多恵子ガール

多恵子ガール

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

特別な人。たとえば、誰にどんなふうに見られてもいいけど、世間の目なんかかまっちゃいないけど、その人に変に思われたくない、その人の目には、とびきりの自分が映っててほしい。そんなふう? そんな人なら、いる。いるけど。――シャイなクセに肩肘張って、勝手にあたふたしてるあの「なぎさ」くんを、多恵子の目で覗いてみれば…? というわけで、『なぎさボーイ』姉妹編待望の登場です!!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2012年07月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

多恵子ガール のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年09月07日

    何度読んでも、泣くんですよね~。

    これ絶版になってないのかしら?
    たえこちゃんと、渚君の瑞々しい恋愛がまぶしいです。
    読むと10代にタイムスリップできちゃう
    貴重な一冊でーす。

    渚ボーイと合わせてどうぞ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月30日

    なぎさボーイを読んだらこっちも読まなくてはっと読みました。
    多恵子視点。年齢的にもヒットしていたので、思いっきり多恵子視点で考えていました。女の子はいろいろ考えているんだーっと、なぎさ氏に読ませてやりたかったですよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    おそらく、恋愛小説で泣いた、生まれて初めての本だと思われる・・。
    四半世紀経っても色あせない切なさ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    中学生のころ、勉強もせず 読んだ本です。
    ドキドキしながら 何度も読みました。
    やきもきするところもあり、
    懐かしいなー、また 読んでみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月14日

    特別な人と好きな人ってなんだよ。

    なぎさ少年、君がそんなバカらしいことを言うとは。
    語弊を恐れずに言うなら、なんで男の子って馬鹿なの?それが通るわけねーだろ、って言い訳を真面目に言うよね。
    自身の心を真っ直ぐに見つめた結果だかなんだか知らないが、そんなの何の価値も無いから。

    といいつつ、なぎさ少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月28日

    『なぎさボーイ』の姉妹編、多恵子の視点で書かれています。
    こちらも『なぎさボーイ』同様にオススメです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月27日

    中学生・高校生のなんてことない日常を、こんなにみずみずしくかけるなんて、やっぱり氷室さんは天才!すごいなぁ
    「少女小説」という少女小説です。
    大人になる過程での痛みとか、自己嫌悪、他人とのかかわりあい、恋、嫉妬、友情。
    素晴らしい青春小説の一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    作者ご本人が「書いていてやんなちゃった」とおっしゃった多恵子ちゃん。確かに同感(笑)かと言って、自分は同じじゃないと言い切れないところが、氷室さんのうまさなんだろうな。
    私も高校生の頃はこんな風にいじいじしたり、人を試していたり、おせっかい焼いたりしてました(苦笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月15日

    青春の悩みですよ、忘れて久しいよなぁ、と遠い目。
    「お菓子な片思い」を読んだ時のように初恋の苦しさを味わえる…、そして、あ、味わった事ねかったな、と思い出すのでした。
    槇さんには、なぎさくん以外でもいいかな、という人に巡り合ってほしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月13日

     なぎさボーイも読み終えての感想。
     なぎさボーイ、多恵子ガールというのは、2人のカップルのそれぞれの視点からみた、中学生~高校生時代の恋愛模様。

     男も女もどうでもいいところで悩んでるな。実は互いのことじゃなくて自分一番大事だね!としみじみ。自分も学生時代はそうだった。

     作家は大人になってか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています