グラビアの夜

グラビアの夜

作者名 :
通常価格 378円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

編集者・高橋は苛立っていた。一流出版社で文芸書を作るはずだった自分が、今夜もスタジオで水着の女の子を眺めながら青年コミック誌のグラビア撮影を仕切っている。俺はこんな場所にいるはずじゃないんだ……。彼は密かに、挫折した夢を取り戻そうと決意する。夜のスタジオを舞台に、グラビア撮影現場のスタッフたちは自分の居場所を見出そうとしてあがく。彼らの思惑と葛藤を描き出す連作短編集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
192ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2010年03月04日

『私のこと、好きだった?』以上にあっという間に読んでしまった。私にとって、ホントに文章が読みやすいだよね。
この作品は、解説で瀧井朝世氏が書いているように「夢が叶わなくても、人は不幸になるとは限らないのだ。それを教えてくれる本書は、今の時代に必要な“仕事小説”でもある」にハゲドー(=激しく同意)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月11日

薄くてさっくり読める。解説にあったように、登場人物が程よく醒めている感じが現代人っぽい。深刻にはならないけど、読んで心に残ること多し。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月25日

雑誌のグラビア撮影現場という同じ場面を、

編集者

スタイリスト

ヘアメイク

カメラマン

芸能マネージャー

グラビアアイドル


と、各視点から描かれている連作集。


つまり、

全て同じ状況という短編集です。


でも読み応えあり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月15日

グラビアアイドルの世界を舞台にした連作短編集。

それぞれで視点人物(主人公)が変わっていく。編集者、マネージャー、グラビアアイドルなどなど。

前の短編の視点人物を次の視点人物が否定したりするのに読んでるといちいち振り回された。そのあたり、林真理子の真骨頂、という印象。
まあ単に自分の未熟さゆえ振...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月07日

◆あらすじ◆
編集者・高橋は苛立っていた。
一流出版社で文芸書を作るはずだった自分が、今夜もスタジオで水着の女の子を眺めながら青年コミック誌のグラビア撮影を仕切っている。
俺はこんな場所にいるはずじゃないんだ・・・・・・。
彼は密かに、挫折した夢を取り戻そうと決意する。
夜のスタジオを舞台に、グラビ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています