龍は波濤を呼ぶ
  • 値引き

龍は波濤を呼ぶ

作者名 :
値引き価格 396円 (360円+税) 7月16日まで
通常価格 495円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ついに『青龍(チンロン)』がその牙を剥いた。白龍(バイロン)を欺き、樹林房(シュリンファン)主人の命を狙ってまでひそかに木材を集めてきたのは、白龍を攻撃する船団を作るためだったのだ。だが、敵がどこに船を隠しているのかわからず、飛(フェイ)はあせりを覚える。一方で、街を騒がせ続けた祥船(シャンチョアン)の跡取り千雲(チェンユン)が、青龍と内通していた証拠の書状を残して突然失踪する。いよいよ対決の時が迫っていた…。四龍島(スーロンとう)シリーズ第9弾!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

龍は波濤を呼ぶ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年10月08日

    いよいよ感たっぷり。
    青龍様よりマクシムより、作者がどS。
    どうなるのか知っててもハラハラする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「龍は微睡む」で始まり、「龍は薫風を駆ける」で終わり。(と、思ったら続編が出た)
     レビューは薫風にまとめてます♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    9冊目のこの作品では、千雲の切ないほど強い想いや、沢山の人の沢山の想いを存分に味わってください。
    青龍が喧嘩を仕掛けてくることを予測して、相手の手の内を読もうとするも、敵地が知れずに焦る飛。それを嘲笑うかのようなマクシミリアンの言葉と態度に苛立ちながらも必死に敵地を見付だし、マクシミリアンとともに乗...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    青龍が材木を集めていたのは白龍を攻めるための船を作るためだった。笑大姐が花路に伝えてくれた話を頼りに、その船の在り処を捜すが見つからない。焦る飛。一方千雲は青龍と与し、白龍を欺いてきたが、本当の願いは李たちと同じだった。そんな千雲を海牙で青龍から救った飛はそこで玲泉も発見。助けようとするが、崖から落...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月16日

     前巻で、白龍に愛する姉にちょっかいを出されてしまったこが、青龍の逆鱗に触れ、ついに青龍がその牙を剥いてしまう。
     白龍を欺き、樹林房主人の命を狙ってまで密かに木材を集めていたのは、白龍を攻撃するための船団を作るためだったのだ。

     一方で、青龍と手を結び、街を騒がせ続けた祥船の跡取りである千雲が、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています