高杉さん家のおべんとう 1

高杉さん家のおべんとう 1

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

オーバードクターの温巳は、従妹で12歳の美少女、久留里を引き取る事になった。何事にも遠慮がちで自分を他人に開かない久留里と、何事にも要領の悪い温巳。ふたりは共同生活の中で、おべんとうを通じて心を通わせていく。バリエーション豊かなおべんとうのレシピと、不器用な30男と12歳少女と彼らを取り巻く人々のちょっとラブありコメディです。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
コミックフラッパー
電子版発売日
2012年03月02日
紙の本の発売
2010年01月
サイズ(目安)
126MB

新刊オート購入

高杉さん家のおべんとう 1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年06月05日

    か、可愛い〜!
    早速続きを買いに行かないと!

    突然、いとこ(女子中学生)と暮らすことになった31歳の独身男性(バイト生活)が主人公。
    お弁当が中心にある2人のコミュニケーションがとっても可愛くてにこにこしてしまう。

    相手の好き嫌いを把握すること。
    おかずの品数を増やすこと。
    食材のやりくりや、特...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月18日

    久留里ちゃんの保護者になったきっかけでお弁当作りに励む温巳。相手のことを思いながらの弁当作りって楽しそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月29日

    友人からの勧めで購入しました。

    突然、一緒に暮らすことになった温巳と久留里。
    ぎこちない二人の交流は『料理』を通して広がっていきます。

    この作品は良く食べ物ネタで注目を浴びておりますが、私は内面的な展開に関心を持ちました。

    久留里の悩み、立ち向かう姿は、青春を感じさせます。
    温巳はちょっと鈍す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月24日

    くるりちゃんかわいいし、高杉先生が残念だけどツボだし、おべんとうはおいしそうだしで、すっかりはまってしまいました。
    ストーリーは、重いことを扱っている側面もありつつ、ほんわかオーラを崩さないので、読んでいてほっこりします。
    オノマトペが独特でいいですね。
    地理学を絡めてくるのが、お話に深みをもたせて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月12日

    話題になっていたのは知っていました。
    亡くなった叔母の娘と、その後見人になった主人公の三十路男。
    手探りで家族をはじめる二人は、おべんとうをきっかけに仲を深めていく。

    くるりはクールな性格かと思いきや、ちょっと無口なだけ…かな?最後のページはかわいかった。
    続きも早く買いに行かなきゃ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月19日

    ずっと気になってたこの本を1巻買って読んで、即座にハマって最新4巻まで一気買い。
    久留里かわいいよ久留里。「もふー」の顔がヤバい。ヤバい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月08日

    12歳久留里と知るレシピ
    ・ママのきんぴらごぼう
    ・ママのハンバーグ
    ・芋から作ったこんにゃく
    ・小坂さんのかに入り卵焼き
    ・にんにくなしマーボー茄子
    ・ママの納豆チャーハン

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月08日

    全話とも「お弁当」にちゃんとからめているところが地味に超絶すごい
    相変わらず個性的な絵柄だが以前の作品より整理されていてみやすい
    お弁当だけでなく地理学という薀蓄要素も上手く働いていて良い感じ
    近くにある『夕焼けロケットペンシル』もそうだが
    こういう「ホームドラマ/あたたかい家族もの」というのに
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月14日

    二人の心の交流にお弁当が重要な役割を果たしていますが、昨今の料理系マンガとは違って作り方は載っていません。それよりも、ご飯やお弁当を作ったり食べたりすることの意味や、そこから生まれる気持ちについて描かれています。大きなドラマは無いけど、読んでてほっこりします。今後どうなるのか分からないけど、ここに生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月30日

    ぃぃ‼︎

    2人がどんどん家族になっていくのが、
    見ていて楽しい₍₍ ◟(∗ˊ꒵ˋ∗)◞ ₎₎♥︎

    続き気になる〜ฅ(๑’Δ’๑)

    このレビューは参考になりましたか?

高杉さん家のおべんとう のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 高杉さん家のおべんとう 1
    オーバードクターの温巳は、従妹で12歳の美少女、久留里を引き取る事になった。何事にも遠慮がちで自分を他人に開かない久留里と、何事にも要領の悪い温巳。ふたりは共同生活の中で、おべんとうを通じて心を通わせていく。バリエーション豊かなおべんとうのレシピと、不器用な30男と12歳少女と彼らを取り巻く人々のちょっとラブありコメディです。
  • 高杉さん家のおべんとう 2
    無事大学に職を得た温巳。そして最初は距離を置いていたはずの久留里が温巳に抱く恋心。大学の同僚になる小坂さんも温巳へのアタックを開始!?おべんとうを通じてそれぞれの気持ちを通い合わせ始める3人の思いの行方はどうなるのか?ますます絡まりあう複雑な気持ちが加速するハートフルおべんとうコメディ! 今回もクネクネさせます!
  • 高杉さん家のおべんとう 3
    どうにか大学に職を得た温巳と、少しずつ周囲に溶け込んできた久留里。ほのかな久留里の恋心をよそに、温巳は学会にフィールドワークに大忙し。そんな中、久留里の出生にまつわる重大な秘密に温巳は気付いてしまう…。はたして温巳はオトナとしての態度を取れるのか!?そして久留里の胸に秘めた想いの行方は?
  • 高杉さん家のおべんとう 4
    久留里、今回はアリスのコスプレに挑戦!?友達との交流を深め、生徒会に挑戦したりと大躍進の久留里。親代わりの温巳はそんな久留里に安堵しつつ、同僚の小坂さんと距離を近づけるが、久留里の複雑な気持ちには気付かない…。いなり寿司の隠し味や池袋巡検と、大満足のハートフルおべんとうコメディ!!
  • 高杉さん家のおべんとう 5
    久留里の高校進学問題もなんとか解決…と思いきや、同級生の丸宮弟の進路や、温巳の就職問題、そして丸宮兄の卒業論文など、あらたな出発の春に向かってまだまだそれぞれに問題は抱えたまま。そんな中、ハルの思い人である小坂さんがついに一大決心。動乱の春が始まる! 大人気おべんとうハートフルコメディ最新5巻、卒業シーズンにあわせて登場!
  • 高杉さん家のおべんとう 6
    高校生になった久留里は生活が一変。強制的に部活に入れられることになった久留里の選んだクラブは…!? そして温巳と小坂さんの仲にも変化が…。いつまでも同じではいられないから、いつまでも大事にしておきたいことがある。ちょっとラブ入りハートフルおべんとうコメディ!
  • 高杉さん家のおべんとう 7
    小坂さんとの別離を経て、へこむ温巳。高校生活を彼女なりに楽しみ、そして自立へと意識を向けていく久留里。いつまでも変わらないと思っていたふたりの関係も少しずつ変わろうとしている。そしてそんな中、温巳にチャンスが訪れる。その機会を運んできた意外な人物とは…!?
  • 高杉さん家のおべんとう 8
    久留里が温巳のもとへ来て4年。温巳に対してほのかな恋心を秘めつつも自立へと意識を向ける久留里に応えるかのように、研究者として保護者として着実に成長する温巳。しかし、2人の関係を揺るがす決断に迫られる。
  • 高杉さん家のおべんとう 9
    おべんとうの中身を悩んだ分だけ、久留里との家族の距離が縮まるのを実感していた温巳。だが、そんな温巳を動揺させる、久留里の父親の存在・温巳の留学話が急浮上。伝えたいのに伝えきれない家族への言葉や思いは、どこへ駆けてゆくのだろう。
  • 高杉さん家のおべんとう 10
    三十路の温巳と19歳下のいとこ・久留里がお弁当をとおして家族になる物語がついに完結!! 淡い恋心を告白した久留里に対する温巳の返事とは…?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています