我が異邦

我が異邦

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

地下鉄に毒ガスが撒かれた1995年3月、私はアメリカへ発った。明るく巨大なアメリカで、私は孤独を満喫した。一生このままでいられるなら、どんなに幸福だろうとさえ思った。ただ、孤独であることの僥倖とは別に、そこには女が絶対的に欠けていた――。『船に乗れ!』の人気作家が自らをさらけ出して描く新境地作品集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
ページ数
166ページ
電子版発売日
2012年02月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

我が異邦 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年10月16日

    表題作から引用させてもらったが、確かに日本人はそうかも。
    余暇をたくさんキープしてだらだらしたいもんです。してるか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月09日

     名前も知らなかった作者の短編小説集、バーカウンターを描いた表紙に引き込まれ、まるで見知らぬバーで一杯飲むように読んだ。主人公(作者?)の感じ方が自分と似ているところがあったり、ある一文に少し考えさせられたり、なかなか面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月19日

    Washington,DCの,また世田谷の風景があちこちに出てくる短篇集だ.支離滅裂な生き方をしている主人公のようだが,何か好感が持てる不思議なキャラクターを彷彿とさせる.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月09日

    中編の「我が異邦」と、短編二つ。「我が異邦」で扱われた医療関係の論文のコピーサービス会社に勤めていたというエピソードは、別の短編でも取り上げられていた。おそらく作者の実体験なのだろう。日本社会から遊離した人間嫌いの男が、会社の派遣によるアメリカでの一人きりの職場で孤独に暮らす中で、人とのかかわりを求...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月09日

    意図してそうしているのか、そうでないのかはわからないけれど、「船に乗れ!」の残像を求めて読むと、えらいしっぺ返しにあう。
    「新潮」掲載の3作収録。

    「我が異邦」は、「ヰタ・セクスアリス」なのか?と思いながら読んでいくと、エミリ・ディキンソンに着地。
    「ふける」は逃避行の顛末をなぞっていく。偽悪か?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年10月26日

    仕事でアメリカに赴任した短い数年の出来事。
    日本では地下鉄サリン事件が起きた年で、ワシントンD・Cは大雪が降ったなかで
    友人もいない異国での、たった一人での静かな生活。

    国籍も様々なそっけない国で誰もが差別に敏感で
    風俗店で知り合ったエミイは店を逃げ出して
    日本の知り合いはオウム真理教に皆が傍観者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています