獏の食べのこし

獏の食べのこし

作者名 :
通常価格 385円 (350円+税)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

地上の人口は増えているが、獏の数は減っていて、獏の食べ残す夢の量はどんどん増えていっている。闇の少し残る明け方の路地裏やどう見ても女の顔に見える天井板の木目の中に、あるいは赤ん坊が握りしめているこぶしの中に、獏の食べのこしは潜んでいる。微毒を含有する夢を噛みつづける、夢の依存症となった夢中毒者、中島らもの愛と世界をめぐるエッセイ集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年08月15日

    らもさんのおかげでアポリネールと出会えた。
    Les jours s'en vont je demeure.

    らもさんのエッセイはさくさく読めて、ゆるさの中に鋭さがある。言葉に出来ない気持ちを痛いほどに示してくれる。

    「夜が化粧をほどこしてくれた川というものはいいもので、それは一種、おお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月20日

    賢い人の為の賢いエッセイ、中島らも。
    久し振りに読んでも何時でも新鮮に笑えます。
    20年以上前の文章だなんて信じられない。
    ありがとう、ありがとう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月30日

    なんだか真面目な、長編の小説を呼んでも集中が保たない時にはやっぱりエッセイがいい.短編小説なんかでもいいけど、エッセイってのはやはり格別だ.巻末コメントを楽しむように読める.
    エッセイが短編小説と異なるのはやはり、エッセイは予め好きな人が書いたのを読まないといけないという点だろう.好きな人が考えたこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    中島らもは笑えるエッセイしか読んだ記憶がなかったので、これも爆笑系かと思いきや、笑いもあり真面目もありとかなり色々詰まったエッセイ集だった。

    中でも、CMを作る際には消費者に対する目線が重要など、応用できるためになる話もあり、これは読んだ甲斐があった。

    しかし、後半はどこかで読んだ記憶があったの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月23日

    この世界にある無数の地点から世界を眺めるエッセイ。
    色々な視点がおもしろい。

    こうしてみると、世界は切り取り方によってはユーモアに溢れている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    私的中島らも氏エッセイランキングの中では、かなり上位に位置付けさせるもの。後期中島エッセイはなんだか「仕事」という感じがするのでどこか体裁が整いすぎている気がするのだが、本書はまだ初期の頃の作品なので、彼の内面というか、正直な部分が「商品」という気負いが少ない状態で出ていると思う。読むととてもセンチ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月04日

    本書も、著者の比較的初期のユーモア・エッセイ集です。

    本書より以前の作品に比べると、ずいぶん整った構成の文章が多いように感じました。『頭の中がカユいんだ』や『恋は底ぢから』といった作品は、おそらく著者自身もその魅力を完全に理解しているわけではないと思われるわけのわからなユーモアを、まきざっぽうのよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月17日

    夢中毒者である著者の愛と世界をめぐるエッセイ集。
    あまりにうま過ぎてまったりとした酒では嫌味を感じてしまう。それは「立派な人」と付き合うと疲れる感じによく似ている気もする(P162)。←なるほど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月16日

    中島らものエッセイ。数あるらものエッセイの中でも、かなり真剣なテーマを論じている一冊。相変わらず、読みやすい文章だが、ウィットの濃さがしんどい。中島らもの頭の中の複雑さが全体的に印象に残る。休日に読むと、滅入る。簡単な読み物として飛び込むには適さない世界。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月22日

    エッセイ集。だらだらと思いつく時に読んでて読み終わりました。
    あれ?これ違うエッセイで読んだなって話もありますが、
    相変わらずで面白かったです。
    お笑いエピソードたっぷり!ってのじゃなくて、所々ためになる話や、らもさんの様々な考え方が書かれていました。
    失恋について、の一説は心がじーんとしました。片...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています