おこぼれ姫と円卓の騎士 1

女性向けライトノベル 7位

おこぼれ姫と円卓の騎士 1

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ソルヴェール国の第一王女・レティーツィアは、将来自分が“女王になる”ことを知っていた――。結果、優秀な兄たちの“おこぼれ”で王位が転がり込んできたレティは、王の専属騎士団(ナイツ・オブ・ラウンド)を作るべく、漢(おとこ)の中の男と評判の騎士・デュークを強引に勧誘。けれど彼は「『おこぼれ姫』の愛人と呼ばれるのは願い下げ」と一刀両断!!ますます彼がほしくなったレティは……!?第13回えんため大賞優秀賞受賞作!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ビーズログ文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

おこぼれ姫と円卓の騎士 1 のユーザーレビュー

    購入済み

    爽快!

    mikabom 2013年07月10日

    爽快!王道の王国物語に、面白い設定が一つプラスされるだけで、こんなに話が広がるんですね。出てくるキャラクターも好感が持てて、読み続けて行きたい作品ですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    初めて読みました

    しお 2020年02月24日

    同じ作者の方の別の作品を読んで面白かったので、
    こちらも読んでみようと思いました。
    とても面白かったです。
    続きが気になります

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    おすすめですー!

    ゆっこ 2020年02月02日

    強くて優しい、キレイでカッコいいヒロインで、周囲の人々が魅了されてゆくのも納得。私もすぐに好きになってしまいました。
    ラブの要素は薄めですが、本当に面白い作品です。
    読んで良かったと思います。もっと続いても良かったのに。お話は完結していますが、続編が出ても絶対に買ったと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    お勧めです。

    byc18 2019年05月08日

    最後まで読んでのコメントですが、本当に良かったです。  強いて言えば、もう少し最後に甘々が欲しかったですね。 でも、もっとその後の続きが読みたくて、余韻に浸りたくて、コミックまで買ってしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    ユキ 2017年04月27日

    おもしろい。よくある話なのに引き込まれる。設定もお姫様の騎士という定番のものだけど、その設定をうまくいかせているとおもう。おすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月05日

    設定からして好みだったので読み始めました。「主人公が姫で、他の候補を押し退けて女王になってしまい…」というとなんだかありがちな設定のような気がしますが、おこぼれ姫は王道だけではないところがすごくいい。
    上から目線で恐縮ですが良くできてるな~という印象。久々に最後まで読みたいと思ったライトノベルです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月12日

    次巻を読みたい本と、久しぶりに出会った。少女向けらしい華やかさとときめき、そして、決してそれだけでは終わらない奥深さが、見事に同居している。登場人物の一人一人が魅力的で、彼らの関係がこれからどう変わっていくのか、とても気になるところだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月27日

    新人作家さんということで興味本位で読んでみたのですが、久しぶりに大当たりでした。主人公の秘密が徐々に明らかになっていく構成や、レティの弁舌達者っぷりが面白かった。頑固で傲慢な次期女王を装いながらも素直になれないレティや、彼女を取り巻くキャラクターたちも魅力的。最後に明らかになるレティの謚から、デュー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月23日

    ちょー面白かったぞ!愛人王と呼ばれるまでのレティと騎士達の話ももちろん気になるけど、他の王達のサイドストーリーとかも読んでみたい。これからがすごく楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月19日

    新人作家さんとしては久しぶりにヒットした。
    世界観といい、主人公の設定といい、かなり引き込まれる。
    これからの展開に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

おこぼれ姫と円卓の騎士 のシリーズ作品 1~18巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~18件目 / 18件
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 1
    ソルヴェール国の第一王女・レティーツィアは、将来自分が“女王になる”ことを知っていた――。結果、優秀な兄たちの“おこぼれ”で王位が転がり込んできたレティは、王の専属騎士団(ナイツ・オブ・ラウンド)を作るべく、漢(おとこ)の中の男と評判の騎士・デュークを強引に勧誘。けれど彼は「『おこぼれ姫』の愛人と呼ばれるのは願い下げ」と一刀両断!!ますます彼がほしくなったレティは……!?第13回えんため大賞...
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 2 女王の条件
    優秀な兄達の“おこぼれ”で女王即位が決まったレティーツィア。そのためレティは兄達と【とっても仲が悪く】なければならず、理解不能な兄妹仲に、レティの騎士・デュークはやきもきするばかり。そんなある日、呪いの魔法陣が王宮内に描かれる事件が発生! 次期女王たる自分への挑戦かと怒り狂うレティだが、浮かび上がった犯人像は――え? グイードお兄様!? 最強女王伝説、驚愕の第2弾!!
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 3 将軍の憂鬱
    次期女王として初の外交(という名の従姉の結婚式)に出ることになったレティは、デュークを連れてイルストラ国へ。ところが同行の護衛達が腹痛で倒れ、やむなく応援を呼んだレティの前に現れたのは、“国境将軍”と名高い副騎士団長クレイグだった!彼とレティの父・現国王との間には、深い因縁がある。だがレティは、彼を同行させると言い出し……!?
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 4 少年の選択
    三カ国で領土争いをしているグラン山が燃えた--。次期女王たる自分にしかできないことをするため、ソルヴェール国第一王女、レティーツィアは騎士のアストリッドを連れて王城へ戻る。ところが、大規模な支援をもぎ取ったレティに魔の手が!! グラン山に戻る道中、罠にかけられたレティは、アストリッドとともに渓谷に転落してしまう。グラン山で指揮官を任されていたデュークはその報を聞き……!? 最強女...
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 5 皇子の決意
    王の専属騎士(ナイツオブラウンド)3人目の騎士が決まり、"おこぼれ姫"との評価も変わりつつある次期女王レティーツィア。そんな彼女の元に、東の凌皇国より皇女シェランが訪ねてくる。ただの諸国見聞とは思えないほど豪華な衣装をまとい、護衛はたったの1人だけ--彼女の様子を怪しむレティだったが、どうやらシェランの目的は"次期国王の花嫁"になることで……!? 最強女王誕生秘話(?)も明かされる第5弾!!
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 6 君主の責任
    次期女王レティーツィアと、ノーザルツ公国君主の元に届けられた、キルフ帝国・建国祭の招待状。差出人のサインに不気味なものを感じつつもキルフ帝国に向かったレティは、そこで帝国に関するとんでもない噂を耳にする。その真相を確かめようと、レティは己の騎士とノーザルツ公、さらにはイルストラ国の王子も巻き込み、ある企画を立てるが……!? 最強女王伝説、自身の役目に気づく第6弾!
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 7 皇帝の誕生
    「騎士王、貴女こそが皇帝に相応しい」―己の秘密を知る“誰か”の存在により、キルフ帝国後継者争いに巻き込まれたレティーツィア。そこへ、ずっと行方不明だったキルフ帝国第四王子・アルトールが姿を現した! なんと彼は『神殺しの魔法陣』を使ってレティを拘束。目の前で主君を奪われたデュークは、アストリッドと共にレティを助け出そうとするが……!? 最強女王伝説、強敵現わる第7弾!
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 8 伯爵の切札
    デュークがキルフ帝国でもらした台詞が忘れられないレティだが、一旦頭を切り替え、次の王の専属騎士(ナイツオブラウンド)勧誘に動き出す。候補は、若くして未亡人となった女伯爵マリアンネと、流行には敏感だが幼女趣味(ロリコン)の伯爵子息ウィラード。しかしマリアンネには“個人的な事情”であっさり断られ、ウィラードは多忙で捕まらない。ようやく交渉できたと思いきや、ある条件が出され……!? 最強女...
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 9 提督の商談
    王の専属騎士(ナイツオブラウンド)集めも折り返しとなり、未来の女王に欠かせない“夫”を探すことに決めたレティーツィア。 目を付けたのは“勇敢なる大艦隊(バリエンテ)”総司令官に就任したばかりのナパニア国第六王子・ソレス。彼に会うため騎士達とナパニアの客船に乗り込んだレティだが、そこには奔放な王子との【劇的な出逢い】が待っていて……!? 人懐っこい王子サマにあのレティが振り回される(!?)最強...
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 9.5 恋にまつわる四行詩
    未来の女王レティーツィアの侍女候補・アイリーチェには、年上の恋人がいる。だけど彼には、一桁の年齢の少女しか愛せない特殊な趣向があった……!? 偶然の出逢いが四度重なれば、運命となる。アイリーチェと伯爵子息ウィラードの恋物語を綴った外伝が登場! さらにアノ騎士が主役になる短編のほか、レティがデュークを騎士に見初める(!?)までの物語などシリーズ初、【恋】がテーマの短編集!
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 10 二人の軍師
    責務が重なり、未来の女王レティーツィアは多忙だった。騎士のデュークが仕掛けた悪戯にも気づけないほどに。手痛い助言を受け、レティはいよいよ己の頭脳となる『軍師』役を決める。候補は二人――神出鬼没で謎に包まれた“天才”ゼノンと、没落貴族で出世の見込みもない“凡人”メルディ。ひとまずレティは、メルディのある可能性に着目し、視察に同行させるが……!? 最強女王伝説第10弾!
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 11 臣下の役目
    ソルヴェール国で豊穣を祈るミモザ祭りを開催。準備に追われる未来の女王レティーツィアの元には、各国の貴賓が集い、彼女の騎士達も大忙しだ。一方、没落貴族のメルディは、レティの元婚約者が謎の死を遂げた過去の事件を調べ直していた。しかしその最中命を狙われ、瀕死の重傷を負ってしまう!! メルディが命懸けで辿り着いた真相――それを知ったとき、レティは……!?
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 12 女神の警告
    フリートヘルムが、ウルク帝国の砂漠で消息不明――。知らせを受けた未来の女王レティーツィアは、兄の行方を探しに“砂漠の女神”神話が残る南の大国へ。ところが道中【奇妙な砂嵐】に遭い、騎士達と離れ離れに!――「この国は、何かがおかしい」違和感を抱きつつも、どうにか帝都に到着したレティは、ウルク帝国の皇子に助力を求めるが……!? 最強女王伝説第12弾!
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 13 再起の大地
    砂漠の女神が告げた『沼地の魔物』とは――。意味が分からぬまま都に戻ろうとした未来の女王レティ―ツィアを、ウルク帝国第一皇子カリムの兵が阻止してきた! 何かが起きたと察したレティは彼を問い詰め――兄が死亡率の高い流行病に侵されたことを知る。怒りが湧くものの、国を憂うカリムの言葉で協力を決めたレティだが、そこへあの軍師ゼノンが近付いてきて……!?
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 14 王女の休日
    ウルク帝国から帰国の最中、「恋愛」を難しいと思ってしまった未来の女王レティーツィア。そんな彼女の十八歳の誕生日。“専属騎士(ナイツオブラウンド)”から休日をプレゼントされたレティは、お忍び用の服を身に着け、城を抜け出すことに!! 『親切な青年』デュークと共に『花屋の少年』や『本場の占い師』に扮した騎士達の導きで束の間の休息を楽しむ……はずが!?
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 15 白魔の逃亡
    長兄フリートヘルムがクーデターを起こした!! 女王になるはずだった王女レティーツィアは、捜索の目をかいくぐり、一人逃亡することに。先の見えない不安を抱きつつも、どうにか騎士のメルディと合流。厳しさを増す追跡から逃れるため、【白魔】と呼ばれる山脈を越えようと考えるが……。一方、レティの騎士デュークは、フリートヘルムに「俺の騎士になれ」と言われ!?
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 16 反撃の号令
    白魔の山脈を越え、無事イルストラ国に辿り着いたレティーツィア。 長兄フリートヘルムに対抗するには、まずこの国の協力を得なければならない。 “未来の女王”としての威厳を保ちつつ、交渉の席につく。 一方、レティの騎士達もそれぞれに作戦を決行! しかし、軍師ゼノンの方が一枚上手で……!? レティとデュークの恋の行方も気になるクライマックス目前第16弾!
  • おこぼれ姫と円卓の騎士 17 新王の婚姻
    将来自分が女王になることを“知って”いたレティーツィア。 だけど、いつ、どんな理由でその日が来るかは知らなかった。 王の素質を備えたフリートヘルムを王座に担ぎ上げるべく、軍師ゼノンが引き起こしたクーデターへの反撃の準備は整った。 争いが続けば必ず犠牲が出ることを心に刻み、レティは己の元に集った王の専属騎士(ナイツオブラウンド)と王都奪還を目指す! ――圧巻の最終巻! 【電子特別試し読...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています