15×24 link four Riders of the Mark City

15×24 link four Riders of the Mark City

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「Fwd:ジョンの都市伝説、知ってる?」徳永を巡って抗争となり、捜索隊を襲い始める五大自警団。明らかになるトウコの秘密。笹浦たちは自警団の〈遊動〉と人生を賭けた勝負をする。伊隅とホノカは、ファブリと連絡を取り始めるが…。「ですが先生、私はそこでひらめいたのです。これはかえって好都合かもしれません。彼女を海に落としてしまえばいいのです。これならば返り血を浴びることもありませんし、吐瀉物や排泄物の後始末をする必要もありません。これです。これが最良の方策です。私は確信しました。海です、海こそが正解です。完璧な場所なのです。海はすべてを受け容れ、すべてを裁くのです。ああ、これはどなたの言葉だったでしょうか。憶い出せません。ですが、それはまさにこの世の真理を指摘しているのだと私は思います。すべての生命は海から来たのです。そこへ還してあげることに、何の不都合がありましょうか。」(パート8「Riders of the Mark City」より)

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 集英社スーパーダッシュ文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
340ページ
電子版発売日
2011年07月15日
サイズ(目安)
7MB

15×24 link four Riders of the Mark City のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年02月05日

    どんどん奥へ!

    東京のそこに巣くう都市伝説
    そして今回の事件との関連。。。

    真相が徐々に明らかになっていくが、
    アクシデントは容赦なく襲ってくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月08日

    うーん、急に野球対決になる、みたいな展開は漫画的すぎてちょっと受け付けなかった。ただ、徐々にキャラクターたちの裏の部分であったり、生死についてのそれぞれのスタンスだったりが見えてきた。続きが楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月19日

    大人の介入によって“騒動”は“事件”に。しかし、子供ら!。お前らマジウゼエ!って本気になる辺り著者の術中にはまってるのか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    次に巻き込まれていくのは新たな東京のアンダーグラウンド。背景に暴力団、ネズミ講、電子通貨、そして、野球(!)である。徳永準に加えて、ピンクのケータイというアイテムが捜索対象に加わり、一体どれだけの勢力と思惑が重なり合うのかという混沌。消えたいはずの徳永準はコードと化し独り歩きする皮肉。主要人物に対し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

15×24 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った
    15人の24時間! 高校生・徳永準の自殺予告メールがネットに流出。友人・笹浦は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成する。ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉がはじまる!! 「わたしと今日会いたかったら、そのトクナガくんの自殺を阻止してきて。ううん――阻止しようとがんばってみて。彼が死ぬのをやめさせるために、時間を費やしてきて。ずっととは言わないよ。成功しなくてもいい、努力だけで。証拠もいらない。努力してきたよっていうキミの言葉を、信じるから。でもそれまではキミと顔をあわせない。……彼が死にたいって思う気持ちを、せめて明日まで、遅らせようとしてみて」(パート3「せめて明日まで、と彼女は言った」より)
  • 15×24 link two 大人はわかっちゃくれない
    話題作にして問題作、大晦日の群像劇、第2弾! 縮まらない準との距離に焦燥する捜索隊。同じ頃、準のブログの存在が明るみになってしまい、捜索隊の一部は謎の男にケータイを奪われ、連絡がとれなくなり…? 「こんな貴重な教訓を、君たちは眼球たった一個の代償で学べたんだ。大いに喜んで、今後の人生設計に活かしていこうじゃないか。さーて、座が盛り上がったところでミツハシ君。……おじさんの探してる例の携帯電話、どこにあるんだろうね? 今ならまだ片方の目だけで済んでるよ。彼女のお腹の赤ちゃんもまだ五体満足だ」(パート5「大人はわかっちゃくれない、もしくは2vs13」より)
  • 15×24 link three 「――裏切者!」
    「――裏切者!」ついにサスペンス始動! 〈17〉とネット心中を図るため、徳永準は〈捜索隊〉の包囲網から再び脱出に成功。彼の噂は巨大な都市伝説と化す。一方、謎の男・ファブリも《名簿》の入った携帯電話を奪回すべく暗躍を開始する! 「そしてXは最後に、こんなことを電話越しにNに語ったらしい。――人間というやつは、どこをどうしても金になります。生かしても、殺しても。つなげても、切り刻んでも。働かせても、きれいに飾っても。金になるのは、支払うやつと受け取るやつがいるからです。その両端があれば金は動きます。どれだけ禁じても、金はどうにかして動く道を見つけだす……それが金というもんです。そして金が動けば人は必ずつき従う……人というのはそういうもんです。子供をさらう悪党は、いつの時代、どこの国にもおりました。じゃあどうして、今のこの国にだけおらんと言えますかね?――」(パート7「――裏切者!」より)
  • 15×24 link four Riders of the Mark City
    「Fwd:ジョンの都市伝説、知ってる?」徳永を巡って抗争となり、捜索隊を襲い始める五大自警団。明らかになるトウコの秘密。笹浦たちは自警団の〈遊動〉と人生を賭けた勝負をする。伊隅とホノカは、ファブリと連絡を取り始めるが…。「ですが先生、私はそこでひらめいたのです。これはかえって好都合かもしれません。彼女を海に落としてしまえばいいのです。これならば返り血を浴びることもありませんし、吐瀉物や排泄物の後始末をする必要もありません。これです。これが最良の方策です。私は確信しました。海です、海こそが正解です。完璧な場所なのです。海はすべてを受け容れ、すべてを裁くのです。ああ、これはどなたの言葉だったでしょうか。憶い出せません。ですが、それはまさにこの世の真理を指摘しているのだと私は思います。すべての生命は海から来たのです。そこへ還してあげることに、何の不都合がありましょうか。」(パート8「Riders of the Mark City」より)
  • 15×24 link five ロジカルなソウル/ソウルフルなロジック
    夜明けにもっとも近い刻こそ、闇はいっそう深くなる――〈捜索隊〉に与えられたタイムリミットまで残り数時間。殺人鬼・ファブリの魔の手は、ついに一行を捉える。そして、徳永準の前に現れた少女の目的とは…? 「突然――スタジオから飛び出して、アタシは〈捜索隊〉に復帰したくなった。なにもかも放り出して、ビキニのままで、今日初めて知り合った大切な仲間たちのために、東京中を走り回りたくなった。(おちつけ、おちつけ、オサリバン・愛!)これは仕事なんだ。アタシの選んだ仕事なんだ。ここがアタシの戦線なんだ。だからアタシは歌うんだ。――今のアタシは、こんなことしかできないけど。ビキニの道化師で、見事に鼻フックやりとげて、お屠蘇気分のお茶の間の皆さんにクスリと笑ってもらうのが精いっぱいだけど。でも、仲間たちが、がんばってるから。どこかできっと、がんばってるから。だからアタシも全力で歌う。遠い遠い異国の、アタシの遥かなる故郷、遥かなる一族の歌を。」(パート11「Into the Midnight」より)
  • 15×24 link six この世でたった三つの、ほんとうのこと
    完結! オレらはみんな、つながってるんだ。〈捜索隊〉に与えられたタイムリミットまで残り数時間。ファブリの魔の手は笹浦に迫る。最後の賭けに出る藤堂、究極の試練に挑むマリエたち。〈ライトノベル史上最も長い一日〉、クライマックス! 「その時だ。オレ、ふいに解ったんだ。イチナナが誰なのか。心中の決行時刻が、どうして途中で半日も延期されたのか。」(パート13「この世でたった三つの、ほんとうのこと instrumental version」より)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社スーパーダッシュ文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング

15×24 に関連する特集・キャンペーン