午前0時の忘れもの

午前0時の忘れもの

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

愛していれば、奇跡もきっと起こる――バスの転落事故で湖の底に沈んでしまった死者たちが、愛する人たちに別れを告げるために、午前0時に戻って来た! 深夜のバス・ターミナルでの、死者と生者の不思議な出会い。生きることの切なさ、命の輝き、そして人を愛することの素晴らしさを描ききった、赤川ファンタジーの傑作。(大林宣彦監督・映画『あした』原作)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2011年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

午前0時の忘れもの のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年11月07日

    とても心が温まる本。
    バス事故で亡くなってしまった人たちの知人、家族がメッセージを見てある場所に集まってもう一度再会するという話。
    伏線にはヤクザの抗争やラブストーリーやらあるが。
    失ってしまった人たちとまた会えたことで過去とのケリをつけられたし、この光景を見た人もまた人生を変えようと思ったり、みな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月20日

    この小説が書かれたのが1994年!まずそこに驚きである。だってこんなにも現代的だから。これにはさすが赤川次郎作品、と言わざるをえない。時代にとらわれない素晴らしい作品。
    そして後半では何度泣いてしまったことか。
    沙由利の気持ちとかめちゃくちゃ分かる。ルリの気持ちもめちゃくちゃ分かる。淳は怖いけどいと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月21日

    午前0時の「忘れもの」とは、何だったのだろう。

    死んでしまった恋人に、「一緒に来てくれ」と言われたら、果たしてすんなり受け入れられるだろうか。

    愛するということは、永遠を誓うことかもしれない。自分を犠牲にしてでも相手に尽くすことかもしれない。さまざまなかたちがあり、正解なんてない。
    けれど、愛す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月17日

    いつだっけ。買ったの。高3夏?
    話も好きだけど、演劇で見てみたいかも。
    ―バス事故で亡くなった、大切な人からのメッセージを受け取ったらどうしますか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月14日

    結局生きるというのは、幸せですてきなこと。しんどくて悲しい日もある。もう生きていたって何の意味もない、早く死にたいと思ったときもあった。けど生きてれば新しいことを学べるチャンスがある。自分の世界を広げられる可能性がある。金沢さんみたく「充分に生きた」と言えるまで、生きてみようと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月24日

    突然のバス事故により失われた命。
    その遺族に届く死者からのメッセージ。
    午前0時にバス停で…
    痛みを乗り越える物語。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月16日

    大切な人が死んで、会いたいと言われたら私も会いに行くだろうな。
    そして一緒に行く。
    ヤクザが絡むまさかの展開だけど生と死を考えさせられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月20日

    赤川次郎さんの本は初めて読みました。
    バスの転落事故で亡くなった死者達から愛する人達にメッセージが来て、戻ってくるとゆうお話。
    集合場所のバスターミナルには
    妻と子供をなくした人、彼氏をなくした人、妻と孫をなくしたヤクザの社長、憧れの人をなくした女生、夫をなくした妻と夫の会社の秘書など…メッセージを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月05日

    赤川次郎さんのファンタジー小説
    北海道のツアーバスが事故で湖の底に沈み多くの死者が出る。その亡くなった人が一時的に1時間だけ残った愛する人達に合うため現生(バスターミナル)に戻る。そこでおりなす其々の再開を描く。その再開の中にヤクザの親分も居て跡目争いの騒動も連携して面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月01日

    初めて読んだ赤川次郎さんの小説。
    ミステリーのイメージが強かったけど、実際に読んでみるとこの物語は面白かった。
    色々な人の人生が交差しているところも面白みの一つ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

午前0時の忘れもの に関連する特集・キャンペーン