イチゴミルク ビターデイズ

イチゴミルク ビターデイズ

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

現金3千万円と紫色のちっちゃな下着をトランクに詰めて、高校時代の親友・鞠子が部屋に転がり込んできた。「人を殺したの」と言って……。その日から、普通のOL千種の悪夢が始まる、と思いきや?! 腐れ縁の元カレ・都丸も巻き込んで、3人の過去に一体何があったのか。幼くも一途な恋、将来への期待と不安、そして奇妙な友情。17歳の過去と24歳の現在を交錯させながら描く、異色の青春ストーリー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
ページ数
201ページ
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
1MB

イチゴミルク ビターデイズ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月08日

    さすがカーヴェイ、を再認識。タイトルのケバケバ感から敬遠していたが、予想外に爽やかでキレイにまとまっている。壁井独特の畳みかけるような?文体も健在で、キーリ以来のファンである自分にとっては嬉し懐かし!今作は異色、異色と言われているが、読んでみるとそうでもない気がする。たしかに主人公の年齢は高いほうだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月13日

    どうしようもない男性に魅かれてしまう女性が主人公なのですが、それがなんだかかわいらしくて、文章も読みやすいのでサクサク読めました。
    壁井さんのは「キーリ」しか知らなかったので、現代ものはどんな感じなのかしらと興味があって手にとってみたのですけど、心理描写? とかがわかりやすくて、あっちいったりこっち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月25日

    24歳と17歳を交互に行き来しながら進んでいく、
    甘いイチゴミルクの青春と現実のビターデイズ

    24歳 千種いづみ、日々をそつなくこなすだけのOLになってしまった

    17歳 美少女転校生の鞠子と誰にも秘密で親友になる


    一途というよりもはや腐れ縁で別れても結局またヨリが戻る彼氏の都丸


    17歳鞠...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月04日

    17歳の過去と24歳の現在を交錯させながら描く青春ストーリー。

    現金3千万円と紫のちっちゃな下着をトランクへ詰めて高校時代の親友が「人を殺したの」といって部屋にやってきた。
    そういう風に背表紙に書かれていたんですが、ミステリアスなものでなく青春の日々を描かれ、世界観に引き込まれいく。
    一人称は24...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月22日

    東京でOLとして働く主人公の千種と、不穏な言葉と共に大金を持って彼女のもとに転がり込んできた高校時代の親友の鞠子の二人の現在と過去の話。千種は昔の鞠子と変わっていないと言っているのに、どこか軽薄な印象を受ける現在と、妖しげな魅力を放つ現在の対比が面白かったです。鞠子は一緒にいると絶対疲れるだろうけど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2013年03月28日

    07年にメディアワークスから刊行された作品に加筆、
    修正した文庫化作品。基本的にライトノベルや
    ジュブナイル作品が多い壁井さんですが、今作は
    (本人的には)異例の大人向けな青春小説かつ、
    恋愛小説です。
    主人公の「千種」の17歳の女子高校生時代の過去と、
    その7年後の24歳、OL生活の現...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

    やっぱり壁井さんの本はいいなあ。
    別にメッセージ性が強い訳でもない普通の小説でもなんか共感できるというか。

    べつに千種のようなギャルでもないし鞠子みたいにハチャメチャな人でもないんだけど。
    でも千種が都丸とか鞠子に惹かれるのがわかる。
    京本さんを選ぶ方が正しいのは明白なのにそれができない千種は苦労...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月06日

    普通のOL千種と、ある日突然3千万を持って押しかけてきた高校時代の親友鞠子の話。

    イチゴミルクって高校生ーってイメージ。実際そんなに飲んだことないけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月28日

    なんだか、あまったるそうなタイトルなんだけど、別に中身は甘くはない。
    てか、しょっぱい、苦い。
    「ビター」というところが、かろうじて合っているかなぁ。

    いーかげんな「元彼」と美人だがいーかげんな親友に振り回される話。
    最後らへんはさんざん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月01日

    ハードカバーで出て読んでみたいなぁと思ってたやつが文庫化ってことで購入。
    壁井さん作にしては設定的に難しいところもなくするっと読める系のお話。
    ただ、好みは分かれると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています