危険な斜面

危険な斜面

作者名 :
通常価格 569円 (518円+税)
紙の本 [参考] 576円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

男というものは絶えず急な斜面に立っている。爪を立てて上に登って行くか、下に転落するかだ──。10年ぶりに歌舞伎座で会った女は、豪華な装いで、男の勤める会社の実力派会長の愛人になっていた。彼女を利用して昇進に成功した男は、やがて彼女が邪魔になり……。表題作の他、強盗殺人犯の妻と張り込みの刑事を描く「失敗」、大新聞社の職をやめ、都落ちして勤めた田舎の新聞社で奇妙な事件に出くわす「投影」など、語り口のうまさに思わず唸る、全6篇を収録。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2007年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2012年09月30日

    全六編が収録された短編集。
    私のオススメは何より二つ目の『二階』。
    夫思いの出来た妻幸子と病身の夫英二、そして自宅に雇い入れた看護婦裕子。
    妻の心理描写がうまいなぁーと感じながらも先は読めるぞ!などと思っていたのですが、ラストでやられました。
    まさか、そうなるとは!!!!!

    見事な心理サスペンスで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月24日

    面白かったです。松本清張は小説を読むのは多分初めてです。時代の違いは感じましたが、短編なのに重厚さがあって、でも読みやすかったです。「危険な斜面」「投影」が好きでした。人間模様がほろ苦くていいです。長編も読んでみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月08日

    愛憎劇が多い。嫌いじゃないけど、ここに収録されているのはまあまあ。
    その中で、最後に収録されている「投影」はとてもわくわくしたし、
    最後もよかった。珍しく何かを学んだ気持ちになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「危険な斜面」★★★☆☆
    「二階」★★★☆☆
    「巻頭句の女」★★★★☆
    「失敗」★★★★☆
    「拐帯行」★★★★☆
    「投影」★★☆☆☆
    「投影」は新聞社に勤めていた清張自身が投影されており面白く読めるのだが、最後はトリックに走ってしまったのかなと残念。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています