グラビアの夜

グラビアの夜

作者名 :
通常価格 385円 (350円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

編集者・高橋は苛立っていた。一流出版社で文芸書を作るはずだった自分が、今夜もスタジオで水着の女の子を眺めながら青年コミック誌のグラビア撮影を仕切っている。俺はこんな場所にいるはずじゃないんだ……。彼は密かに、挫折した夢を取り戻そうと決意する。夜のスタジオを舞台に、グラビア撮影現場のスタッフたちは自分の居場所を見出そうとしてあがく。彼らの思惑と葛藤を描き出す連作短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
192ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

グラビアの夜 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年03月04日

    『私のこと、好きだった?』以上にあっという間に読んでしまった。私にとって、ホントに文章が読みやすいだよね。
    この作品は、解説で瀧井朝世氏が書いているように「夢が叶わなくても、人は不幸になるとは限らないのだ。それを教えてくれる本書は、今の時代に必要な“仕事小説”でもある」にハゲドー(=激しく同意)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月11日

    薄くてさっくり読める。解説にあったように、登場人物が程よく醒めている感じが現代人っぽい。深刻にはならないけど、読んで心に残ること多し。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月25日

    雑誌のグラビア撮影現場という同じ場面を、

    編集者

    スタイリスト

    ヘアメイク

    カメラマン

    芸能マネージャー

    グラビアアイドル


    と、各視点から描かれている連作集。


    つまり、

    全て同じ状況という短編集です。


    でも読み応えあり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月15日

    グラビアアイドルの世界を舞台にした連作短編集。

    それぞれで視点人物(主人公)が変わっていく。編集者、マネージャー、グラビアアイドルなどなど。

    前の短編の視点人物を次の視点人物が否定したりするのに読んでるといちいち振り回された。そのあたり、林真理子の真骨頂、という印象。
    まあ単に自分の未熟さゆえ振...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月07日

    ◆あらすじ◆
    編集者・高橋は苛立っていた。
    一流出版社で文芸書を作るはずだった自分が、今夜もスタジオで水着の女の子を眺めながら青年コミック誌のグラビア撮影を仕切っている。
    俺はこんな場所にいるはずじゃないんだ・・・・・・。
    彼は密かに、挫折した夢を取り戻そうと決意する。
    夜のスタジオを舞台に、グラビ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月22日

    個々の話で伝わってくるものはあんまりなかったけど、解説がよかった。

    適材適所ね。確かに。
    仕事は楽しくしないとね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月07日

    買ったはいいものの長いこと部屋の中に埋もれていた小説。

    表紙の華やかさと対照的に、非常にフラットなトーンで書かれた小説。
    決して一流とはいえない水着グラビアの現場で働く、
    編集者、スタイリスト、カメラマン、マネージャー、グラビアアイドル。
    それぞれがそれぞれの思惑を持って、仕事をこなす様子がモノロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月04日

    十何年前、林真理子や山田詠美や村上龍や村上春樹や吉本ばななが、
    私の中で流行作家的扱いされていた頃、
    林真理子と村上龍は、仲が悪かった。
    私の思い込みだか事実だったかわからないけど。
    私は村上龍派。

    林真理子は、なんだかやっぱり、
    いつもおもしろそうに見えて全然おもしろくない。

    どんな本が今読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月23日

    色んな人の視点から

    でも、ちょっと大人向きかな

    どんな感想書けばいいのか
    分からないw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月08日

    表紙がかわいいと思って購入。
    内容は上辺な感じであまり染みてこなかった。
    ビロウド物語とかは、結構ずぶりと来たんだけどな。。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています