龍は荒だつ

龍は荒だつ

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

黒龍(ヘイロン)の動乱を治めるために、白龍(バイロン)に手勢を借りにいくことにした飛(フェイ)。次期『黒龍』の名を背負ったまま、マクシミリアンとの再会を果たす。改めて、自分の還る先はこの男のもとだと感じた飛だが、確かにこの場所に戻れるのか定まらないまま、師父との戦いの場に赴くことに。海には本土伍家(ウーけ)の船団が控え、陸路からは月亮(ユエリャン)の手勢が迫る。ついに、島じゅうを巻き込んだ争いの火蓋が切られた!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「龍は荒だつ」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2008年08月30日

「龍は微睡む」で始まり、「龍は薫風を駆ける」で終わり。(と、思ったら続編が出た)
 レビューは薫風にまとめてます♪

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2004年11月15日

あぁ、だから飛は必死に白龍の街を、そして花路を守ろうとしてたんだなと、しみじみ、そしてじわじわ感じるこの1冊。
決起の手勢を借りるため、白龍に向かった飛。花路の人手は無事に借りられたものの、決起を前に南里と東里に走ることを余儀なくされる。2つの街を走り、無事に飛が北里に戻る頃、港から、北から攻め入ら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年06月02日

飛は味方を得るため白龍へ。そして花路の協力を得られることになる。その分、朱龍では樹林房、青龍からは高牢街の協力が必要。飛は自ら赴き、その協力を取り付ける。そしてついに海には本土伍家の船団が控え、陸路からは月亮の手勢が迫る。島じゅうを巻き込んだ争いの火蓋が切られた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!