天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって…。新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
掲載誌・レーベル
ファミ通文庫
電子版発売日
2012年09月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • “文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】
    通常版 1巻 604円(税込)
    天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で...
  • “文学少女”と飢え渇く幽霊【ゴースト】
    通常版 2巻 648円(税込)
    文芸部部長・天野遠子。自称“文学少女”。彼女は実は食べ物の代わりに物語を食べる妖怪だ。彼女の後輩・井上心葉は、常に彼女に振り回され「おやつ」を書かされている。そんなある日、文芸部の「恋の相談ポ...
  • “文学少女”と繋がれた愚者【フール】
    通常版 3巻 648円(税込)
    「これは食べ物への冒涜よっ!」物語を食べちゃうくらい深く愛している“文学少女”天野遠子。彼女が、図書館の本のページが切り取られていることを発見してしまったため、文芸部の後輩井上心葉は、またしても...
  • “文学少女”と穢名の天使【アンジュ】
    通常版 4巻 648円(税込)
    文芸部部長、天野遠子。物語を「食べちゃうくらい」愛しているこの“文学少女”が、何と突然の休部宣言!? その理由に呆れ返りつつも一抹の寂しさを覚える心葉。一方では、音楽教師の毬谷の手伝いで、なな...
  • “文学少女”と慟哭の巡礼者【パルミエーレ】
    通常版 5巻 669円(税込)
    遠子の受験・卒業を目前にし、寂しい思いにとらわれながらも、ななせと初詣に行ったりして、和やかなお正月を迎える心葉。だが、ななせがケガをし、入院先に見舞いに行った彼は、その心を今も縛り付ける、...
  • “文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】
    通常版 6巻 648円(税込)
    『悪い人にさらわれました。着替えと宿題を持って、今すぐ助けに来てください』―そんな文面で呼び出され、貴重な夏休みを姫倉の別荘で過ごす羽目になった心葉。“おやつ係”として呼ばれたはずが、麻貴の挑発...
  • “文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】 上
    通常版 7巻 648円(税込)
    2月。文芸部の放課後の時間は、今も穏やかに流れていた。けれど、遠子の卒業の日は迫っており、次第に彼女は別れをほのめかし始める。そして―。突然の、“文学少女”の裏切りの言葉。愕然とする心葉を、さら...
  • “文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】 下
    通常版 8巻 669円(税込)
    「書かなくてもいい。ずっと側にいる」―そう告げるななせに救われた心葉。だが、そんな彼を流人の言葉が脅かす。「琴吹さんのこと、壊しちゃうかもしれませんよ」…そんな時、突然、遠子が姿を消した。空っ...
  • 半熟作家と“文学少女”な編集者
    通常版 9巻 648円(税込)
    新しい担当編集の天野遠子嬢は、清楚な美人だった。――が、いきなり本棚の前でグルメ批評を始めるわ、ほんわか笑顔で容赦なく原稿修正を指示してくるわ、売れっ子高校生作家たるオレが、どうしてこうも振り...

“文学少女”と飢え渇く幽霊【ゴースト】

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年09月29日

【あらすじ】
文芸部部長・天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛しているこの自称“文学少女”に、後輩の井上心葉は振り回されっぱなしの毎日を送っている。そんなある日、文芸部の「恋の相談ポスト」に「憎い」「幽霊が」という文字や、謎の数字を書き連ねた紙片が投げ込まれる。文芸部への挑戦だわ!と、心葉を巻き込み調...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年09月22日

【あらすじ】
天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され、「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】

Posted by ブクログ 2017年02月04日

久しぶりに再読したのですが、まさかの一度目を登録していませんでした。びっくり。何となく文学少女シリーズの表紙を眺めていたら、好きな作品なのに内容が思い出せず手に取りました。話中、様々な作家さんや作品の名前が出てきてわくわくします。遠子先輩の個性的な性格にくすりとくる場面が多いですが、今作は太宰の人間...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】 下

Posted by ブクログ 2017年02月04日

最終巻か、と寂しくなりながら読み始めました。しかし、読み終えるとすごくスッキリした気分。最後まで期待を裏切りませんでした。流人君は神に臨む作家上でかなり性格が黒く描かれていたけれど、心はもろくて不安定だった。それはともかく、ハッピーエンドで終わって良かったです。

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と繋がれた愚者【フール】

Posted by ブクログ 2016年11月19日

文学少女シリーズ3冊目。シリーズの中で一番好きなこの作品。武者小路実篤の「友情」が主軸となり物語は進んでいく。
今回のメインは芥川くん。今まであまりスポットの当たらなかった彼が、今後のストーリーで重要になるのだろうと思わされる話だった。
とりあえず琴吹さんがどんどんどんどん可愛く思えてくる……

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と慟哭の巡礼者【パルミエーレ】

Posted by ブクログ 2015年11月17日

野村美月&竹岡美穂が2007年に発表した"文学少女"シリーズの第5巻です。文芸部の井上心葉と天野遠子を中心に学園で起こる事件や謎を(自ら首をつっこみ)解明していく学園モノです。文学作品をベースに、その作品内容に即した事件が起こるのですが、5作目は宮沢賢治の"銀河...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と穢名の天使【アンジュ】

Posted by ブクログ 2015年11月17日

野村美月&竹岡美穂が2007年に発表した"文学少女"シリーズの第4巻です。文芸部の井上心葉と天野遠子を中心に学園で起こる事件や謎を(自ら首をつっこみ)解明していく学園モノです。実在の文学作品をベースに、その作品内容に即した事件が起こるのですが、4作目はガストン・ルルーの&...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と繋がれた愚者【フール】

Posted by ブクログ 2015年11月11日

野村美月&竹岡美穂が2006年に発表した"文学少女"シリーズの第3巻です。文芸部の井上心葉と天野遠子を中心に学園で起こる事件や謎を(自ら首をつっこみ)解明していく学園ものです。実在の文学作品をベースに、その作品内容にそくした事件が起こるのですが、3作目は、武者小路実篤の&...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と飢え渇く幽霊【ゴースト】

Posted by ブクログ 2015年10月29日

野村美月&竹岡美穂が2006年に発表した"文学少女"シリーズの第2巻です。文芸部の井上心葉と天野遠子を中心に学園で起こる事件や謎を(自ら首をつっこみ)解明していく学園ものです。、実在の文学作品をベースに、その作品内容にそくした事件が起こるのですが、2作目は、エミリー・ブロ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】

Posted by ブクログ 2015年10月22日

野村美月&竹岡美穂が2006年に発表した"文学少女"シリーズの第1巻です。文芸部の井上心葉と天野遠子を中心に、実在の文学作品をベースに、その作品内容にそくした事件が起こる学園ものです。記念すべき1作目は、太宰治の"人間失格"でした。本作はミステリー的な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?