この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話

作者名 :
通常価格 583円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「生まれて初めて触ったお金には、魚のウロコや血がついていたのを覚えている」――お金の無い地獄を味わった子どもの頃。お金を稼げば「自由」を手に入れられることを知った駆け出し時代。やがて待ち受ける「ギャンブル」という名の地獄。「お金」という存在と闘い続けて、やがて見えてきたものとは……。「お金」と「働く事」の真実が分かる珠玉の人生論。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

マンガ家・西原理恵子が「カネ」と自らの人生について、赤裸々に語った本。
「カネ」で家族が崩壊するという壮絶な経験をしたのち、高知から上京。貧乏生活を続けながら美大の予備校に通うも、成績は最下位…。そんな状況で「絵でお金を稼ぐ」という信念を持ち続けるのは容易ではなかったはずですが、彼女は自分のやり方で道を切り拓き、徐々に「絵を描くこと」でお金をもらえるようになっていきます。やがてマンガ家になった西原さんは、またしても「カネ」に翻弄されてしまうのですが…。
才能がある人と自分を比べて落ち込む暇があったら、自分が戦える場所を探し、そこで勝負する…そんな生き方を選択できたのも、お金を得ることの厳しさを幼い頃から身に染みてわかっていたからこそ。逆境から這い上がり成功した西原さんの生き方には敬服。お金や仕事への向き合い方を改めて考えさせられました。

購入済み

なんか切ない

クロスケ 2014年01月16日

カネの話なんだけどカネの話だけじゃない。
人が生きるってこういう事。リアルってこういう事という話。
1章の西原さんの子供時代の話は自分の家もこんな感じだったなと思ってしばらく目を閉じて湧き上がってくる感情を抑えた。
カネは生きていく力だ。そして人を殺す凶気の元だ。
リアルな体験に基づいて素直にカネと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月09日

全て体験談で、説得力がありました。
『よりみちパン!セ』の文庫化だけに読みやすい。
西原理恵子さんの本音と社会の真実が詰まっている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月24日

親、家族、故郷は必ずしも、誰にとっても善き存在とは限らない。正面切ってこう言ってくれた西原さんに感謝している。ちゃんと稼いで、自分を守る。自分を大事にすることだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月24日

西原さんの自伝的エッセイ、かつ、お金の話。絵を描くことで貧困から脱出した、壮大な物語。
生まれ育った貧困という環境から脱出するのは並大抵のことではない、と読んでいて思う。

美大時代に自分の絵を売り込んで、絵で食って行けるようになったあたり、すごいというか、強いというか。
絵を描くことでお金が得られ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月15日

貧乏がいいとか 生き方とか
そういう事ではなく
貧困は連鎖して なかなか抜け出せないこと
自分ではなかなか抜け出せないからこそ
貧困に陥らないようにする
そこを西原先生は力説しています
本当に 心からそう思いました

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています