黒魔術の手帖

黒魔術の手帖

作者名 :
通常価格 471円 (429円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

カバラ、占星術、タロット、錬金術、妖術、サバト、黒ミサ……俗に黒魔術と称されているオカルティズムをめぐってさまざまなエピソードを紹介したエッセイ集。一九六十年代に発表された本書は、刊行後強烈なインパクトを与えたことでも知られ、このジャンルの書物が続出するひきがねとなった先駆的作品である。

ジャンル
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2011年04月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
8MB

黒魔術の手帖 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年10月06日

    高校時代、古本屋を廻って熱心に集めていた。澁澤の見せる世界観にある種のあこがれを感じていた。今読んだらまた印象も変わるかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月25日

    章は、ヤコブスの豚、カバラ的宇宙、薔薇十字の象徴、夜行妖鬼篇、古代カルタの謎、サバト幻景、黒ミサ玄義、自然魔法もろもろ、星位と予言、ホムンクルス誕生、蝋人形の呪い、ジル・ド・レエ侯の肖像(聖女と青髯男爵、水銀伝説の城、地獄譜、幼児殺戮者)。
    コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』とエレファス・レヴィ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月29日

    大好きな本です。昔の表紙しか持ってないのですが、恐らくこれだと思いました。読み過ぎてページが数枚バラバラになってます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何もかも真っ黒だという初版本で読みたかった。カバラ的宇宙が面白かった。十二宮のサインについての説明は初耳だったので。あとはタロットについての記述。一冊の書物がばらばらにされたもの、というのはどうやら本当のことらしい。全てを理解できたものは、世界の秘密に通ずるというが……?タロットというと魔術的で、一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月14日

    一番最初に読んだ澁澤龍彦がこれだった。同じ河出文庫だけど、表紙は違ってた。こっからどっぷりと澁澤にはまっていきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月21日

    手元のはバフォメットの表紙のやつ。思春期に読んでたらもっとビリビリしたんだろうな。
    初見の方はこれを入り口に澁澤の小説の方もぜひ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    唐草物語を読んだ後で、しかも内容が内容なので、史実なのか創作なのか、判断がつけづらい。確認作業もふつうは無理だろう。
    そこが魅力なのだと思う。
    そこに書かれているのは、著者の主観的な真実であって、読者にとっても同じ真実だと思う。
    史実かどうかなどと言うのは、野暮なのだろう。いや重要やけどね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    魔術の中でも特に黒魔術に絞って書かれている。

    悪魔と契約するだけが黒魔術ではないらしい。
    しかし、読めば読むほど、厳密に黒魔術とどこからどこまでを呼ぶのか分からなくなってくるのである。
    しかし、人の行き着くところは……と、思うばかりなのである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月31日

    黒魔術、白魔術、自然魔法、錬金術、カバラ、占星術、星辰術と。

    この手の本は始めて読んだが、何に舌を巻くって、著者の尋常じゃない参考文献を読み漁ってることを想像するに難くない。

    黒魔術、そんなものに使われていたものの遺物が、現在にも残存する。
    星座占いに使っている、各星座を表す記号(ゾディアック)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月09日

    [ 内容 ]
    魔術、カバラ、占星術、錬金術、悪魔信仰、黒ミサ、自然魔法といったヨーロッパの神秘思想の系譜を日本にはじめて紹介しながら、人間の理性をこえた精神のベクトルを解明。
    オカルト・ブームの先駆をなした書。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

澁澤龍彦 のこれもおすすめ