ハリガネムシ
  • ptバック

ハリガネムシ

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

311pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

私は風呂無しアパートに住む、高校の倫理教師。サチコが、突然アパートに押しかけてきた日から、私は堕ちはじめた。入浴料二千五百円、サービス料一万二千円の店で働く痩せたソープ嬢。手首には無数のためらい傷。2人の奇妙な共同生活の中で、セックスと暴力だけが加速していく。その果てにあるのは? 人間存在の深奥を見据えて深い感動をよぶ傑作小説。「笑い、怒り、おぞましさ……これほど感情を翻弄された小説は久しぶりです」と山田詠美氏激賞の、戦慄の芥川賞受賞作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年10月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ハリガネムシ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年03月02日

    面白かった。爆笑するとこあり、共感するとこありで、まあ満足。これからクチュクチュバーンもよんで判断します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月18日

    未読であった事を後悔.身体を綺麗にする場で精神が汚れるってのが凄い良かった.だから墜ちたのか.本質が下にあったから墜ちたのか.面白かった.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「爆裂地区」の次に好き。読後、テンションが異常に落ち込む感じになる。この作品は中村文則に結構似ているかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月10日

    グロデスクな描写と登場人物達の気持ち悪さが際立っていた。面白そうなタイトルだったので読んでみたが、後悔した。もう読まない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月02日

    どこまでも狂っていく。
    歪んだ性癖、狂った興奮をしゃぶり尽くしながら。
    嫌悪するような場面もあるが、このドライブ感はすごい。読んでしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こういう部分否定できないかもしれない……
    な、なんだよ!
    ちょ、ちょっと待てって!
    俺がそうってわけじゃなくてさぁ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    とても、怖かった。という感じ。でも、どこか開放感溢れてて。つまり私は自分の気持ちが整理できないままこの本を読み終えてしまった。こんなのは初めてでとても不思議な気持ちになり、何となく「芥川賞受賞」の意味が分かる気がした。
    大人の世界の「実は」を鮮やかに描いている。受け入れがたいが、きっとそうなのかな、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月21日

    どこかで、中村文則が好きな人が好きそう、というコメントを見かけ、本書を手に取ってみた。
    確かに、似たような要素は見受けられたが、どこかあっさりというのか、さっぱりとした、そこで完結した様に感じた。タイトルから、自身の意思とは関係のないところで、ハリガネムシが自己を侵食、征服し、その行動の結果、ある種...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月15日

    特に何も残らない読後感。これこそが作中に漂う虚無なのだろうか。だとすれば作者の意図は完遂された。もう何も感じないんだよね。この手のやつ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月06日

    ハリガネムシって世にもおぞましい動きをするのですよね。カマキリから出て空中をクネクネ動いているのを目撃したことがある私としては、そうやって次第に大きく長くなっていく描写が欲しかった。エログロはもうどうでもいいって感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています