普天間よ

普天間よ

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

在日米軍基地の約75%が集中する沖縄。いまも「日常のなかにいつも戦争がある」基地のある町に暮らす祖母、父、娘、三世代それぞれの「普天間」。轟音の中での日常を切実に描き出す書下ろし中篇「普天間よ」を収録、戦前戦後を生き抜いて沖縄文学を牽引し続ける作家が沖縄の魂を織り込んで、「沖縄と戦争」をあぶりだす7篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
ページ数
286ページ
電子版発売日
2011年12月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

普天間よ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年09月14日

    戦争を異常事態でなく、日常に落とし込んで描かれた作品だと思った。

    沖縄戦を描いたものが3つ、当時を振り返ったものが3つ、今を描いたものが1つ。
    計7作の短編集。

    特に、最初と最後の「夏草」「普天間よ」が強く心を打った。

    沖縄戦は今も続いている。。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング