テレビの大罪

テレビの大罪

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

あなたはテレビに殺される。運よく命まで奪われなくとも、見れば見るほど心身の健康と知性が損なわれること間違いなし。「『命を大切に』報道が医療を潰す」「元ヤンキーに教育を語らせる愚」「自殺報道が自殺をつくる」――。精神科医として、教育関係者として、父親としての視点から、テレビが与える甚大な損害について縦横に考察。蔓延する「テレビ的思考」を精神分析してみれば、すべての元凶が見えてきた!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
207ページ
電子版発売日
2011年04月01日
紙の本の発売
2010年08月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

テレビの大罪 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年02月05日

    テレビの社会的影響は、おおきい。昨今の混沌とした政治状況では、テレビが選挙を周すると言ってもいいほど。そんなテレビが我々にどういう影響を与えてきたのか?筆者は検証する。
    医療過誤を非難するあまり、医者がおちおち仕事できない環境を作ってしまっていないか?元ヤンキーの教師を礼賛するあまり、勉強にいそしむ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月16日

    ・フィンランドではおバカ芸人が出てきてくだらないことを言ったりするバラエティ番組がない。

    ・テレビのニュースになるのは、「犬が人間を噛んだ」時でなく、「人間が犬を噛んだ」場合。

    ・飲酒運転たたきは田舎いじめ

    ・報じないほうが良いこと・・・「いじめ自殺」など、過剰な報道が自殺を誘発することは自明...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月02日

    話題の本なので読んでみました。
    内容には賛成。ただ、ものすごくびっくりするような新しい知見や見識が得られた、という感じはないかな・・・。
    もともとテレビなんてそんなに信じてなかったし。

    テレビを疑ったことのない人は一度読んでみたらいいかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月14日

    学習到達度調査の成績が良いフィンランドにおいて、テレビにバラエティ番組はなく、子供に人気のある番組は、討論番組、ニュース、ドキュメンタリーとのことで、日本とのあまりの違いに驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月11日

    テレビの報道姿勢や内容、見せ方に対する批判が綴られています。
    第一章では、テレビの医学的に間違った認識と責任性のなさについて。
    第二章では、加害者は一方的に悪であり、被害者の過失には触れないことや、事件や事故防止には言及しないことについて。
    第三章では、医療に対して過失ばかりを責め立てることについて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月22日

    「テレビの大罪」4

    著者 和田秀樹
    出版 新潮社

    p77より引用
    “医療問題に限らず、実はテレビに出るようなことは統計学的に
    見ると少ない、おるいはめったにないことだと考えた方がいいく
    らいです。”

     精神科医である著者による、テレビの問題点を指摘した一冊。
    テレビが垂れ流すウソについてからそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月02日

    最近、テレビや新聞を非難する本が増えてきた。

    この本では、その通り、なるほど、本当にそうか、と読んでいて感じた。
    思ってもいない問題点を挙げられ、
    いかに自分がテレビ漬けにされていたか分かる。

    メディア、特にテレビの与える影響力は大きい。
    それらをテレビ関係者だけでなく、
    視聴者にも自覚していた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月26日

    自身の仕事の関係で、急いで斜め読みをしました。

    これまで自分が抱き続けてきたテレビ(番組)に対する不信感とか「曲がってるな」という感想が、著者の専門の切り口と実体験・データを元に爽快に語られました。

    ただ、じっくり読んでいませんが「このページ数だけでは論が乱暴ではないかな」と思いました。

    それ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月05日

    テレビには積極的な善意はない。
    普段、テレビを見ていて感じる違和感が確信になった。かゆいところに手が届いた感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月05日

    テレビの視聴者は、テレビで放送しているんだから、しっかり調べて検証されているのだと思いがちである。しかし、「少年犯罪は増加しているのか」などネットで少し調べればわかるようなことも実は、事実の検証をしないでコメンテータに適当に話させている。
     そのようなメディアだということを意識して、自分で正確な情報...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング