龍は薫風に翔(かけ)る

龍は薫風に翔(かけ)る

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

動乱が終結し、平和を取り戻した四龍島(スーロンとう)。飛(フェイ)は、『小黒龍(シャオヘイロン)』の名を背負ったまま黒龍屋敷で街の立て直しに尽力していた。だが、西里(さいり)への想いは断ちがたい。おのれの心と、師父の遺した「黒龍をよろしく頼む」という言葉との間で飛は揺れる。やがて、大春節(たいしゅんせつ)の日に正式に『龍』を継ぐことが決まった。飛は、ひとつの決断を下した…。ロングヒット・カンフーアクションロマン、ついに感動の最終巻!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「龍は薫風に翔(かけ)る」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2004年11月16日

愛しさや嬉しさや喜び。そんな感情の中で優しさに涙してしまう最終巻。
騒乱もようやく静まり、黒龍の立て直しに尽力する人々と飛。春を祝う大春節を間近に控え、白龍、朱龍、青龍が徒な悪戯の計画を立てる中、黒龍の名を載くようにと冬眠から、そして雷英からも言われた飛は…。
ついに向かえた最終巻は、本当に様々な想...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年08月30日

「龍は微睡む」で始まり、「龍は薫風を駆ける」で終わり。

 カンフーアクションと銘打たれ、なかなか楽しかったが、主人公二人ができあがっ
てからは幽霊の熱も冷めてしまった。
 もしかしたら樓主は恋愛忌避症か・・・・・・?
できあがるまでの、微妙な駆け引きが楽しかったのであって、本当にそうなられる
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年06月03日

ついにラスト。戦いを終え、黒龍にて「小黒龍」として黒龍の復興に力をそそぐ飛。
皆に愛され、次期黒龍と期待される。
春には還ると誓ったことが叶いそうになくなる。
そして大春節。親である黒龍に他の3市の龍も顔を揃えた。そのときマクは飛に月末までに帰らなければ黒龍を攻めると囁く。
飛もまた帰る決意をし、己...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!