その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い―(新潮文庫)

その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い―(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2017年、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された記事が世界を変えた。映画界で権力を誇る有名プロデューサーが、女優や従業員らに性的虐待を行ってきた衝撃の事実。報道の背景には、二人の記者による被害者への丹念な取材や加害者側との駆け引きがあった。その日を境に、女性たちは声を上げ始めた――。#MeToo運動を拡げたピュリッツァー賞受賞記事の内幕を描く調査報道ノンフィクション。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2022年04月26日
紙の本の発売
2022年04月
サイズ(目安)
4MB

その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い―(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月06日

    BURRN!の書評で目にして以来読みたかった本で、文庫化を機に、宇都宮の来らっせの待ち時間に購入。

    娘を持つ親としてやるせない想いになる。

    売名のため権力者の男性に近づく女性もいないことはないだろうが、権力を利用する男性の方が圧倒的に多いのが実態だろう。

    そして、未だ男性中心の世の中では声を上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月25日

    誤訳問題に関してはわからないことも多いのでノーコメント
    立場も何もかも違う様々な女性たちの連帯
    トラウマが永遠に残す傷
    事実を暴くための慎重な戦いをやりぬいたジャーナリスト
    グロテスクで言葉を失う加害男性とその背景にある男性中心主義社会
    最も衝撃的でもある、一部の弁護士たちの卑怯さ

    Me Tooと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング