美少年

美少年

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「いくっ、ああ、いきますっ」――美少年は全裸にされ、麻縄で縛られた。三人の醜い者たちに陵辱され、悶える美少年は妖しいほど美しい――。澄み切った黒い瞳、柔らかな鼻の線、花びらのような唇……気品と妖気のようなものさえ感じられる美男子の菊雄に、同性にもかかわらず、私はひきつけられていった。ある夜、私の下宿に泊まった菊雄に、堪えきれなくなった。熱っぽく息づく菊雄に欲情し、やがて唇と唇を重ね合わせ、そのまま……。官能小説の巨匠による精液と愛液にまみれた短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
274ページ
電子版発売日
2011年10月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

美少年 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年02月04日

    初めての団鬼六。
    前に映画版「花と蛇」を見て、それからずっと気になってた人。

    官能表現が上手で、想像が容易に出来るし、何より文章が綺麗。
    そして、残酷。

    簡単に中の短編をまとめると
    不貞の季節:NTR、緊縛
    美少年:女形、ホモ、NTR、緊縛、強姦
    妖花:ポルノ女優伝

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月26日

    表題作もいいが、「不貞の季節」が個人的には好み。
    エロも鬼六先生にかかれば、ここまで崇高なものに高められるのか。たまらん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月11日

    単なるエロ小説として読めばいいのか、文学として読めばいいのか、よくわかりませんが、まぁどう読むかは人それぞれってことで。

    これ読むと、SとかMとか軽く言えなくなる笑

    表題の作品が、読んでて可哀そう過ぎて辛かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    授業中に読んでふきだした作品です。その後真面目に読み返してみたらとても奥が深いというかわたしってとてもノーマルだなぁと思いました。これ読んだら自分がどノーマルだって証明されるよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    すいませんわたしもうマゾ名乗るのやめます。自分がいかに半端者か思い知らされました。凄いよ、団先生。本当のSMって身も心も同時に甚振るんだね…。勉強になりました。他のも読んでみたいな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    タイトルの他四編。
    縛っていじめてSMの世界。「不貞の季節」が作者の話なのか、フィクションなのか気になるところ。年季の入ったおじさまの匂いと言葉遣いが卑猥さ倍増。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月28日

    2015年22冊目は、今年に入って2冊目の団鬼六作品。

    妻を弟子に寝取られ、嫉妬にかられる「不貞の季節」

    独自の倒錯的官能美感を吐露しているような「美少年」

    男の器というものを感じさせられた「鹿の園」

    以上の短編が3篇。

    そして、日活ロマンポルノ、初代SMの女王谷ナオミの半生を回顧録的に綴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    腐女子のたしなみとして表題作のみ読みました。

    男同士ですが、やおい定義に当てはめるにはちょいと。
    というわけでカテゴリは軽判定ですが、内容は軽くないですよ。鬼先生だけに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    勝手に私淑させていただいてる鬼六せんせいの復活第一弾本?だっけ?え、適当・・・収録の不貞の季節は倦怠期萌えには破壊力満点!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています