「藤倉良」おすすめ作品一覧

【藤倉良】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/01更新

ユーザーレビュー

  • 環境問題の杞憂
    今まで自分が環境問題について誤解していたことに気づかされた。
    誤解の原因はテレビ。
    情報を鵜呑みにしてはいけないなと強く感じた。
    といいつつ、早速この本の内容を鵜呑みにしてしまいそうだ…
  • 環境問題の杞憂
    物事には白黒はっきりさせることが難しく特に環境問題を勉強した時にはそういった事例がたくさん出てくる。はっきり言ってそんなに珍しいことをこの本では言っていない。ただ物事を判断していくのにごく当たり前で重要なことを述べている。そんな気がした作品でした。
  • エコ論争の真贋
    最後は感情論という事と、政治は経済が絡んで決して善意からじゃないって事を示してくれいている。武田邦彦先生や伊藤公紀先生への反論も含んでいる(反論の仕方は大人な感じ)。主張の根拠は数値やその出展が明確でないものもあるし、理屈がよく分からないところもあるので、追加で勉強しないといけないかも(CO2の海洋...続きを読む
  • 環境問題の杞憂
    ダイオキシンや環境ホルモンなどの一時期ブームになっていた問題がどの様に的外れな騒ぎだったかを紹介しています。

    環境問題なんかたいしたことない、という趣旨の本かと思っていたら、
    メディアの誇張のおかしさや
    科学調査の不確実性の高さや
    メディアが殆ど取り上げていない環境問題の怖さについて
    色々と書かれ...続きを読む
  • エコ論争の真贋
    実にわかりやすく、そしてフェアに、ちまたのエコに関するもろもろを解説した本。
    特に武田教授の言説を、丁寧な口調で、しかし完全に論破しているのはすっきり。原発に関する武田教授の発言を見ればわかるように、ああいうのを放っておくのは害悪だよ。

    で、本書に戻ると、いろんな論点を整理しているとともに、「生物...続きを読む