環境問題の杞憂

環境問題の杞憂

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「環境」に関する話題については、日常生活や健康に身近なテーマとして関心が高い一方で、驚くべき誤解や非常識が世間一般にまかり通っています。一面的な悲観論に振り回されてストレスを溜めたり、不要な努力や出費を強いられたりするのは、なんともばからしい。地球環境から健康器具まで、中学・高校レベルの科学知識で冷静に捉え直してみれば――。意外にシンプルで「悪くない」環境問題の現実が見えてきます!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
214ページ
電子版発売日
2011年10月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

環境問題の杞憂 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今まで自分が環境問題について誤解していたことに気づかされた。
    誤解の原因はテレビ。
    情報を鵜呑みにしてはいけないなと強く感じた。
    といいつつ、早速この本の内容を鵜呑みにしてしまいそうだ…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月29日

    物事には白黒はっきりさせることが難しく特に環境問題を勉強した時にはそういった事例がたくさん出てくる。はっきり言ってそんなに珍しいことをこの本では言っていない。ただ物事を判断していくのにごく当たり前で重要なことを述べている。そんな気がした作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ダイオキシンや環境ホルモンなどの一時期ブームになっていた問題がどの様に的外れな騒ぎだったかを紹介しています。

    環境問題なんかたいしたことない、という趣旨の本かと思っていたら、
    メディアの誇張のおかしさや
    科学調査の不確実性の高さや
    メディアが殆ど取り上げていない環境問題の怖さについて
    色々と書かれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月20日

    環境科学・環境政策の研究者である著者による一冊。
    環境ホルモンや発ガン性物質等、「無条件に悪い」「完全に遠ざけるべし」と一般に思われがちな環境問題を、環境科学の視点から捉えなおす。

    よくある懐疑本のような主張の極端さはない。それぞれの話題では著者の立場が示されるものの、断定的な表現はなく、根拠とな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月04日

    大体知っていることが一通り書かれていた印象があります.私にとっては星三つですが,復習して頭の中を整理できますし,学生さんの初学書としては大変おススメです.タバコ,交通事故等のリスクと比較することも,常套手段ではありますが,1冊の書籍にまとまっているのがありがたいことです.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マスコミ環境問題ではなく、
    もうちょっとアカデミックな「環境問題」の入門の入門レベル。
    リスクという考え方になじみのない方は
    一読してみてはいかが。
    ちょっと勉強した方には物足りないと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング