インビジブルレイン

インビジブルレイン

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

姫川(ひめかわ)班が捜査に加わったチンピラ殺人事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人(ホシ)は柳井健斗(やないけんと)」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。捜査線上に柳井の名が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだ。隠蔽されようとする真実――。警察組織の壁に玲子(れいこ)はどう立ち向かうのか? シリーズ中もっとも切なく熱い結末(ラスト)!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2012年07月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB
    購入済み

    玲子しゃん

    亜細亜 2014年06月25日

    彼のキャラがとてもいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    四作目とのことですが、姫川シリーズ初めて読みました。
    「泣ける…」とお勧めされていたので、気になって。
    このシリーズ初挑戦だったので、登場人物の多さにちょっと混乱してしまいましたが、スラスラ読めました。
    柳井家があまりにも切なくて辛い…。
    他のシリーズも読んでみたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月08日

    以前より殺害のシーンの描写が簡潔になった気がする。そして遂に姫川の色恋が動きましたね。やっぱり言うか、女性刑事は極道の男に恋愛感情を抱きやすい傾向にある。玲子も然り。事件の背景に潜む損得勘定、体裁など、善悪を無きにした行動に、現代を重ね合わせてしまいそうになります。姫川班含め、ぞれぞれに散ってしまっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月16日

    姫川玲子シリーズ第4弾。昔一家に起きた悲しい事件に端を発した恨みがヤクザの世界に繋がり、殺しに繋がっていく。普通のミステリって犯罪を犯してしまった人の心情にfocusがあったり、あるいはその真実に迫る部分を徐々に解き明かして行ったりするのが多いのだが、この作品は姫川玲子と牧田の恋愛模様が中心になって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い!

    よちこ 2013年03月10日

    映画を先に見てしまったんですが、どうしても心理が知りたくて原作を読むことにしました。4時間くらいかな?一気に全部読んでしまいました。映画では??と思う場面もあったのですが読んで納得。
    牧田は変わらず、いや映画以上にカッコ良くて、仁義があって最高でした。惚れてしまいそう…(≧∇≦)姫川も可愛い部分が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2014年02月22日

    再読。今回も見事に手玉に取られたという感じでした。
    作者の作風か、シリーズの特色か、今回も殺人事件ものでありながら、トリックや動機などの真相を最後まで大事に抱えている様な展開ではありません。
    しかし、いやだからこそ面白い!
    本作で大切にされている事は読み手の感情であり、どこでどうしたらドキドキ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月29日

    こちらテレビのドラマで一度見た内容でしたが、かなり読み応えがあり、どんどんと世界に引きずり込まれていきます。
    この後のストーリーもとても気になるので、また復活した姫川班見たいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月12日

    何年か前に映画で見ていたけど内容は全然覚えてなかったから丁度よかった。今作は今までと違い、刑事としての姫川でなく女性としての姫川が見られる。個人的には終わり方が意外だったため今後が気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月22日

     再ドラマ化に合わせて姫川玲子シリーズ再読…と思ったら、これ、読んでいなかった! 恐らく映画を見て読んだ気になっていたのだと思う。映画で印象に残っていたのが玲子、菊田、牧田の三角関係だったんだけど、小説では菊田、ほぼ出てこないじゃん! で驚いた。映画の玲子の方が肉食系で、小説の方が牧田との関係をすご...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月24日



    姫川玲子シリーズ四作目。
    ついに、姫川、極道に恋に落ちたか。
    四作目は構成が、前作より視点切り替えが頻繁になったな。
    疾走感はかなり増したのは間違いないが、ラスト近くの感動的な場面で、明かされた事実がホモの横恋慕、ってのは...いや、同性愛を悪く言うつもりはないんだけどさ。
    とは言え、本文中の「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています