龍は濡れ濡つ

龍は濡れ濡つ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

領主である『白龍(バイロン)』が白昼堂々、花路(ホワルー)の頭(トウ)を拉致(らち)したことで、街は騒然となった。屋敷に真意をただしても煮え切らない返事ばかりで、花路の中でも『白龍』への不信が渦巻き始める。一方、本土外人居留区へ連れていかれた飛(フェイ)は、ついに己の出自の証拠を突きつけられた。が、マクシミリアンの少年時代の深い心の闇に触れ、彼を置いて逃げることにしだいにためらいを覚え始めるが…。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

龍は濡れ濡つ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    無理やり本土へと飛を攫ったマク。向かったのは伍家だった。そこで戸籍を見る。そこには飛の本当の名が。飛蘭という蘭の名を見て、飛の出自を確信する。どんなに迫ってもマクを見ようとしない飛に、マクは脅しをかける。逃げる場所をうばってやる・・・
    そして、先に島へ戻ったマクは花路の退去命令の草案を本土に残してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    飛もマクシミリアンも、もう二度と幸せになれないんじゃ? とかなり心配になってきたシリーズ。この先ホントにどうなってしまうのかと不安でなりません。
    マクシミリアンに拐われて本土居留区、マクシミリアンの育った屋敷に連れて来られた飛は、そこで明らかな証を見せ付けられる。そんな中、本格的に動き出した師父達に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月10日

     ついにぷっつんしたマクシミリアンが、飛を連れて本土へと出かけてしまった……。

     読んでる側としてはそれだけのことなんですが、街の中の人にとってはそうはいかない。

     領主である『白龍』が、白昼堂々花路の頭を拉致した……ということになってしまい、街は騒然とする。
     羅漢と葉林の二人の大兄は、白龍屋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています