最後の愛人

最後の愛人

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

24歳の愛人・さくら。お前は俺の最後の女だ――。私は自分の娘よりも10歳も若いキャバクラ嬢・さくらを愛した。彼女こそ、私が永遠に愛し続ける女の容姿の原形だった。しかしながら、70歳を越えた私のペニスはすっかり萎え切って、完全なるインポであり……。そんなある日、突然、さくらが死んだ。「先生ごめんなさい。先生を愛してました」そんな遺書をのこして、24歳の若さで自殺を遂げた――。なぜなんだ――残された72歳の作家がつづる慟哭と愛惜の日々。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
ページ数
188ページ
電子版発売日
2011年10月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

最後の愛人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    70の老境にて愛した、最後の愛人さくら自殺後、その切々としたさびしさを団先生が赤裸々に語った本。
    いわゆるSMポルノ作家の団先生だけども、まあこの随筆はなかなか、涙します。
    とはいえ、なんていうか、終わり二編は見ていて切ないというよりわびしいというか空しいというか、そんな気持ちでしたが。でもこれ読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    人を好きになることはとても純粋なことなのだと思いました。私は今までこんな恋はしていません。今の恋がこのように育てばいいと思います。(でも相手がいなくなるのは嫌)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています