シェエラザード(下)
  • 最新刊

シェエラザード(下)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

弥勒丸引き揚げ話をめぐって船の調査を開始した、かつての恋人たち。謎の老人は五十余年の沈黙を破り、悲劇の真相を語り始めた。私たち日本人が戦後の平和と繁栄のうちに葬り去った真実が、次第に明るみに出る。美しく、物悲しい「シェエラザード」の調べとともに蘇る、戦後半世紀にわたる大叙事詩、最高潮へ。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2011年01月31日
紙の本の発売
2002年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

シェエラザード(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年04月10日

    客船をなぜ貴婦人と呼ぶのか知らないけれど、弥勒丸を気高い女性とするのはなぜかすんなりと納得させられてしまう、誇り高い海の男たちによってその姿があるからだろうか?
    その弥勒丸を、律子、百合子、シェエラザードといった強く美しい女性で象徴するので余計に運命の悲しさが辛い。
    悲しいです。

    「よーそろー」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月04日

    巻頭から沈むことがわかっていたにも関わらず、乗りたい!と思ってしまう。この壮大な歴史に飲み込まれたい。読後は弥勒丸ロス状態。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月02日

    「阿波丸事件」をモチーフにして、太平洋戦争末期、制空・制海権を握らた状況で、連合軍捕虜たちに国際赤十字からの食糧や救助薬品を運ぶため、航路の安全を保障(安導券)されながら、台湾沖で撃沈された豪華客船「弥勒丸」の沈没の真相とその人間模様を、過去と引き揚げにからむ現代を並行して描く。
    日本軍の負の側面、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    ――――昭和20年、嵐の台湾沖で、2300人の命と
    膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸(みろくまる)。
    その引き揚げ話を持ち込まれた者たちが
    次々と不審な死を遂げていく。
    いったいこの船の本当の正体は何なのか。
    それを追求するために喪われた恋人たちの
    過去を辿る冒険が始まった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    内容(「BOOK」データベースより)
    弥勒丸引き揚げ話をめぐって船の調査を開始した、かつての恋人たち。謎の老人は五十余年の沈黙を破り、悲劇の真相を語り始めた。私たち日本人が戦後の平和と繁栄のうちに葬り去った真実が、次第に明るみに出る。美しく、物悲しい「シェエラザード」の調べとともに蘇る、戦後半世紀に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月23日

    船が沈む運命なのが判っているため、読んでいて、つらい場面が何度もあった。「乗らないでっ」と思う。
    乗組員も陸で関わった人も、それぞれの使命を抱え、ひとりひとりに尊い命があったのに。。。

    現代と過去のストーリーが交互になっているのは、メリハリがついて良かったと思います。しかし、恋愛模様が男性の理想に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月15日

    この大袈裟で、偽善っぽくて、お涙頂戴を狙っている感じ。人生はこうも悲劇にも感動にも溢れていないよと疑ってしまうこともあるけど、好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月16日

    終戦の日前日に下巻だけ読みました。
    下巻だけでしたが十分面白く読めましたし、とても引き込まれました。決して面白い訳ではないですが、内容的には。
    浅田次郎は、構成も人間性もとても素敵です。
    一人ひとりの人間ドラマが重ね合わさって今がある。過去があって今がある。
    タイムリーな本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月18日

    P379
    第ニ次大戦中、連合国の潜水艦に撃沈された物資輸送船 弥勒丸 をサルベージする事に生涯をかける 生き残り乗船員 海軍中尉の良心。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月12日

    話の構造に厚みと奥行きがありつつ、人情譚を軸に展開していくので肩が凝らない ストーリーテラーです
    弥勒丸の最後のシーンはしびれます

    このレビューは参考になりましたか?

シェエラザード のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • シェエラザード(上)
    550円(税込)
    昭和20年、嵐の台湾沖で、2300人の命と膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸。その引き揚げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく――。いったいこの船の本当の正体は何なのか。それを追求するために喪われた恋人たちの、過去を辿る冒険が始まった。日本人の尊厳を問う感動巨編。
  • シェエラザード(下)
    550円(税込)
    弥勒丸引き揚げ話をめぐって船の調査を開始した、かつての恋人たち。謎の老人は五十余年の沈黙を破り、悲劇の真相を語り始めた。私たち日本人が戦後の平和と繁栄のうちに葬り去った真実が、次第に明るみに出る。美しく、物悲しい「シェエラザード」の調べとともに蘇る、戦後半世紀にわたる大叙事詩、最高潮へ。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています