ゼロの使い魔 22 ゼロの神話

ゼロの使い魔 22 ゼロの神話

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ワールド・ドアの奥に映し出された地球。そして、教皇によって語られた真実。それは、究極の選択を迫るものだった。リーヴスラシルのルーンがサイトを蝕む中、サイトとルイズによる最後の神話がいま幕を開ける――。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
MF文庫J
電子版発売日
2017年03月24日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

書店員のおすすめ

あなたはツンデレという言葉をご存知でしょうか。
ツンデレとは、普段はツンツンしている女の子が二人きりになるとデレデレする(甘えてくる)ことです。
この作品は、そのツンデレという特徴を生み出したといっても過言ではない「元祖ツンデレ作品」です。
主人公はごく平凡な男子高校生です。
突然、彼の前に魔法陣が現れ、それに触れると異世界に飛ばされてしまいます。
その異世界は魔法の世界。
魔法に縁もゆかりもない主人公は、なぜかヒロインの女の子に使い魔として召喚されてしまいます。
最初はいざこざもあったこの二人ですが、物語を通して少しずつお互いを意識し始めていきます。
ツンデレ系ラブコメの完成形といってもいいかと思います。
ご興味がある方は一度目を通してみてください。非常に萌えます。

ゼロの使い魔 22 ゼロの神話 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

     ハルケギニアは地球で魔法が使えた《マギ族》が避難してきた異世界。ハルケギニアの大陸隆起から避難するため故郷である地球へ帰る(侵略もやむなし)というのがヴィットーリオの真の目的。聖地に魔法装置があるのではなく聖地から地球へ帰るというわけだ。
     ルイズは始祖の書に故郷に変ってブリミルの目的を達成すれば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    聖地がまさかの場所だったな。
    いままでに登場してきたロケットランチャーや零戦、戦車といった様々な武器は最終巻への大いなる伏線だったと思うと作者の凄さを感じるな。
    もし、聖戦が発生したら異世界からの侵略だとは思わずに報復の核攻撃が始まり、第三次世界大戦が勃発し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    大団円

    petekou 2017年03月30日

    前巻まで読んできた読者であれば必読です。
    賛否はあるかもしれませんが自分としてはまったく違和感無く読めました。
    ただただ、よくぞここまで、と書かれた方、編集の方皆さんの熱意が強く感じられ、半ばからは不思議と涙止まらず巻末まで一気に読み進めました。
    期待を超える最高の読後感でした。
    非常にアフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月24日

    シリーズ最終巻。原作者のとつぜんの逝去という思いもかけない出来事がありながらも、足掛け13年におよぶ長い連載を経て、ようやく完結となります。

    ハルケギニアを救うために、教皇は才人たちの暮らす地球を侵略する計画を明かします。アンリエッタをはじめとする才人の仲間たちは教皇の指図を受け入れまいとしますが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ついに完結

    ぷち 2017年04月01日

    作者が亡くなって、作品が完結しないと思ってた。
    でも、この作品で、きちんと完結してくれたので、一安心。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    色々言われているけど

    かぼ 2018年02月26日

    確かに途中から作者が替わっても違和感は少なかった。
    言われなきゃ分からない程度だろうから最後にも期待していた。
    だけど、映画の尺が足りないラストシーンのように、大した盛り上がりもなく余韻もなく、アニメのようなエンディングもなく、一気に呆気なく終わってしまったところがとても残念だし、作者が替わった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年05月07日

    ブリミルとサーシャの6千年前の結末を、サイトとルイズは克服し、無事ハッピーエンドを迎えることができた。

    教皇もルイズも才人も各々が自己犠牲の上に他人を生かそうとしている。すべてを助けることができないときには、どれか一つを選ばなくてはいけない。その時、どの案を選択するかは、各人の正義によるのだと思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ゼロの使い魔 のシリーズ作品 1~23巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~23件目 / 23件
  • ゼロの使い魔
    638円(税込)
    「あんた誰?」――才人が目を覚ますと、可愛い女の子が才人を覗きこんでいた。見回すとあたりは見知らぬ場所で、魔法使いみたいな格好をしたやつらが、才人と女の子を取り囲んでいた。その女の子・ルイズが才人を使い魔として別の世界へ「召喚」したらしい。訳がわからず面くらう才人に、ルイズは契約だと言って、いきなりキスしてきた。俺のファーストキス! と怒る間もなく、手の甲にヘンな文字が浮かび...
  • ゼロの使い魔 2 風のアルビオン
    パーティーでルイズとの距離が縮まった気がした才人だったが、ルイズは相変わらず才人を下僕扱い。納得いかない才人は、ルイズとケンカばかり。そんなある日、トリステインの王女アンリエッタが、ルイズたちに願い事を持ちかけてきた。かつて恋仲だったアルビオンの皇太子から、交わしたラブレターを返してもらいたいというのだ。その手紙は決して他人に見られてはならないものらしい。引き受けた才人たち...
  • ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書
    異世界・ハルケギニアに使い魔として「召喚」されてしまった才人。可愛いけれど魔法の才能はゼロのご主人様・ルイズとともに、アンリエッタ王女から頼まれた任務を無事果たした。ルイズは自分を守るために戦ってくれた才人を意識しはじめ、着替えや洗濯を自分でやったりして、ちょっぴり優しく接するようになる。だが、才人は急に変わったルイズの態度に「嫌われて警戒されてる……」と勘違いして卑屈になっ...
  • ゼロの使い魔 4 誓約の水精霊
    ある日、ルイズは王女アンリエッタに呼び出される。それは、伝説の魔法『虚無』を操るルイズの身を案じてのこと。そんなアンリエッタにあらめて忠誠を誓うルイズだったが、その陰でアンリエッタの心はウェールズ王子を慕い、深く沈んでいた。そのとき、彼女の想いにつけいるように、敵の策略が動き始め……!?
  • ゼロの使い魔 5 トリスタニアの休日
    才人はある日突然異世界ハルケギニアに『召還』されてしまった高校生。元の世界に戻る方法を探しつつ、美少女魔法使い(メイジ)・ルイズのもとで使い魔として暮らしている。顔は可愛くても高飛車で意地っ張りなルイズとは、いつからかお互いを意識するようになったものの、すれ違ってばかり。そんな状態で迎えた夏休み、アンリエッタ女王に町の偵察を頼まれた才人とルイズは、下町の酒場で住み込みのアルバ...
  • ゼロの使い魔 6 贖罪の炎赤石
    才人はある日突然異世界ハルケギニアに『召還』されてしまった高校生。元の世界に戻る方法を探しつつ、美少女魔法使い(メイジ)・ルイズのもとで使い魔として暮らしている。ルイズの通うトリステイン魔法学院は夏休みが終わり、下町でアルバイトしていた才人たちも学校に戻った。だが、アルビオンとの戦いが本格化するのにそなえて、生徒たちは故郷に帰省することになる。ルイズは才人をつれて帰郷するが...
  • ゼロの使い魔 7 銀の降臨祭
    才人がある日突然『召還』されてしまった異世界ハルケギニア。使い魔として、ご主人様のルイズとともに参戦したアルビオンとの戦いは、ひとまず連合軍――ルイズたちが勝利を収める。すっかり戦勝ムードでアルビオンとの決戦に備える連合軍だが、才人は先日の戦闘のことを引きずって元気がない。ルイズは才人を励まそうと、ちょっぴり大胆な振る舞いもしてみるが、才人は上の空。ルイズは拗ねてしまい、そん...
  • ゼロの使い魔 8 望郷の小夜曲
    才人はある日突然使い魔として異世界に『召喚』されてしまった高校生。魔法使い“メイジ”の可愛いご主人様・ルイズが従軍したアルビオンとの戦いで、ルイズを逃がすために戦った才人は、大怪我をして意識を失ってしまう。倒れていたところを金髪の美しい少女に助けられ、なんとか一命をとりとめた。少女の名はティファニア。森の中で隠れるように暮らしている彼女は、特殊な生い立ち故に臆病で恥ずかしがり...
  • ゼロの使い魔 9 双月の舞踏会
    才人は使い魔として異世界に『召喚』されてしまった高校生。トリステインとアルビオンの戦いで、可愛い魔法使い(メイジ)のご主人様・ルイズと離ればなれになってしまったが、ようやく再会を果たした。前よりもお互いの距離が近くなったように感じ、ルイズは自分の気持ちに素直になりたいと思う。だが、才人を助けてくれた少女ティファニアやシエスタの存在が気になってぎくしゃくしてしまい、うまくいか...
  • ゼロの使い魔 10 イーヴァルディの勇者
    才人は使い魔として異世界ハルケギニアに『召喚』されてしまった高校生。トリステインとアルビオンの戦いの後、ご主人さまであるルイズとともに学院に戻った彼は、女王アンリエッタから騎士に任命される。誰かに必要とされることで、才人は次第に「こっちの世界でみんなの力になりたい」という思いを強くしていく。ルイズは、態度こそ今までどおりに邪険にしながらも、「サイトが一番幸せになる方法」を考...
  • ゼロの使い魔 11 追憶の二重奏
    使い魔として異世界ハルケギニアに『召喚』されてしまった高校生・才人は、ご主人さまのルイズとともに、ガリアに囚われていたタバサを無事に救出。隣国ゲルマニアでつかの間の休息をとっていた。ルイズは「才人に好かれている」という自信をつけ、二人はちょっといい雰囲気なような、でも素直にはなれない状況が続いていた。そんな中、ルイズはアンリエッタへ向けてお詫びの手紙を出し、やがてその返信が...
  • ゼロの使い魔 12 妖精達の休日
    トリステインの女王アンリエッタの頼みで、ティファニアを迎えにいった才人たち一行は、妨害にあいながらも、どうにか学院に戻ってきた。ティファニアはアンリエッタの計らいで、ルイズたちと同じように学院に通うことになり、その可愛らしい容姿と「革命」な胸のため、あっという間にクラスの人気者になる。しかし、ハーフエルフであることを秘密にしておきたいティファニアは、いつも帽子をかぶっておど...
  • ゼロの使い魔 13 聖国の世界扉
    才人が元の世界へと帰るための方法を探してあげたい。でも、才人に帰ってほしくない。二つの気持ちに戸惑うルイズ。一方、里心がついた才人だったが、ハルケギニアで仲良くなった人たちを見て、心が揺らいでいく。「こっちの世界にいてもいいんじゃないか」と思い始める才人。そんな折、女王アンリエッタより、ロマリアへと来てほしいと連絡がくる。“虚無の担い手”であるルイズとティファニアへ告げるべき...
  • ゼロの使い魔 14 水都市の聖女
    ガリア王ジョゼフの野望を砕くため、ロマリアへの協力を決めたルイズ。しかし、最も危険な役割を担う才人を案じたルイズは、ロマリア教皇の持つ「虚無」の力を借り、才人を元の世界へと戻すことを決意する。才人が突然姿を消したことにとまどうティファニアたちだったが、ガリアを迎え撃つために国境近くの街・アクイレイアへと出発したため、うやむやになってしまう。一方、ジョゼフの命令を受け、騎士人...
  • ゼロの使い魔 15 忘却の夢迷宮
    ハルケギニアに残ることを選択したサイトは、タイガー戦車を駆りシェフィールドが率いるヨルムンガントの“軍団”の撃退に成功する。ルイズの危機を救い、再び絆を取り戻したルイズとサイト。「でもでも、そんな妄想ゆるさないんだからね!」傍から見たらただのいちゃいちゃな喧嘩を繰り広げつつ、つかの間の安寧を楽しむ二人だったが、ロマリア教皇ヴィットーリオ、そしてガリア王ジョゼフの「虚無の担い手...
  • ゼロの使い魔 16 ド・オルニエールの安穏
    様々な思いと策謀が絡んだガリア王ジョゼフとの戦いが終わって、才人たちは学園へと戻ってきた。全生徒の前で表彰され、アンリエッタからの褒美をさずかった水精霊騎士隊の面々は、それぞれ人気を取り戻して、幸せな時を過ごしていた。才人とルイズも、ふたりだけの世界に浸り……たかったのだが、シエスタがくっついて離れない。約束したお屋敷探しにも口を出されて、ルイズはご立腹。「メイドは雇わずって...
  • ゼロの使い魔 17 黎明の修道女
    奇妙な二人組の刺客に襲われた才人は、心配して捜しにきたシエスタに助けられて息を吹き返す。しかし、待っていたのは、「ルイズがいない」という現実。落ち込みまくる才人は、シエスタに叱られ、励まされて、ルイズを捜し始める。アンリエッタにも事の次第を報告し、大がかりな捜索へと発展した。その頃、傷心のルイズはとある宿場町で、危険な雰囲気をまとう魅力的な少女と知り合う。ジャネットと名乗る...
  • ゼロの使い魔 18 滅亡の精霊石
    才人の元に戻ってきたルイズは、才人に素直な気持ちを告げる。「会えないときは、いっつもあなたのことばかり考えてるの」それは、たくさん考えた末に、それでも才人と一緒にいたいと願う言葉だった。二人は初めてはっきりと気持ちを通わせあい、幸せにひたる。同時に、ルイズはハルケギニアを救うため、ロマリアの野望を止めることを決意した。二人はアンリエッタたちと協力し、まずはタバサを救い出して...
  • ゼロの使い魔 19 始祖の円鏡
    ド・オルニエールの屋敷では、ルイズとシエスタとタバサが才人をめぐって微妙な攻防を繰り広げる日常が続いていた。国はハルケギニアを滅亡から救うため、聖戦の準備を着々と進めていたが、才人は自分たちにエルフを倒す力があるのだろうかと疑問に思う。「ルイズは、そんな強力な魔法に耐えられるんだろうか……」しかし才人の懸念をよそに、ティファニアも虚無の担い手として使い魔召喚することになり、才...
  • ゼロの使い魔 20 古深淵の聖地
    「やっぱりわたし、サイトのこと好きなのかな」「見せるの、そんなにイヤじゃなかったの」「わたし、悪い女の子なんだわ。友達の恋人を好きだなんて」――ティファニアの『革命胸(バスト・レボリューション)』のおかげでエルフの追っ手から逃れた才人たちは、ルクシャナの導きでとある島を訪れる。この世界の生き字引といわれる水韻竜に会うためだ。だが有益な情報はなく、やきもきしながら過ごすうちに、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています