「医者いらず」の食べ物事典

「医者いらず」の食べ物事典

作者名 :
通常価格 510円 (464円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「自分の健康は自分で守る」――そのためには、食生活を意識することが必要です。戦後、日本人の食事は、肉、卵、牛乳などの摂取量が増加し、欧米型の食生活に変化しました。すると、病気の種類も、脳梗塞、糖尿病、肺ガン、大腸ガンなど、それまでの日本では少なかった欧米型の病気が増えたのです。つまり、病気を決めているのは食生活だということがわかります。本書では、食事療法を中心とした体にやさしい治療法を実践する医師が、健康的に生きるための食生活をアドバイスします。野菜、果物、魚介類、赤ワイン、ビール……誰にも身近な食材が、どのような病気を遠ざけてくれるのかを詳しく解説。栄養価や効能、理想の食べ方や料理方法を具体的に紹介します。便秘、二日酔い、風邪など、ちょっとした不調のときにも効き目のある食材がわかるので安心です。“薬”になる、114の食材をしっかり食べて、健康とキレイを手に入れましょう!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPエル新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年04月08日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

「医者いらず」の食べ物事典 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年01月19日

    様々な食材の含む栄養分、効用が説明された一冊。
    食べ物が身体をつくる、ということを再認識させられた。
    体が不調になると手に取り読み直す。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています