シェエラザード(上)

シェエラザード(上)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和20年、嵐の台湾沖で、2300人の命と膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸。その引き揚げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく――。いったいこの船の本当の正体は何なのか。それを追求するために喪われた恋人たちの、過去を辿る冒険が始まった。日本人の尊厳を問う感動巨編。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2011年01月31日
紙の本の発売
2002年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

シェエラザード(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年09月27日

    終戦間際、軍の徴用船として捕虜の食糧を運んでいた弥勒丸が、台湾海峡で誤爆により沈められた。
    弥勒丸のサルベージを巡り、3人の男女が、謎の中国人に難題を投げかけられる。

    感想は下巻で。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    旨い

    しんのすけ 2015年01月21日

    旨い旨い旨い
    いま上巻を読み終えたところだが、
    美味しい酒や美味しい料理をいだだいた気分だ。
    とても本のレビューとは思えないコメントだが、本当にそんな気分だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月05日

    のっけから面白かった。

    弥勒丸を愛した男たち。
    ひとりひとりの生きざまがかっこ良かった。

    現在と過去。
    明かされていく謎。

    引き込まれて読んだ。
    楽しい時間だった。

    ひとこと言うなら、軽部と律子の再燃に、
    もうちょっと盛り上がりが欲しかったかなってとこ。

    それぞれの未来(過去だけど)を想像...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月06日

    再読です。昭和二十年、台湾沖に沈んだ弥勒丸。その弥勒丸の引き揚げ話を持ち込まれた男たちと、元恋人のエリート新聞記者。物語は過去と現代を行き来しながら、弥勒丸をめぐる謎が明かされて行くという、浅田さんお得意の構成。たくさんの登場人物のそれぞれの抱えた心情や、苦悩も丁寧に描かれているので、本当に読み応え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月08日

    戦時中に沈んだ弥勒丸を五十年立って引き上げる。実際のモデルがあるという話をミステリアスにドラマチックに綴って行く。当時の船に関わる人物と今の時代につなげて行くストーリーが巧みだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月31日

    読んだきっかけ:妻が買った。

    かかった時間:12/6-12/6(1日くらい)

    あらすじ:昭和二十年、嵐の台湾沖で、二千三百人の命と膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸。その引き上げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく・・・。いったいこの船の生涯は何なのか。それを追求するため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

    旅のお供に携帯。熱中し過ぎて乗換駅をスルーし、新幹線に乗り遅れてしまったという曰く付きの本。
    頭の中にシェエラザードが鳴り響きつづけます。
    悲しくも美しく、そして強い意思に打たれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

     沈没船引き上げにからんだ国際的な謀略小説にでもなるのかと思って読んでいましたが、太平洋戦争中に豪華客船が負った密命と戦争悲話になっていきました。考えも及ばない意外な真相で、上質な歴史ミステリーでした。
     
     横浜元町の描写や当時の歴史背景など、いろいろ興味深く読めました。
     本文中に比較対象として...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    あらすじ
    昭和二十年、嵐の台湾沖で、二千三百人の命と膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸。その引き揚げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく-。いったいこの船の本当の正体は何なのか。それを追求するために喪われた恋人たちの、過去を辿る冒険が始まった。日本人の尊厳を問う感動巨編。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月04日

    悲しい思い出が美しく彩られるのは浅田先生の真骨頂だろうか。ただ、私はJAL機内誌の先生のエッセイのほうが好きかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

シェエラザード のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • シェエラザード(上)
    550円(税込)
    昭和20年、嵐の台湾沖で、2300人の命と膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸。その引き揚げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく――。いったいこの船の本当の正体は何なのか。それを追求するために喪われた恋人たちの、過去を辿る冒険が始まった。日本人の尊厳を問う感動巨編。
  • シェエラザード(下)
    550円(税込)
    弥勒丸引き揚げ話をめぐって船の調査を開始した、かつての恋人たち。謎の老人は五十余年の沈黙を破り、悲劇の真相を語り始めた。私たち日本人が戦後の平和と繁栄のうちに葬り去った真実が、次第に明るみに出る。美しく、物悲しい「シェエラザード」の調べとともに蘇る、戦後半世紀にわたる大叙事詩、最高潮へ。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています