首売り長屋日月譚 刀十郎と小雪

首売り長屋日月譚 刀十郎と小雪

作者名 :
通常価格 556円 (506円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「首売り」と呼ばれる珍妙な大道芸で口を糊する島田刀十郎は、ある日、芸人仲間惨死の悲報を耳にする。理由の知れない出来事に仲間内には動揺が広がるが、その矢先、二人目の犠牲者が。芸人衆とともに真相解明に乗り出す刀十郎。だが、行く手には自身の因縁にも絡む驚くべき姦計が待ち構えていた。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎時代小説文庫
電子版発売日
2012年04月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2013年03月03日

    さらっと読める作品ですが、用心棒長屋とか
    都築先生のなめくじ長屋シリーズみたいな
    おかしみを感じます

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 首売り長屋日月譚 刀十郎と小雪
    「首売り」と呼ばれる珍妙な大道芸で口を糊する島田刀十郎は、ある日、芸人仲間惨死の悲報を耳にする。理由の知れない出来事に仲間内には動揺が広がるが、その矢先、二人目の犠牲者が。芸人衆とともに真相解明に乗り出す刀十郎。だが、行く手には自身の因縁にも絡む驚くべき姦計が待ち構えていた。
  • 首売り長屋日月譚 文月騒乱
    世過ぎの大道芸で日銭を稼いだ帰途、抜刀した武士に追われる女と幼子を助けた刀十郎と小雪。女は刀傷が因で落命するが、残された幼子を二人は長屋に引き取る。ほどなく大道芸を披露している最中、胡乱な男の視線を感じた刀十郎は、後日、長屋に現れた侍がその人物と察する。はたして、男は予想だにしない話を口にした。緊迫のシリーズ第二弾!
  • 首売り長屋日月譚 この命一両二分に候
    刀十郎と小雪の大道芸「首売り」の客として現れた奇妙な老武士。好々爺然としていながら、御代をねぎった挙句、事に臨むと驚くべき居合を見せた。折も折、市中で幼女ばかりを狙った人攫いが続出。芸人仲間の喜八が突如消息を絶った娘を探しに出かけたが、相当の手練に斬殺された姿で発見される……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています