八幡たち。 そんな奉仕部に、ある大きな依頼が持ち込まれる。 その依頼に対して、今までとは違ったやり方で取り組むのは、三人にとっては自然な流れのはずだった。 それが、自分たちの求めていることなら――。 たとえ、その選択を悔いるとしても。 時間の流れがいつか自分たち...
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13
    エンドロールが流れる前に。 暦は雪解けの季節を迎えるが、新しい希望の芽吹きはまだ遠く感じられる3月。 それぞれの想いを言葉にし、行動しようとする雪乃、結衣、八幡。そして、それは今のままの関係でいることを終わらせることでもあって――。 雪ノ下雪乃は、最後まで見届けて欲しいと願った。由比ヶ浜結衣は、このままずっと一緒にいられたらと祈った。美しい夕日に時が止まればと願っても、落日を迎え...
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14
    続巻入荷
    まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。  季節はまた春を迎えようとしていた。  同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。悩み、答えに窮し、間違えを繰り返しても、常に飽きもせず問い直すしかない――新しい答えを知るために。  言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています