第二次世界大戦 1

第二次世界大戦 1

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

強力な統率力と強靭な抵抗精神でイギリス国民を指導し、第二次世界大戦を勝利に導いた歴史的な政治家チャーチル。本書は、歴史の舞台に直接参加した彼の手による、最も信頼すべき最高の第二次世界大戦の記録だ。深い歴史観に基づく著作活動によってノーベル文学賞を受賞した彼の歴史物語を堪能できる。第1巻は、一九一九年から第二次世界大戦勃発の翌年までを描く。

ジャンル
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
373ページ
電子版発売日
2012年06月29日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

第二次世界大戦 1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月08日

    素晴らしく格調高い名文。彼が有名作家のタレント議員として国会議員になれたのも当然かと思う。でも、これが知的障害で、まともな文章も書けなくて、まともな高校にも入学できなかったというのだから、ほんとに信じられない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月26日

    第二次世界大戦を前史から丁寧に掘り起こしチャーチル自身の危機感を記述しついには第二次世界大戦が始まりチャーチルに組閣の大命が下るまでをこの巻で描いている。やや回りくどい表現も多いが極度に難解でもなく歴史を大局から必要十分な情報量で書いています。良書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月26日

    ノーベル文学賞受賞の著者の文才を舐めてました。
    「私が歴史を書くのだから、歴史は私に好意的だろう」とは著者本人の言葉なので内容の本人の武勇伝(?)は差し引いて読むべきなのでしょうが、そのような不自由を差し引いてもなお素晴らしい文章に引き込まれる良書でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月07日

    [世界を決めた男の言]第二次世界大戦中のほとんどを英国の首相として過ごし、卓越したリーダーシップと戦略眼で連合国を勝利に導いたウィンストン・チャーチル。その激動に次ぐ激動の大戦期を自ら振り返った作品です。当時の国際情勢を知る上での超一級的著作であると同時に、チャーチルの人間像がくっきりと浮かび上がる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月30日

    イギリス首相を退いたチャーチルが唯一要求したものは大戦中を含む公文書を自由に見られることだけだった。そのチャーチルが書き残した「第二次世界大戦」全6巻を改変したのが本書で、第1巻は第一次大戦後の軍縮が進む中、ヒトラーが政権を握り軍備を拡張し戦争を始める間の英仏両国の動きを描いている。そして政界に復帰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月24日

    思わず「平和とは何か」を考えてしまいました。
    平和を享受しようと現実を直視せずただひたすら衝突を回避しようとする英国の姿勢、これは今の日本に通じるものがないか?

    そして戦後の国連やその安全保障理事会は、第2次世界大戦への道筋を二度とたどるまいという、人類の反省のもとに創設されたことが現実的なものと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    驚くべき記憶力と文章力。
    第二次世界大戦の中心にいた政治家の語る生の歴史。家のは全4巻 文庫版 データなし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    第一次世界大戦が終わり、ヒトラーが台頭し、オーストリア併合、チェコへの進出、ポーランドに侵略し、チャーチルが首相になるまで。ヨーロッパ側から見る第二次世界大戦に関する本を読むのは初めて。確かに翻訳は気になるが、全体的な流れが分かって良い。チャーチルは貴族なんだね。ノブリスオブリージュなんだね。そう言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月04日

    第二次世界大戦において大きな役割を果たした英国首相ウィンストン・チャーチルが後年当時の情勢を振り返って書いた伝記。第1巻は開戦前からチャーチルが首相の任に着くまでが記されている。
    あくまでチャーチルの主観で書かれているものであるものの、第二次世界大戦が起こる経緯が、関係する諸国の政治家との交流の記録...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月06日

    かなりのボリューム
    なかなか人物名とかヨーロッパの地理が頭に落としきれてないので理解できてない部分もあるが、そもそもこんな詳細な描写ができるのが凄すぎる。(何かで退任時に資料を全部もらったとか読んだ気も)
    最後の首相になる部分は熱くなる

    このレビューは参考になりましたか?

第二次世界大戦 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 第二次世界大戦 1
    990円(税込)
    強力な統率力と強靭な抵抗精神でイギリス国民を指導し、第二次世界大戦を勝利に導いた歴史的な政治家チャーチル。本書は、歴史の舞台に直接参加した彼の手による、最も信頼すべき最高の第二次世界大戦の記録だ。深い歴史観に基づく著作活動によってノーベル文学賞を受賞した彼の歴史物語を堪能できる。第1巻は、一九一九年から第二次世界大戦勃発の翌年までを描く。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 第二次世界大戦 2
    990円(税込)
    一九三九年九月、ついに英仏両国はドイツに宣戦布告し、史上例を見ない規模の世界大戦が勃発した。翌年五月、ドイツ軍はオランダとベルギーに侵攻してフランスに進撃、たった三週間でフランス軍は壊滅状態に陥った。イギリスは最初は無防備のまま孤立するが、敵対的中立を装ってヒトラーを支援するソ連をよそに、「単独で」ヒトラー・ドイツと耐久戦を始める。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 第二次世界大戦 3
    990円(税込)
    ソ連の参戦は連合国側には歓迎すべきことだったが、強力なドイツ軍を相手に、その抵抗力は充分とは言えなかった。一九四一年十二月、日本の真珠湾奇襲攻撃によってついにアメリカが参戦に踏み切り、戦線は欧州から一挙にアジア太平洋地域へと拡大した。枢軸側の猛攻に連合国側は苦戦を強いられたが、カサブランカ会議やカイロ会談など反抗の準備が始まる。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 第二次世界大戦 4
    990円(税込)
    第二次世界大戦は、連合国側による反抗へと戦局が転換していた。ドイツ、イタリア、日本は守勢にまわり始め、スターリングラードの攻防戦で形勢は完全に逆転した。シシリー征服からイタリア進攻、テヘラン会談。そして一九四四年六月六日、ついに史上最大の作戦「ノルマンディー上陸」が開始された。翌年五月、チャーチルはドイツの無条件降伏を発表した。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています