どんまいっ!

どんまいっ!

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

青春――。それは人生のなかで最も輝かしく希望に満ちた頃。でもキラキラしていなくったって青春なのだ! ラクダ顔のくせにイチ早く童貞を捨てたキャメル。年上の風俗嬢にハマったマッハ。初めての彼女と付き合い続けるゲイリー。それぞれに、人生の岐路はやってきて……。くだらなくも幸せな男たちの日々を鮮やかに描写した青春群像劇の傑作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2012年07月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

どんまいっ! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年06月27日

    これぞ、青春小説。
    久しぶりに青春小説を読んだせいか、とても楽しめました。
    すらすら読めて、だけど、所々で共感できる箇所もあって、あぁ、失敗してもいいから、日々を大切に生きていきたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月10日

    おバカなあだ名から始まるクスっと笑えて楽しめて、どこか懐かしい短編連作。自身の人生を振り返りながら、泣いたり笑ったり...。
    「マッハの一歩」で、氣志團の『マブダチ』が脳内再生されていた(笑)
    登場人物一人ひとりに、そして自分自身に「ドンマイ!」
    「けれど、いちばん大事なのは感性です。自分で自分のや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月16日

    女の子を求め飢えまくる男子高校生三人組の輝かない青春の日々を描いた群像劇。彼ら三人だけでなく、コンパがきっかけで付き合い始めた女子三人や、友人・家族のストーリーもあるのがこの作品のミソ。
    『どんまい』とは「don't mind」の略。「気にするな。心配するな」の意味だ。その言葉を地でいく、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月06日

    ゲイリー、キャメル、マッハの男三人。青春物語。下ネタ多し(笑)。高校生から46歳になるまでの人生模様がおもしろい。男の友情って、イイナ!と思える一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月28日

    青春キャラの男女が年齢を重ねていく、、振り返り気付けば月日は巡り廻る。…ありきたりなんだけれど、なんか新鮮♪。へぇー、椰月さんのこういうのもいいねぇ!。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月31日

    ラクダ顔で歌だけはうまいキャメル。年上の風俗嬢にはまって、可愛い彼女を振ったマッハ。初めての彼女と付き合い続けるゲイリー。

    男っておバカ!という典型的な3人をめぐり、お話がぐいぐい進行していきます。キャメルの初彼女のヨネちゃんや、愛ちゃん、麻衣子ちゃん。女の子たちに比べて男の子たちの幼さというか…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月16日

    輝かしい17歳から46歳までのお話。てっきり17歳の男子、女子高校生たちが繰り広げる青春ストーリーだと思っていたのに、次の章に進むと年取り過ぎてて驚いた。連作短編。
    椰月さんの作品好きで全部読んでますが、ご自身に男の子のお子さんがいるってこともあってか、男の子を描くのうまいなぁ。あとママ友のしがらみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月09日

    高校生男女6人がグループ交際から始まり、
    成長とともに人生の岐路で選んだ道により
    彼、彼女達の人生を描いたストーリー。
    くだらなくも笑えたりもしたかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年01月02日

    最初の物語に出てきた高校生達が、物語ごとに、それぞれが主役となり、物語への出方を変え、そして、みるみるうちに年を重ね、最後は、そのうちのふたりの子供が主役の物語になってしまうという構成。

    感想を一言いうと、人間っておもしろいなーってことです。
    いろんな人が、いろんなこと考えて、日々生活しているんだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年05月24日

    現在高校生の子にはちょっとわかりにくいかなぁ~。
    すでにオッサンになっている30代から40代が、胸を酸っぱくして(胸やけではないぞ)読んで、じんわりとほくそ笑んだらいいんじゃないかと思うような物語。

    そっか。

    あいつらの子供と呑める日が楽しみだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています