皇女アルスルと角の王

皇女アルスルと角の王

作者名 :
通常価格 999円 (909円+税)
紙の本 [参考] 1,034円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

皇帝の末娘アルスルは、特別な才能もなく人づきあいも苦手で、いつも皆にがっかりされていた。そんなある日、舞踏会に出席していた彼女の目の前で、父が何者かに暗殺されてしまう。アルスルは皇帝殺しの容疑で捕えられ、無実の訴えも空しく帝都での裁判で死刑を宣告される。部族の裁判を受けるため、一族の所領である城郭都市ダーウィーズに護送されたアルスルを待っていたのは、鍵の城の城主リサシーブ。だがその正体は……。人よりも優れた能力をもつ獣、人外が跋扈する世界を舞台に、変わり者と言われた少女の運命を描く異世界ファンタジイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
340ページ
電子版発売日
2022年06月13日
紙の本の発売
2022年06月
サイズ(目安)
7MB

皇女アルスルと角の王 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年07月17日

    レディ・がっかり とよばれた16歳の皇女は、皇帝を暗殺したとして捕まってしまう。このままだと彼女は………
    その後に出会う人々や人外との触れ合いが彼女に変化をもたらし、その世界も変えていく。
    19歳になった彼女は
    レディ・○○○○ と呼ばれる ふふふ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月04日

    前の死霊の国とは別シリーズなのかぁと思ったら。別ものと言えばそうだけど、世界は同じだった。というかリサーブ可愛い。実際会ったらかわいいとか言えるサイズではなさそうですが。

    失望に慣れて自己評価の低い姫が、それでも自分や状況を卑下したり、卑屈にならないので読みやすかったです。精神的にネコ型とか説明が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月23日

    人間の背丈よりも大きいイヌやネコが出てくる。特に犬種が種族や特徴を表すのに使われている。犬種に詳しいなら姿をぱっと想像できただろうが、私は猫には詳しいが犬はあまりでできなかった。無念。
    人外と人間が結ぶ絆や異種同士が協力して生活している世界観が好きなら多分好みのファンタジー。
    タイトルでおやと思って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月14日

    忘却城シリーズとは違うが、同じ人種区分が使われているファンタジー。英雄譚と言ってもいいかと思う。罪人扱いとなった少女が世界を救うこの流れはオーソドックスだけれど、楽しかった。全部狩るのはやり過ぎとしても、3年後の様子は知りたいような気もする。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年08月02日

    久しぶりの国内ファンタジー。
    はじめての鈴森琴。
    表紙の綺麗さに惹かれて購入。

    手に取る前に想像していた剣と魔法の世界。。。ではなかったけど、思った以上に作り込まれた世界観に満足。
    人外、6災、超常の能力、7つの民族。魅力的な設定でわくわくした。

    王殺しの疑いをかけられたアルスルが、予知能力をも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年07月05日

    これは、レデイ・がっかりと言われ続けた少女の英雄譚である。

    忘却城と同じ世界観の、別大陸でのお話。
    ここでもやはり人外が人の生活を脅かしており、皇女アルスルはその争いに巻き込まれ、やがて自ら飛び込んでいくことになる。
    巨大モフモフから馴染みのある小さいモフモフまで。モフモフと理解ある人間に囲まれて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年06月25日

     ファンタジーというよりもSF寄りの話だなぁと思いながら読んでました。
     日本作家ではあまり見かけないタイプの作家さんだなぁと。

     父親殺しの冤罪をかけられたアルスルがどうなるのかと思いながら読んでいながら、あれよあれよと別な物語になった気もしましたが(-"-;A ...アセアセ

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元推理文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング