龍は戯れる

龍は戯れる

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

マクシミリアンを追って青龍(チンロン)屋敷までやってきた飛(フェイ)。酔熊(ツォイション)という男の助けを借りて首尾よく屋敷に潜り込むが、『青龍』の不穏な噂に警戒感を覚えていた。屋敷に単身のりこんだマクシミリアンは、『青龍』麗杏(リーシン)に、表向き客人としてもてなしを受ける。宴会でまたも酔ったふりをしたマクシミリアンは、一同が油断した隙に麗杏の偏愛する姉の雪蘭(シュエラン)を誘拐するが…!? 緊迫の四龍島(スーロンとう)シリーズ第8弾!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

龍は戯れる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月23日

    麗杏様ついにご乱心。どえす。
    タイトルの龍は麗杏様の方じゃないの?どえす。
    雪蘭様見てるとものすごい不安になるわ。
    がんばれぼくらのわんりーたーれん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「龍は微睡む」で始まり、「龍は薫風を駆ける」で終わり。(と、思ったら続編が出た)
     レビューは薫風にまとめてます♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    8冊目のこの作品では、なんとも言い難い青龍その人をじっくり見ることができます。この人のキレっぷりはいつ見ても驚きですが。
    マクシミリアンの後を追って青龍屋敷に乗り込もうとする飛は、途中で出会った酔熊に案内を頼む。敵地・青龍で危うい賭のしな、青龍屋敷に玲泉がいると知った飛は、そこで玲泉との意外な関係を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    今回マクはお戯れ☆
    青龍屋敷を訪れたマク。もちろん青龍とは裏のかき合い、腹の探りあいを飄々とやってのけます。飛はちょー大変。青龍はいろいろ仕掛けてきますが、青龍の大切にする姉、雪蘭を手なずけてしまったマクは、マクを連れ戻しに来て捕まった飛をあっさり雪蘭に助けさせちゃいます。からまわり青龍・・・。でも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月16日

     勝手に飛をおいて、敵の総本山である青龍屋敷に行ってしまったマクシミリアンを追って、飛もまた青龍屋敷までやってくる。
     しかし、客人として呼ばれた訳でもない飛が中に入るのは容易ではない。
     中に入る方法をいろいろ考えた飛だったが、そこにちょうど現れたのが、酔って男たちにいためつけられる酔熊。飛は、酔...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています